2022年12月05日 (月)手ごたえ十分! "夢前の播磨富士"  ~姫路市・明神山~


tanaka_221205_1.jpg

まずは登山口へ移動中の1枚。

(助手席からの撮影です!)

 

とがった山頂と、ゆったり広がる裾野。

姫路市夢前町にある、

明神山(みょうじんさん;標高668m)です。

 

 

「播磨富士」と呼ばれる山は複数あるそうですが、

この明神山も、確かにその雰囲気は十分!

 

tanaka_221205_2.jpg

登山口の石碑には、

「夢前の播磨富士」とありました。

「富士」と名の付く山に登るとなると、

不思議に気分が高揚するものですね!

 

でも、浮かれてばかりはいられません。

というのも、標高570m付近から山頂まで、

かなり詰まった等高線に直交するルートになるのは

前もって地形図を確かめた段階で明白だったのですが…

 

 

tanaka_221205_3.jpg

登山口から望む山頂付近、このとがり具合です!

さらに、「落石」や「道迷い」への注意・警告も。

(読んで字のごとくではありますが、

「道迷い」というのは山岳用語ですね…)

 

 

tanaka_221205_4.jpg

今回のご案内役、黒田信男さんの設定されたルート。

前の写真のコース表記に従うと、

登りがCコース、下りがBコースにあたります。

つまり、「健脚向けで登り、初心者向けで下る」。

 

 

tanaka_221205_5.jpg

登山口付近には、こんなものも。

一瞬ドキッとしますが、3人連れのかかしでした。

でももっとドキッとしたのは、手前の案内板の記述。

 

「山ヒル大量発生中(4月~10月)

 特に「Bコース」人工林(杉林)内が多い」

 

大量発生中!

なんとも穏やかならぬ文言ですね。

 

Bコースというと、私たちの下山路。

既に時期を過ぎているはず… ですが、

用心するに越したことはありません。

いろいろ気を引き締めてスタートします!

 

 

tanaka_221205_6.jpg

…が、拍子抜けするぐらい、

初めはこうした緩やかな尾根道。

乾いたアベマキ(おそらくですが)の黄葉を

カサカサと踏みながら進みます。

 

 

tanaka_221205_7.jpg

しかし、途中から雰囲気は一変しました。

少しずつ登りがきつくなり、周りも岩がちに。

そして、名前のついた岩が続々現れます。

 

 

tanaka_221205_8.jpg

まずは「屏風岩」。

「岩の上は展望台」と書かれていたので、

上がってみると…

 

tanaka_221205_9.jpg

見下ろす紅葉と、夢前町神種(このくさ)の市街地。

送電線の鉄塔がどーんと鎮座してはいますが、

気持ちのよい眺めです。

(今回の「山歩写真」とした1枚です)

 

 

tanaka_221205_10.jpg

続いては「観音岩」。狭いすき間を進みます。

ここで注目していただきたいのは、

小さな岩や木が埋め込まれていること… だけでなく、

 

tanaka_221205_11.jpg

随所に見られる黄色のペインティング。

ここを踏んでいくと登りやすいよという印です。

もちろん、岩は風化してゆくものですし、

なんの疑いもせず信じてしまうのは危険ですが、

自分でしっかり状態を確かめたうえであれば

とても助かる印だと感じました。

 

このあとも、コース内には

こうしたペインティングがいくつもありました。

 

 

tanaka_221205_12.jpg

進行方向左側に見える尾根。「Aコース」方面です。

派手さはなくとも見事に色づいた紅葉が、

(このころまで出ていた)陽射しを受けてきれいです。

 

 

tanaka_221205_13.jpg

岩シリーズ、続きます。こちらは「くじら岩」。

クジラの背中のよう… ですね。

中央奥に山頂、その手前には地蔵岳(511m)が見えます。

番組では黒田さんが「前衛峰」と表現されていましたが、

主峰の前にそびえる峰のことをいいます。

山の用語も、回を重ねる中で少しずつ覚えてきました!

 

 

tanaka_221205_14.jpg

さらに。

番組には登場しませんでしたが、

道をふさぐ「御邪魔岩」なんていうのも。

 

 

tanaka_221205_15.jpg

ここは標高およそ450m。

黒田さんの右前方をよく見ると

ジグザグにロープが続いています。

 

Cコースの「健脚向け」区間、いよいよ開始です!

