NHK名古屋放送局
このページをいんさつする

探検1 放送のれきし アナログ時代 1920年代

ラジオ放送開始

日本でラジオ放送がはじまったのは、1925(大正14)年3月22日。記念すべき第一声は「JOAK、こちらは東京放送局であります」ということばでした。社団法人(しゃだんほうじん)東京放送局によるものです。東京に続いて大阪・名古屋でも順次開局した三つの放送局は、翌年 (よくねん)、合同して社団法人日本放送協会を設立。放送網(ほうそうもう)はしだいに全国へと広がっていきました。

日本でラジオ放送がはじまったのは、1925(大正14)年3月22日。

記念すべき第一声は「JOAK、こちらは東京放送局であります」ということばでした。社団法人(しゃだんほうじん)東京放送局によるものです。東京に続いて大阪・名古屋でも順次開局した三つの放送局は、翌年 (よくねん)、合同して社団法人日本放送協会を設立。放送網(ほうそうもう)はしだいに全国へと広がっていきました。

ラジオ体操開始
1925(大正14)年 ラジオ放送開始
1926(大正15)年 社団法人日本放送協会設立
高柳健次郎博士「イ」の字のテレビ伝送実験に成功
(翌年に特許申請)
1927(昭和2)年 甲子園中継(高校野球の前身番組)はじまる
1928(昭和3)年 大相撲中継はじまる
「ラジオ体操」放送開始

ラジオ体操は80年以上続いているんです。