くう ねる あそぶ こども応援宣言

2018年2月15日

2月3日放送の特集「楽しい!つらい?学校給食」には、小学生から80代の方々まで2,900件を超えるご意見や体験談をいただきました。たくさんの声をお寄せいただき、ありがとうございました。
「楽しい給食」についてのエピソードやご意見とともに、多く寄せられたのが「つらい給食」の体験談や悩みの声。その内、8割近くを占めたのが「完食がつらい」という声でした。皆さんから頂いた反響の一部をご紹介します。


20180215_001.jpg

■「楽しい給食」についての体験談やご意見

給食も給食当番もだいすきです。教室ではなく栄養士の先生がとくべつしつに給食を用意してお話してくれる日が、とくにだいすきです。(東京都・10代)

僕の中学校では、全校が300人程度ですが給食がほぼ全く残りません。残っても全校で一人前未満です。時々選べるデザートの時や、メニューを授業で考える時、リクエスト給食の時、汁物の中にクラスで1個だけ星型の人参が入っている時もありますね!(岡山県・10代中学生)

小中学校ともに給食の時間が、一番楽しく大好きでした!調理師さんがメニューの希望を聞いてくれたり、作り方について教えてくれたことも楽しい思い出です。「食べることは生きる基本」に納得。(東京都・20代)

小学校に行く時の楽しみだった給食。毎日お昼の時間が楽しみで勉強も頑張ってました。また食べたいなぁ!

給食調理員従事者です。給食を食べる事だけでなく、給食がどのように作られるかなどの過程も知って、楽しく食べてもらえたらなと思うこともあります。空っぽになった容器を見るとやはり嬉しくなります!(北海道。20代男性)

 

【続きを読む】