くう ねる あそぶ こども応援宣言

ushiorie_blog_R.jpg

 

1品だけでもいい!
ママの手作りごはんを。
バランスのいい食事が強い心をつくる。

私自身、子どもはいないのですが、料理家ということで「食べることの大切さ、食事でどれくらい人が変わるのか」ということを日々実感しています。これは自分の話になりますが、体の筋肉が変わったことで(※牛尾さんは筋トレが趣味)、そして筋肉のためにバランスの良い食事をとることで‟性格“が変わりました。長年付き合いのあるアシスタントにも、「牛尾さんは本当に性格が変わった」と言われたし、自分自身でも変わったなと感じます。体だけでなく、心が本当に変わりましたね。そのくらい、食べることは大切。でも、そうはいっても、毎日毎日手作りで、完璧にバランスの整った食事を手作りするのは難しいものです。だから、簡単なものでいいから、1品だけでもいいから、手作りごはん。そうすればお母さん自身も「手抜きしていないよ」という気持ちの余裕が生まれるんじゃないかな。「私は何をやっても出来ない、出来てない」と思っちゃう気持ちもなくなりますし。子どもも「お母さんが作ってくれた味だ、私のために作ってくれたごはんだ」と理解してくれると思う。ひと皿のサラダでもいい、お魚やお肉を焼くだけでもいい。究極、温かいご飯と温かいお味噌汁だけでも。おかずは買ってきても良い、とわりきる。それでだんだんとバランスの良い食事にしていけば、お母さんもお子さんも強い心が出来るかな、という気がします。