2018年10月23日 (火)スーパースターとともに


ラグビーW杯まであと1年を切りました。

 

トップリーグ(日本の国内リーグ)では

地元の神戸製鋼が無敗で首位を走っていて、15シーズンぶりの優勝に

視界良好です。

これは一度見ておかなければということで

超体育会系にして世界で2番目に(本当は1番だと思いますが、もっと似合う人が

いるといけないので…)ジャージが似合うリポーターこと

坪尾リポーターとノエビアスタジアムに行ってきました。

 

 

hisosaka20181023_1.jpg

 

ヴィッセル神戸のホームグラウンドとして知られていますが

W杯ラグビーの時は、ここが試合会場になります。

集まったファンは1万人オーバー!

中でもファンの大注目を集めていたのがこの人。

 

hisosaka20181023_2.jpg

 

今季から神戸製鋼に加わったダン・カーター選手です。

元ニュージーランド代表で、前回のW杯優勝メンバー。

ラグビーの国際統括団体が選ぶ年間最優秀選手を3回も受賞した、

世界のスーパースターです。

サッカーがイニエスタなら、ラグビーはカーター

神戸の人は幸せですね。

 

実は先週、試合に先立ってカーター選手にインタビューしてきました。

イケメンにしてナイス・ガイ。とても丁寧に答えてくれました。

「日本のラグビーはとても進化しているし、W杯が行われる都市でプレーできるのは

最高です。神戸製鋼は長い間優勝していないけれど、優勝するためのビジョンを

しっかり持っている。だから来たんです」

と、来日の理由を話してくれました。

そして、神戸の皆さんに是非知ってもらいたいのは

カーター選手が2011年のニュージーランド地震で被災した経験があり

大きな被害を受けた地元・クライストチャーチの人たちを勇気づけようと

プレーしたことです。

 

「ニュージーランド地震は本当に大変な経験でしたから、

神戸の震災についても勉強しましたよ。

深刻な状況でもスポーツは人々の気持ちを明るくする。

神戸製鋼の赤いジャージを着たら、会社のためだけでなく

神戸の人のためにもプレーしなくてはなりません」

とカーター選手は語ります。

 

こんな素晴らしい選手が、地元でプレーしています。

神戸製鋼は12月にトップリーグの順位決定トーナメントに出場しますから

ぜひ実際のプレーを見て、ラグビーの楽しさに触れて下さい。

そして来年のW杯を皆さんで盛り上げましょう!

投稿者:広坂 安伸 | 投稿時間:15:00

コメント

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