甲府局アナウンサー日記

和田哲

...と、かつての井上順のヒット曲のようなタイトルで(...これが判るアナタは、きっと50歳以上?)始まりました、今回の私のアナ日記ですが、タイトルどおり、この度、東京ラジオセンター勤務を拝命いたし、甲府を離れることになりました。

甲府局在任は4年間。その間、県内のさまざまな場所に出かけ、主に、中継現場でバタバタと走り回り、現場にお集まりの出演者の方々やご協力いただいた皆様には、数々お願いばかりさせていただきました。その節は、大変お世話になりました。
思えば、4年前、甲府に来て、初めての仕事も、当時在籍していた女性キャスターの中継収録の現場立会いでした(→こちら)ので、その時から、すでに“影”の存在だったわけですね(笑)。

【続きを読む】

突然ですが、実は、私・和田には、“もう一つの顔”があります。まあ、「顔」…というより、ごくごく少数の知り合いから、拝命している“通り名”(?)といったところでしょうか?
それは…、『ソフト番長』(!)です。もちろん「物腰・人当たり・物言いが“柔らかい”印象の番長…」という意味ではありません(笑)

【続きを読む】

ますます“影の仕事”に磨きをかけている和田です(笑)。
今回も、このシリーズ、第○弾(...本人も、もういいかげん把握できない・笑)です!
1月18日(水)「まるごと山梨」で、廣瀬アナウンサーが、北杜市から、地域防災を担う中学生の話題を中継でお伝えしました。
そうです!中継といえば、私の「影の仕事」の主たる活動場所です(笑)。
...というわけで、今回も、“暗躍”してきました。
その証拠が、こちら!

【続きを読む】

  • みなさんの声、気になる情報はこちらから

RSS