2020年09月14日 (月)六甲山に登ってきました


田中です。神戸局での勤務2年目に入っていますが、今回が初投稿です。

先日、神戸局に9年ぶりに戻ってきたばかりの今城アナウンサーのほうが先にブログに登場し、

自らの筆不精を反省した次第です・・・。

 

さて、タイトルにもありますように、六甲山に登ってきました。

「LiveLoveひょうご」でおおむね月一回放送しているコーナー、

「兵庫山歩道(さんぽみち)」のロケです。

4月から担当されていた広坂アナウンサーの転出により、

私が引き継ぐことになったのですが・・・。

 

9月7日(月)の放送でも申し上げたとおり、

「登山道」と名のつく場所を歩いたのは初任地の福井以来、20数年ぶり。

tanaka20200911_1.JPG

 

この夏初めて、生きたクワガタと遭遇し・・・

tanaka20200911_2.JPG

 

「ここも本当に神戸市内⁉」と目を見張り・・・

tanaka20200911_3.JPG

 

「猪ノ鼻の滝」の近くにかかる橋の欄干では・・・

tanaka20200911_4.JPG

秋の気配を感じることもできました。

 

そして、こちらは「シュラインロード」の入り口付近。

tanaka20200911_5.JPG実は、このすぐ手前で交差する「裏六甲ドライブウェイ」によって、

シュラインロードは分断されるような格好になっています。

意外でしたが、人の手が加えられたところと自然とが共存する、

六甲山らしさを感じました。

 

何とかロケクルーの足を引っ張ることなく(と思っているのは自分だけ?)

初回の「山歩道」を歩き切ることが出来ましたが、その中で感じたことを挙げますと、

 

① やはり水分は重要です。この日の神戸は猛暑日。

登るほどに風は心地よくなっていきましたが、

2.5リットルほど背負っていった飲料の半分以上が登りで消えました。

 

② 整備されているとはいえ、背の高い草が繁茂していて

少々ためらってしまうようなところや、分岐もあります。

迷わないよう、山をよく知る方と一緒に行動できると安心です。

 

③ アブやブユのような、刺す虫もかなり飛んでいました。

黒っぽい服装は避けたほうがよいそうですね。

実際、3か所ほどやられたのはいずれも黒の袖部分でした。

 

翌朝の筋肉痛は恐れていたほどではなかったので

「自分もまだまだ捨てたものじゃない⁉」と一瞬思ったのですが、

ピークは翌々朝にやってきました。やっぱりか・・・。

50代ビギナーによる「兵庫山歩道」。

今後も暖かく見守っていただけますよう、よろしくお願いいたします!

 

こちらから、今回のロケの動画をご覧いただけます。

(※放送日より2か月間の期間限定となります)

https://www.nhk.or.jp/osaka-blog/live-love-hyogo/435468.html

 

投稿者:田中 崇裕 | 投稿時間:14:20

ページの一番上へ▲