編成局職員K(小3男子のママ)です。コロナで休校になり、私もテレワークを始めて1か月以上たちました。

仕事に集中したくても

「おなかすいた」

「のどかわいた」

「ヒマ」…などなど、

5分おきに話しかけてくる息子にイライラ。イライラする自分にもイライラ

こんなときこそ、NHKは何かの役に立たないものか?!

そこで実際に、NHKのコンテンツを使って子どもを集中させ、静かにさせることができないか、我が家で実験してみることに!

 
試したのは「3つの作戦」。その効果を

何分もったか?「1分」 =「1モッタ

 
どれだけ途中でジャマされずに仕事に集中できたか?

「仕事ハカドッタ度」(最高★5個

 
で表現してみようと思います。

 

1.【なりきり工作作戦】  60モッタ ★★★

2.【どっぷり沼ハマ作戦】180モッタ ★★★★★

3.【助けて動画先生作戦】 90モッタ ★★★★

・・・

作戦1:【なりきり工作作戦】

こども集中(沈黙)度 60モッタ

仕事ハカドッタ度    ★★★

 
家の中でエネルギーを持て余している息子は、外に出たがって仕方ありません。すると「完全防備すればいいんでしょ!」とこんな格好を…。
KANZEN.jpgのサムネイル画像いや、これは完全防備というよりかなり怪しい。っていうかそのサングラスいる??こんな格好で外に出すわけにはいきません。

とその時、ひらめき~♪(Eテレ『ノージーのひらめき工房』でおなじみのあのサウンドです)

何かに変装するといえば、Eテレ『なりきり!むーにゃん生きもの学園』のように何かになりきって遊んでみたら、少しは気分が変わるのでは?

息子も早速乗り気になり、タブレットで何やら画像を調べ、黙々と工作を始めました。

(よし、このすきに仕事だ!)

そしてできあがったのは…

goast3.jpgゴーストバスターズ?!「なりきり!むーにゃん」からは程遠い気がしますが、まぁいいか。


・・・

作戦2:【どっぷり沼ハマ作戦】

こども集中(沈黙)度 60~180モッタ

仕事ハカドッタ度   ★★★★★


次の作戦では、Eテレ『沼にハマってきいてみた』で紹介されたネタを試してみることに。


「オモ写の世界」(おもちゃを使って自分の世界を写真で表現する)の回を見せてみたら、まんまとその気に!

omosha.jpgのサムネイル画像

ninjya.jpgこの写真は、観葉植物に忍者のおもちゃをのせて「森の中に潜む忍者」を表現してみたものとのこと。


「ジオラマ沼」の回を参考に、ジオラマで使う岩やレンガを粘土で作って着色してみたことも。

nenndo.jpg(この作戦のよいところは、岩やレンガで景色を作る際にも、また時間がモツところ!)

 
沼ハマは、他にもコマ撮り沼や切り絵沼など、時間をかけて取り組むネタが豊富!

普段の小学校生活は意外と忙しく、バタバタと宿題やらせてご飯食べさせてお風呂に入れて力尽きて寝る、起きてバタバタ身支度して登校…の無限ループ。ゆっくり考えたり創作したりする時間が持てずにいました。
今こそ、好きなことをとことん極める自学自習のチャンス?!

月曜日には生放送でおうちで遊べるヒントも紹介していることがあるので、それも参考になります。

 

・・・

作戦3:【助けて動画先生作戦】

こども集中(沈黙)度 30~90モッタ

仕事ハカドッタ度   ★★★★


最後は、ウェブサイト『NHK for School』を使った作戦です。
このサイトでは学校で学ぶさまざまな教科の動画が見られるので、休校中に大活躍する…

nhkforschool.JPG

ハズだったのですが、

息子は「お勉強」臭を嗅ぎ取ると逃亡するタイプのため、なかなか自発的には見てくれず。

 

そこで、4月8日は満月が大きく見える「スーパームーン」だったため、まずはマンションの踊り場に連れ出し、月の観察を。


moon.jpg子どもが月に関心を持ち始めたところで、すかさず『NHK for School』で「満月」と検索し、「月」の動画をいくつか発見。これでしばし、動画先生におまかせです。

・・・

思い起こせば、0歳の時から保育園に入り、毎日延長保育で頑張ってきてくれた息子。こんなにずっと一緒にいられるのは生まれて初めてです。

お互いイライラをぶつけ合う日々にしてしまっては、もったいない! NHKのコンテンツもひと工夫足せば、気持ちをポジ変し、親子の時間を有意義に過ごすために役に立つことがわかりました。

しかしながら、自分だけ部屋に閉じこもり、静かな環境でテレワークしている夫に対するイライラだけはどうにもポジ変できず。どなたかいいアイデアがあればぜひ教えていただきたいです!

おうちで親子で楽しく過ごすヒントや専門家からのアドバイスは、こちらの「すくすく子育て情報」サイトにも載っています。みなさんも、楽しいおうち時間をお過ごしください!

<専門家からのアドバイス・メッセージ>

「子どもとおうち遊び」

「家族で楽しく過ごすコツ」