くう ねる あそぶ こども応援宣言

kobayashimasa_2.jpg

お母さんガンバレ 
子供は未来を背負っているぞ
        小林まさる

1対1でなく、もう1人入ることが大切。
トライアングル!!
          小林まさみ

小林まさるさん
お母さんは疲れててね、子どもを背負って、怒りっぽくもなるよね、疲れているから。それを励ます意味で、お母さん頑張れ!!と伝えたい。お母さんの虐待も増えてるからね。子どもは将来を背負ってるぞ!と。大きく言ったら日本(の将来)を守るんだぞ!という思いを込めました。

小林まさみさん
どうしても1対1だと、子育てでなくても狭い世界になってしまうので、もう一人入ることが大切と書きました。というのは、核家族も多いなかで、家族をもう一人入れろという意味ではなく、例えば勤め先だったらそこの人に話を聞いてもらうとか、遠くの親戚や家族でもいい。とにかく1対1の世界だけじゃなくて、他に悩みを打ち明けたり、助言をもらえたりする、子育てじゃないことを話して気分を晴らす。一人入ることがすごく大切なんじゃないかと思います。その「もう一人」は、子どもでもいいと思うんです。打ち明ける話じゃなくて、テレビの話でも良くて。違った話をすることで気晴らしになりますよね。
私は子どもはいないのですが、トライアングルの3はとても大切だと思っています。我が家は、私たち夫婦と父と3人いて、夫婦喧嘩や親子喧嘩などで衝突したときに、もう一人居ることでとても救われています。父と私が仕事をしていて、そこにアシスタントが居るとか、仕事仲間が来るとかも。それでだいぶ救われているというか、気晴らしになっています。1対1だと、衝突したときに相手のことも嫌になってしまうこともあるし、それは普通に大人同士でもあること。ましてや、まだしゃべれない子どもが相手だったら意思の疎通もできないし、そういう意味では一人加わるということは大切だと思っています。