NHK神戸放送局・阪神営業センター・姫路支局のあゆみ

大正14年7月
(1925年)
社団法人大阪放送局神戸出張所開設(神戸局開局)
中央区栄町通のテナントビルのなかに開設
栄町通にあった局舎
昭和9年5月
(1934年)
職制改正 大阪中央放送局神戸出張所に改称
昭和10年8月
(1935年)
大阪中央放送局神戸出張所姫路相談所を開設
昭和16年12月
(1941年)
大阪中央放送局姫路臨時放送所を開設(姫路局開局)
昭和23年
(1948年)
職制改正 大阪中央放送局神戸支局、姫路分局に改称
昭和24年
(1949年)
大倉山に新局舎が完成 大倉山にあった局舎
昭和26年7月
(1951年)
職制改正 神戸放送局、姫路放送局に改称
昭和31年10月
(1956年)
三宮・神戸国際会館ビルにラジオスタジオを持つ新局舎が完成 国際会館ビルにあった局舎
昭和43年8月
(1968年)
神戸放送局尼崎営業所を開設
昭和44年3月
(1969年)
姫路放送会館完成
昭和45年3月
(1970年)
兵庫県域FM放送開始
昭和46年5月
(1971年)
トアロードにテレビスタジオを備えた神戸放送会館が完成 中山手通の局舎(震災前)
昭和46年5月
(1971年)
兵庫県域TV放送をUHFチャンネルで開始
昭和49年10月
(1974年)
視聴者参加番組「兵庫史を歩く」開始 兵庫史を歩く
昭和51年4月
(1976年)
県域ニュース番組「ひょうご640」放送開始
昭和52年1月
(1977年)
第1回「NHK兵庫県視聴者会議」開催
昭和52年10月
(1977年)~翌年3月
朝の連続テレビ小説「風見鶏」放送
昭和53年4月
(1978年)
公開放送FMリクエストアワー「トアロードであいましょう」開始 毎週公開放送を実施 トアロードであいましょう
昭和55年10月
(1980年)~翌年3月
朝の連続テレビ小説「虹を織る」放送
昭和56年1月
(1981年)
「兵庫史を歩く」が本になり、ベストセラーになる 
以降、平成4年の第4集まで出版された
昭和56年2月~3月
(1981年)
ドラマ人間模様「夢千代日記」放送
昭和57年1~2月には「続・夢千代日記」、昭和59年1~3月には「新・夢千代日記」放送された
昭和56年3月~9月
(1981年)
ポートアイランドの完成を祝って開催された「ポートピア’81」に関連して、毎週会場からのテレビ生放送を行ったほか、多くの公開放送を実施
昭和57年4月
(1982年)
県域ニュース番組「ひょうご640」を「ひょうご630」に拡充
昭和58年3月
(1983年)
「兵庫史を歩く」50回記念大会
昭和59年4月
(1984年)
生活情報番組「お知らせ」を「ひょうごの窓」として拡充
昭和60年3月
(1985年)
神戸放送会館の2階にオープンスタジオが完成 オープンスタジオ
昭和60年8月~9月
(1985年)
「ユニバーシアード神戸大会」放送
昭和61年4月
(1986年)
「ひょうごの窓」を「くらしのチャンネル」として拡充
昭和63年4月
(1988年)
「ひょうご630」を「イブニングネットワークきんき」に拡充
昭和63年7月
(1988年)
職制改正 神戸放送局姫路支局に改称
平成4年6月
(1992年)
「兵庫史を歩く」が100回で最終回を迎え、JRミステリー列車を走らせ記念イベントを実施
平成4年6月
(1992年)
神戸放送会館がリニューアル
平成7年1月17日
(1995年)
午前5:46 阪神・淡路大震災発生 放送会館全壊
近くの小学校校庭造成地に仮設スタジオを建設して放送を継続
営業・総務業務は三宮のテナントビルに移転し継続
放送会館全壊

震災後写真
平成7年4月
(1995年)
被災地をみつめる震災関連番組「がんばろや!阪神・淡路」放送開始
(平成9年「復興’97」に改称)
平成7年5月
(1995年)
JR神戸駅前のHDCビルに神戸放送局が移転 HDC神戸にあった局舎
平成9年3月
(1997年)
トアロードのシンボルとして親しまれた神戸放送会館の建物を撤去
平成9年10月
(1997年)
