甲府局アナウンサー日記

緊急事態宣言が解除されたとは言え、まだまだ気を緩められない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
さて、Newsかいドキ(山梨県内向け18:10~19:00)でお伝えしているコーナー「やまなし写真探訪」。
6月3日は、「身近な植物を楽しもう」というテーマで、昆虫植物写真家の山口進(やまぐち・すすむ)さんにお話を伺いました。
20200604-1.jpg

今回は、インターネットを通して山口さんの事務所とスタジオを繋いでインタビューをするという初の試みでした。
山口さんは事務所のお庭でも、植物や昆虫の観察などをなさっているそうです。

さて、今回ご紹介いただいたのは「ハルジオン」と「ヒメジョオン」。
この時期あちらこちらでみかける花です。
20200604-2.jpg
この2つの花、パッと見るととてもよく似ていますが、じっくり見るとそれぞれ特徴があって違うんですよ~!

<<花の違い>>
ヒメジョオン・・・太くて数が少ない
ハルジオン・・・細くて長い

う~ん。でもなかなか難しいですよね。
そこで、一番わかりやすのが、茎!
茎を見てみると・・・こちら。
20200604-3.jpg

<<茎>>
ヒメジョオン・・・中身が詰まっている
ハルジオン・・・空洞がある。

触ってみると、ヒメジョオンの方は、ずっしりと中身が詰まっている感じがします。

そして、花をじっくりと観察していると・・・
20200604-4.jpg
たくさんの昆虫やチョウが寄ってきます。
よ~く観察すると、蜜を吸ったり花粉を食べたりしています。

ぜひ、お庭の花やお散歩などで出会った花をゆっくりと眺めてみてください。
今まで気が付かなかった発見があるかもしれません♪
私も、立ち止まってゆっくりと「自然」と「自分」と向き合う時間を持ちたいと思います。

  • みなさんの声、気になる情報はこちらから

RSS