 

tanaka_221205_16.jpg

切れ落ちる崖の手前に張られたロープ。

 

 tanaka_221205_17.jpg

しかも、岩にしっかり打ち込まれた

金属製の杭に結び付けられていました。

私、ロープワークはまだまだ知りませんが、

黒田さんによると、

かなり慣れた“山屋”の作業とのこと。

先ほどの黄色いペインティング同様、

ずいぶん整備の手が入ったルートです。

 

実はこの先、「がまん坂」や「八丁坂」など

名前の付いた急な登りが続きました。

番組では、頭に付けた小型カメラの動画も駆使し

リアルな登りの映像をお届けできたのですが、

デジカメやスマホは、落下を恐れて

ザックに全部収納してしまっていたので…

 

 

tanaka_221205_18.jpg

ブログではいきなり山頂となります(笑)。

このころには陽射しがなくなってしまい、

吹き抜ける風はさすがに冷たいものでした。

 

 

tanaka_221205_19.jpg

登りに負けず劣らず、下りも急でした。

こちらは「気合い坂」。

とはいえ、

朝来の床尾(とこのお)山系の「激下り」に比べれば、

まだラクだったかもしれません。

急な下りを行くときのコツを、

頭の引き出しからひっぱり出して進みました。

 

●先に踏み出す側の足はつま先を前に、

ついていく足はつま先を横(進行方向に直角)に。

●真っすぐ下りられそうなところでも、

ジグザグに進んだり横歩きを使ったりすると

ひざ周りがぐっと楽になり、筋力を温存できます。

●極力、木の根を踏まないようにしましょう。

また、この時期は枯れ葉に隠れた浮き石に注意!

 

経験って、人を強くしますね…。

 

 

tanaka_221205_20.jpg

下山途中で見かけた紅葉。

こうしたモミジ・カエデの類は少なめのようで、

登りのCコースでも、

ちょうど私がカメラをザックに収めた

標高450m以降(=画像がありません…)で、

いくらか目にした程度でしたね。

 

 

tanaka_221205_21.jpg

途中まではA・Bコースが重なっていますが、

ここで分岐して左方向、Bコースへと進みます。

冒頭で触れた、

「山ヒル大量発生中(4月~10月)」の区間です!

 

tanaka_221205_22.jpg

先ほど「激下り」のくだりでも登場した、

朝来の床尾山系。

初めてヤツ(そこでは「Y」としましたが)と遭遇した

あの林に、確かによく似た雰囲気です。

 

tanaka_221205_23.jpg

番組からは漏れましたが、こんな場所も。

よ~く見ると、

 

tanaka_221205_24.jpg

こんなふうに、

わずかながら水が流れているのです。

 

tanaka_221205_25.jpg

下っていくと、「滑滝(なめたき)」の表示。

滑(なめ)というのも山岳用語で、

緩やかな傾斜の一枚岩の上を

水がなめるように流れている場所のこと。

 

今回はちょろちょろ程度でしたが、

もう少し水量があればきっと見事でしょう!

ただ、今の時期でなければ、

いかにもヤツらが出そうな場所でもありますが。

 

 

さて、ゴール地点の「観音滝」へはあとわずか。

 

tanaka_221205_26.jpg

滝へと上がる入口の案内看板の写真では、

ある程度の水が流れ落ちているのですが…

 

tanaka_221205_27.jpg

お分かりでしょうか?

白く囲んだ中、水滴がしたたり落ちていて…

 

tanaka_221205_28.jpg

小さな滝壺で跳ね返っています。

 

tanaka_221205_29.jpg

階段を上がってみると…

 

tanaka_221205_30.jpg

踊り場には観世音菩薩があり、

いわゆる「裏見の滝」にもなるようでした。

(板が弱っているかも!? と思ったので、

 念のため踊り場に踏み込んではいません)

 

番組ではここでゴールとしましたが、

スタート地点までは歩いて20分くらいでしょうか。

 

 

tanaka_221205_31.jpg

途中の「岩屋池」からも明神山はよく見えました。

改めてその急傾斜を実感すると同時に

変化に富んだコースを歩き通した充足感も湧き、

手ごたえ十分の“播磨富士登山”となりました。

 

この明神山に関して、

私のような初心者が留意すべき点とすれば、

天候や時期を選ぶことでしょうか。

雨の日には岩の尾根や斜面が滑りやすそうですし、

春から秋、特に雨上がりには

ヤマビルも出やすいそうです。

十分な準備と装備で、皆様も安全・快適な登山を!

 

 

さて、今年度の「兵庫山歩道」。

兵庫五国の摂津、但馬、淡路、播磨と巡って、

あとは丹波を残すのみになりました。

次回は来年2月の放送となる予定です。

どうぞお楽しみに!

 

今回の、Live Love ひょうご「兵庫 山歩道」で放送された動画はコチラ

 

投稿者:田中 崇裕 | 投稿時間:18:30

ページの一番上へ▲