放送会館跡地にテントを建て、「ふれあいパーク'97」を開催
平成9年10月
(1997年)~翌年3月
朝の連続テレビ小説「甘辛しゃん」放送
平成11年4月
(1999年)
旧局舎跡を「トアガーデン」「神戸トアロード駐車場」として暫定利用
平成11年10月
(1999年)
震災仮設住宅に住む家族を描いたNHKドラマ「終(つい)のすみか」放送
平成12年1月
(2000年)
震災5年30時間テレソン実施
平成12年3月~9月
(2000年)
ジャパンフローラ2000「淡路花博」開催
期間中、会場内のログハウスに設けられた特設スタジオから花博情報をテレビやラジオで近畿地方や全国に放送
平成12年7月
(2000年)
BS「おーいニッポン~今日はとことん兵庫県~」放送
平成12年12月
(2000年)
BSデジタル放送開始
平成12年12月
(2000年)
BSデジタル放送開始記念 大型ハイビジョン番組「菜の花の沖」放送
平成13年4月
(2001年)
金曜時代劇「お登勢」放送
平成13年6月
(2001年)
BS「千人の力」放送
平成13年7月
(2001年)
NHK情報公開開始
平成13年10月
(2001年)
ふるさとの食 にっぽんの食 地域フェスティバル開催
平成13年12月
(2001年)
阪神大震災復興記念「神戸全日本女子ハーフマラソン大会」開催
平成13年12月
(2001年)
姫路支局開局60周年
平成14年1月
(2002年)
神戸放送局放送会館再建計画発表
平成14年9月
(2002年)
県域ニュース番組「ニュースかんさい発神戸」放送開始
平成14年10月
(2002年)
BS「日本列島だんちでクイズ」放送
平成14年10月
(2002年)
放送会館跡地最後のイベント「ふれあいパーク2002」開催
平成15年1月~12月
(2003年)
大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」放送
平成15年3月
(2003年)
神戸放送局新放送会館起工式
平成15年4月
(2003年)
県域ニュース番組時間枠拡大「ニュースKOBE発」放送開始
平成15年4月
(2003年)
「ひょうごキャンパス探訪」放送開始
平成15年5月
(2003年)
「新 兵庫史を歩く」放送開始
平成15年10月
(2003年)
「ニュースKOBE発」の放送時間が午後6:10~午後7:00に
平成16年9月
(2004年)~翌年3月
連続テレビ小説「わかば」放送
平成16年12月
(2004年)
地上デジタルテレビ放送開始(神戸基幹局)
平成17年1月
(2005年)
阪神・淡路大震災10年、旧会館跡地に新会館をオープン 中山手通の会館(2005年以降)
平成17年10月
(2005年)
BS「おーい、ニッポン~私の・好きな・兵庫県~」放送
平成19年4月
(2007年)
県域ニュース「兵庫ニュース845」放送開始
平成19年4月
(2007年)
会館来館者10万人達成
平成21年11月
(2009年)
尼崎営業センター、阪神営業センターと改称、同時に移転
平成21年11月
(2009年)
阪神報道室を新設(阪神営業センターとも尼崎フロントビル内)
平成22年1月
(2010年)
阪神・淡路大震災15年 関連ニュース・番組放送
平成22年5月
(2010年)
会館来館者20万人達成
平成23年7月
(2011年)
地上アナログ放送終了(岩手・宮城・福島の3県除く)
平成24年1月~12月
(2012年)
大河ドラマ「平清盛」放送
平成24年1月
(2012年)
公共放送コモンズ運用開始。災害時の避難情報などをデータ放送で提供。
平成24年3月
(2012年)
地上アナログ放送終了(岩手・宮城・福島の3県)
平成25年3月
(2013年)
会館来館者30万人達成
平成26年1月~12月
(2014年)
大河ドラマ「軍師官兵衛」放送
平成27年1月
(2015年)
阪神・淡路大震災20年「あの日を胸に生きる」関連ニュース・番組放送
平成27年3月
(2015年)
ニュースKOBE発 放送時間が午後6:30~午後7:00に
▲ ページの先頭へ