みなさん、こんにちは。「ママ☆深夜便」ディレクターの江崎史恵です。

今年度(4月)から毎月第4木曜日に放送している「ママ☆深夜便」の制作を担当しています。
『孤独になりがちな深夜に、ラジオで、子育て中のママたちをつなげたい。』
そのような思いでスタートした「ママ☆深夜便」には、ママたちだけでなく、子育てに悩むパパや、
かつて子育てを経験した中高年のリスナーからもメッセージが届いています。みんなでつながるラジオです。

ezaki1.jpg

 私自身も、1歳と3歳の子どもの母親です。

年子の姉妹なので、2人で仲良く遊んでくれることもあれば、けんかもしょっちゅう。
朝家を出る時にけんかをしていると・・・仲裁するのが大変です(汗)。子ども達の健康のことはいつも考えていて、仕事をしながらも、『保育園から電話がかかってきたらどうしよう』と、携帯の着信音にはかなり敏感になっています。

「ママ☆深夜便」では、さだまさしさんへのインタビューを担当。
さださんご自身の子育てについて伺うことができました。特に印象に残っているのは、

「子どもの顔をちゃんと見て子どもの思いが理解できるようになると、お母さんお父さんは魔法使いになれる」

というお話です。子どもをどのような時に叱ったらよいのか私は悩んでいたのですが、今は、子どもの表情などをしっかり見て、叱るべきかどうかを判断するようにしています。

<4月のさださんへのインタビューが、WEBマガジン「読むらじる。」に掲載中! >

自分が担当している番組に助けられることは、度々あります。
以前“子どもの前で夫婦げんかをしてしまった”ことを気にしていた私。5月の「ママ☆深夜便」に出演して下さった大日向雅美さん(恵泉女学園大学 学長)のことばを聴いた時、私の悩みは少しずつ消えていきました。


「『パパやママがこんなに怒るんだ』って喜怒哀楽を知ることは、子どもにとってとても大事なんです。『こんなにパパとママが真剣に話し合っている』というのは、子どもはその時は怖いかもしれないけれど、『人の感情ってこういうものなんだ』って分かる。大事だと思いますね。」

――自分を責めていた私は、大日向さんの言葉にほっとしたのを覚えています。ラジオを聴いて、ほっとしたり、悩みが少し軽くなったり。
私のようなママ、パパたちがいてくれたらいいなと思っています。

毎月お届けする「ママ☆深夜便」は、村上里和アンカーの進行で、リスナーから寄せられた子育ての悩みや喜びを、ゲストや日本全国のリスナーがみんなで共有する場です。みなさんからのお便りをお待ちしています!


是非、あなたの声を投稿してください!
「ママ☆深夜便」のHPはこちら

radioshinyabin640.pngのサムネイル画像


<コーナーの紹介と今月の放送予定>

◆午後11時台・午前0時台は、「子育てリアルトーク」◆
みなさんからメールで寄せられた子育ての悩みや喜びを、スタジオのゲストが受け止め、
一緒に考えていきます。7月のテーマは、「“べきお化け”をやっつけろ!」

あなたを苦しめる“~すべき”(べきお化け)は何ですか?
「母はいつも笑顔であるべき」など、みなさんを悩ませる「~べき」を教えてください。

ゲストは、長年保育の現場で子どもを見守り続けてきた、保育施設「りんごの木」代表の柴田愛子さんと、働く女性や母親が抱える問題などをテーマに発言し、3歳の子どもがいるコラムニストの犬山紙子さんです。

◆午前1時台は、「真夜中の絵本」◆
「パパ俳優」などによる朗読コーナー。
名作絵本の朗読と、子育て中のママやパパたちへのメッセージをお届けします。

◆2時台・3時台は、「子を想い、親を想う音楽のリクエスト」◆
毎月テーマを設け、みなさんからのリクエスト曲をエピソードと共にお送りします♪
7月のテーマは、「夏ソング」です。

◆4時台は、「ことばの贈りもの」◆
第一線で活躍している著名人が、子育てを通して感じたことや、今だから話せるエピソードなどを語ります。7月は、アニメーション映画監督の宮崎駿さんと、児童文学作家の中川李枝子さんとのスペシャル対談をお送りします。
30年来の親交があるお2人が「子ども」をテーマに対談。自身の子育てや子ども達を思う気持ちなどを語って下さいました。(2018年12月1日のアンコール放送)


次回の放送は、7月23日(木)
ラジオ第1では午後11時5分~翌午前5時(FMでは翌午前1時5分~翌午前5時)です。
是非、ラジオでつながりましょう!