甲府局アナウンサー日記

梅雨だというのに、暑い暑い日照りが続きますね。
そんな季節に、熱い思いをつぎ込んだ、熱い番組をお届けします。
さぁ、↓こんな感じで、タイトルの数字のとおりに、カレンダーに丸をつけてください!

20170630-1.jpg 林キャスターも熱く燃えております。
なぜならば!

あさって、30日!
熱い熱い!「かいラジ」6月号の生放送です。 kairadi0630banner.jpg 山梨出身の映画監督・富田克也さんをゲストに招きます!
地元を舞台に、社会を鋭く切ってきた富田さん。
山梨への思いをたっぷりうかがいたいと思っています。
富田さんへの質問などを募集中です。熱いメッセージをお寄せください!
あさって、午後5時~ ラジオ第1での放送です。

さらに、トークの模様は、次回の「ヤマナシQUEST」で放送!
「かいラジ」のインタビューに加え、映画のメイキング映像など交えて、富田さんの熱さを伝えます。
7月14日(金)午後7時30分~ですよ。

そして。

2週間後になりますが、7月17日。
熱い熱い!「学生ロボコン」の模様が放送されます。

今月11日に東京で行われた大会で、リポーターを担当しました。 20170630-2.jpg ↑左から (リポーター担当)浅野里香アナ、私、(司会)魚住優アナ、(実況)内藤雄介アナ。

大学や高等専門学校・大学校が、しのぎを削る「学生ロボコン!」
8月に東京で開かれる、世界大会「ABUロボコン」の国内代表を決める戦いでもあります。

20170630-3.jpg

今回の課題は、“投扇興”から着想を得たという、「ディスク投げ」!
スポットという、柱の上にあるボールを落とし、なおかつそこにディスクを乗せて得点していくというものです。
人間が投げてもなかなか思うようには飛ばせないですよね。
しかも1枚1枚、よく見ると、重さや大きさが微妙に違うんですって。
そんな不確かな要素がいっぱいなのに、ロボットが投げて、ディスクが乗るわけ・・・

いや、乗るんですねぇ。
学生さんたちのアイデア、すごいです。

私は、主に、試合前後にロボットの調整をする"ピット"で取材しておりました。
各ピットから聞こえてくるのは「あれ?」「焼きついた・・・」「こんなことなかったのに・・・」。

さまざまなトラブルを抱えながらも、しかし、頭脳、体力を注ぎ込んで試合に挑む。
ロボットから放たれたディスクが見事に乗った瞬間は言葉になりません。
しかもただ乗せるだけではなく、いかに相手より速いかという、数秒を争う戦いにまで突入しました。

7月17日(月・祝)午前9:30~ 総合テレビでの放送です。
大会当日、インターネットでのライブ中継をご覧になった方も、
あの熱戦を再び。
あの舞台裏をぜひ。

いずれの番組も、ぜひお聞き&ご覧ください!

 

  • みなさんの声、気になる情報はこちらから

RSS