くう ねる あそぶ こども応援宣言

2017年8月

2017年08月24日 (木)

こどもと睡眠Q&A

「くうねるあそぶ」特集番組「ねる子よ育て!」放送に際し、みなさまから寄せられたご質問について、熊本大学名誉教授 三池輝久さんに回答いただきました。

回答者:熊本大学名誉教授 三池輝久さん

Q:3歳と1歳の子どもがアトピーのため、夜中に何度もかゆがって起きてしまいます。
朝まで熟睡してくれたことは、ほとんどありません。上の子は寝つくまでに時間がかかり22時近くになってようやく寝ます。下の子は、明け方に何度も泣いて眠りが浅いようです。
将来的に影響はありますか?

A:アトピー性皮膚炎、鼻炎、喘息などアレルギー性疾患を持つ子どもたちには、睡眠障害が高い割合でみられます。特に夜間睡眠の中断が問題です。皮膚の痒みなどによる刺激的な問題の他に、眠りを妨げる働きを持つ炎症性物質が血液中に増加するために起こると考えられています。このままの状態を放置すると、将来的に、睡眠不足による、発達への影響や朝起き困難に伴う学校生活への影響も考えられます。
そこで「アレルギー性疾患を持つ子どもたちには、アレルギー治療と睡眠障害治療を並行して行うことが大事」です。なぜなら睡眠障害によってアレルギー症状そのものが増悪する傾向があり、睡眠問題が解決するとアレルギー症状も改善する傾向があるからです。最近では睡眠問題と炎症を押さえる働きとを併せ持つものとして「メラトニン(サプリメント)」が比較的安全で有効性が高いとして使用を進める論文もいくつか見られます。専門医にご相談ください。
(※尚、「メラトニン(サプリメント)」は副作用がでる可能性もあり、日本では医薬品指定のため市販はされていません。)

【続きを読む】

2017年08月20日 (日)

全国に広がるこども食堂

「こども食堂」ネットワークによると、全国には400近い「こども食堂」があるそうです。それぞれの「こども食堂」は、メニューも運営主体や方法もさまざまです。ここでは、これまでNHKの地方局で取材してきた各地の「こども食堂」の取り組みを動画でご紹介します。


まずは札幌市の「にじ色こども食堂」です。代表の安田香織さんはSNSで「こども食堂」のことを知り、自分も関わりたいと思いたちます。しかし、札幌ではまだ取り組んでいる団体がなかったことから、自ら立ち上げることを決心、場所やスタッフ、食材もSNSや知り合いのつてを通じてまかなってきました。子育てがひと段落したお母さんの取り組みは、子どもだけでなく、親たちの支えにもなっています。

▽2016年1月放送  6分20秒 ※動画の配信期間は終了いたしました。

【続きを読む】

 20170814_miike003.jpg

熊本大学名誉教授 兵庫県子どもの睡眠と発達医療センター(特命参与) 三池輝久


○「規則的な眠りと覚醒リズムが元気な脳を作る」
ヒトの「脳」は夜に眠り、日中は覚醒して活動します。脳の「眠り:夜」と「覚醒:日中」で成り立つ、地球上の一日の生活を24時間で規則的に営むためにヒトは概日リズムと言う「体内時計」を身につけました。この体内時計は、ヒトの身体を構築する37兆個の細胞の一つ一つに至るまでその機能を調節する指揮者の働きを持っています。なので、この時計が狂ってしまうと、ヒトの心(脳)と身体のバランスが崩れ、生活はバラバラになります。

【続きを読む】

20170726_aoki.jpg

青木さやかさん


○自分の娘に望むこと
私は7歳になる娘がいるんですけど、一番大事にしているのは、“自己肯定感”をつけさせるということです。私自身、自己肯定感が低いので、とても生きづらいところがありますし、自信がないんですね。だから、娘には「生きるって楽しい」「人と関わるのって幸せ」と感じて、体も心も幸せでいてほしいと思います。
生きていると、どうしたって辛いことを経験することもあると思うんですけど、その中でも「楽しんで乗り越えられる強さ」があるといいなと思います。そのために私に何ができるのかというと、まず、子どもなりの個性を見つけて、ほめるようにしています。それと、「人と比べない」「フツーを求めない」ことですね。

【続きを読む】

※8月24日追記
「くうねるあそぶ」特集番組「ねる子よ育て!」放送に際し、みなさまから寄せられたご質問について、熊本大学名誉教授 三池輝久さんに回答いただきました。こちらをクリック→「こどもと睡眠Q&A」



20170814_0001.jpg子どもが安心して暮らせる社会を生み出すため大人にできることを考える「くうねるあそぶこども応援宣言」。今回は睡眠がテーマです。

【続きを読む】

20170814_0002.jpg

ちょっとした寝不足が積み重なり「睡眠負債」の状態になると、育ち盛りの脳や身体に様々なリスクが・・・。ぜひ、お子さんと一緒にチェックしてみてください。

※対象:幼児~小学生
※監修:三池輝久さん(熊本大学名誉教授・兵庫県立リハビリテーション中央病院子どもの睡眠と発達医療センター特命参与)

【続きを読む】

20170809_kanamori001.jpg

いしかわ県民教育文化センター理事長 金森俊朗


○「応援宣言」とは何か?
子どもたちへの「応援宣言」は、何よりも「一緒にオレも楽しみたいのだ」というガキっぽい大人であり続け、しかも子どもを主役にできる伴走者であるのだ!との宣言をすることではないのか、と思っています。小学校教員38年間、運動場や水田にての「どしゃぶり泥んこ遊び」(スライディング・サッカー・ラグビー)、晩秋のプールにて作製したイカダに乗っての競争、大樹にロープを吊してのターザンブランコなどを典型にしたダイナミックな遊び=学習を展開してきました。一見気楽に実施しているように見えるのですが、多くの人が気づかないところで緻密で周到な準備と学習を重ね、保護者・専門家・地域の人々の応援と協力・協働を得ていたのです。

【続きを読む】