2020年01月30日 (木)氷の世界


暖かい冬ですね…

 

過ごしやすくていいよ~という方もいらっしゃると思いますが、

スキー場の雪不足は深刻ですし

神戸がいくら気候温暖とはいえ1月末になっても風花一つ、薄氷一片すら

見ないというのはやっぱり異常。冬はやっぱり寒くなくちゃ。

 

ということで、今年の初ブログは氷の世界を写真にしました

気持ちだけでも冷気を味わっていただければと思います。

 

hirosaka20200130_1.jpg

 

おととしの冬、自宅近くで撮りました。

こんなに氷が成長してたんですね。

 

hirosaka20200130_2.jpg

 

芦屋市の奥池です。これは昨冬。

毎年観察に行ってますがこの冬は池が凍る気温になりません。

 

hirosaka20200130_3.jpg

 

これも奥池。薄い氷に日が差したところを

偏光フィルターで撮りました。こんな色、模様に写るんです。

 

hirosaka20200130_4.jpg

 

裏六甲の渓流で撮影。

おととしはこんな風景にいくらでも出会えました。

 

最後は、先日の「ぐるっと関西おひるまえ」の中での一コマ。

六甲山では毎年寒の時期に天然の氷を切り出して夏まで氷室に保管するのですが

今年は暖冬で採取できない、スキー場も雪がないという話題をお伝えしました。

担当した森麻衣子リポーターが番組MCの太平サブロー師匠に一言。

 

「芸人さんはさむーいギャグは禁物ですが、

こちらは寒さに期待を寄せています」

 

さすが神戸アナウンスのお笑い師匠!お見事です(笑)

 

投稿者:広坂 安伸 | 投稿時間:14:00

ページの一番上へ▲