3か月にも及ぶ休校で注目を集めた“オンライン学習”。

しかし、その普及度合いにはバラツキがあり、まだ導入されていない学校もたくさんあります。(※文部科学省による4月16日の全国調査では「同時双方向型オンライン学習を行う」とした公立学校は5%。)さらに、徐々に登校が再開されつつある今、こんな意見も聞かれるようになりました。


「学校が再開したら、もう必要ないのでは・・・?」

実際のところ、どうなのでしょうか?オンライン学習を今から導入するメリット、続けていくメリットとは?長年学校教育と向き合ってきたディレクターIが現場を取材しました。

始めることがなによりも大事!文部科学省も緊急提言!

これまで、オンライン学習の導入が進んでこなかった背景には、次のような懸念がありました。

「 オンラインだと心が貧しくなる」
「全員一律で環境が揃わないと導入はできない」
「試験や受験の点数に直接関係しない」

しかし、このままでは“子どもたちの学びの保障”ができないと、文部科学省は各教育委員会向けに緊急提言を行いました。
01.jpgのサムネイル画像

・タブレットが配布できていなくても、親のスマホでも何でも使って始めてほしい。
・全員一律でなくていいから、始められる人から始めてほしい。
・各自治体は既存のルールに縛られず迅速な導入を。
・各学校は若手教師などの意見も取り入れて何でも取り組んでほしい。


◆オンライン学習先進地・渋谷区のケース

実際に取り入れている学校では、どうでしょうか?
そこで取材することにしたのが、全国で最もオンライン学習の導入が進んでいる地域の一つ、東京都渋谷区。3年前から公立小中学校の全生徒に1人1台ずつタブレットを配布しており、しかも通信回線はLTE!家庭にWi-Fi環境がなくても、通信することができます。
02.jpg

メリット① 先生と親子のやりとりがスムーズに
渋谷区は日々の連絡にタブレットの「ふせん」機能を活用。メールやチャットのようなもので、休校中も担任の先生から毎日「いつまでに」「なにをやるか」などの指示が届きます。わからないことがあれば質問もOK。対面や電話よりも気楽に、いつでも質問ができます!保護者が疑問に思ったことも聞けるので、学校と家庭の距離がグッと縮まります。

メリット② 自ら学びを進める力が身につく
全員タブレットがあれば、ネット検索を前提にした“自主勉強”などの調査課題も出すことができます。休校期間中、取材した小学4年生の女の子は「ネコのしっぽの形」をテーマに調査。飼っているネコのしっぽの写真を撮り、サクサクとネット検索をし、プレゼンテーションソフト(パワーポイント)を使ってあっという間に色鮮やかな資料を作成!日々の進捗を自己評価して先生に報告するなど、ビジネスマン顔負け?
授業を一方的に聞くだけではない“能動的な学習習慣”を促す助けになっているようです。

メリット③ クラウドの活用で“提出”が新次元に
課題の提出場所は、クラスメイト全員がアクセスできるオンライン上の“クラウドボックス”。先生もそこにアクセスし、内容を確認してメッセージを加えます。提出が楽なだけでなく、なんと友人の提出物も見ることができます。取材した家庭の保護者は「友人同士で褒め合う、高め合うというのがタブレットでもできている」と感心していました。
03.jpgのサムネイル画像

メリット④ 問題アプリの活用で手間を省ける!
渋谷区は宿題もタブレットで取り組みます。学校教育向けに開発された問題アプリをインストールし、先生は範囲を指定。子どもがタブレットで問題を解くと、アプリが自動採点する仕組みです。正解率などの学習状況が先生に送られ、その子の苦手な部分を把握できます。直接学校で指導する際は、苦手部分について重点的に声掛け。浮いた時間は、一人ひとりとのコミュニケーションなどに回しているそうです。
04L.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
04R.jpg

メリット⑤ 同時双方向にも多くの可能性が!
お互いの顔が見える同時双方向型オンライン学習は、5月から導入しました。最初はホームルームから始め、できる先生は授業もやり始めているとのことですが、使ううちに様々な活用法が見えてきたそうです。現状見えてきた活用法、いくつかご紹介します!

・画面に全員の意見を一斉に映し、発表の時間をかけずに共有
・複数のクラスを同時双方向でつなぎ、一斉に授業
・校外学習などの際、班同士のコミュニケーションや先生への報告に活用
・遠く離れた専門家(大学教授、農家、漁師など)とつないで遠隔授業
・通常授業へのオンライン参加をOKにすれば、不登校や体調不良の子も授業に加われる

日々、文房具のように当たり前にタブレットを使うことで、使い方はどんどん広がります。対面学習とオンライン学習、どちらか一方にこだわるのではなく、上手に併用すれば、未来を生きる子どもたちに様々な選択の幅を持たせてあげられそうですね。

【関連記事はこちら!】
「オンライン学習」ってどんなもの? はじめの一歩編
“教えない”オンライン学習の意外な効果


【番組情報】
Eテレで6月6日(土)21:30~21:54に放送したウワサの保護者会 「オンラインが変える!学校教育」の内容からご紹介しました。