2019年07月26日 (金)101回目の・・・


ドラマの話ではありません。

高校野球です。

 

私事ではありますが、むかーしむかし、

高校最後の試合のこと。

最初の打席に3塁打を放ったものの、そこで舞い上がってしまい、

監督からのスクイズのサインを見落とし、

結果、簡単な内野ゴロを相手チームに献上。

先制のチャンスを逃した、つらい記憶が未だに残っています。

 

「え?」

という見事なバントを一塁線に転がした後の後輩の顔。

おそるおそる「・・・いま、サイン出てた?」と

確認したときの三塁ベースコーチャーのうなずく顔。

もはや私だけ聞こえなくなっていたのか、静まる応援。

目に、耳に、焼き付いて離れません。

入学前の代から含めて4年連続で同じ甲子園出場校に敗退。

母校以上にその学校の校歌が歌えてしまいます。

鴻鵠棲みし 青葉城 あぁ 松島や・・・

 

 

前置きが長くなりましたが

いよいよ101回目の夏の甲子園を目指す

兵庫の高校野球も終盤です。

先日は、U-18日本代表の永田裕治監督にも

生出演して頂き、インタビューをしました。

「代表選手を選ぶときにも、まずはマナー、心を見る」

印象的なことばの数々を伺いました。

 

katayama20190726_1.jpg

 

(甲子園で決勝も実況した広坂アナウンサー、田中アナウンサーと)

 

お忙しいところ、ありがとうございました。

 

振り返れば昨年の甲子園は

秋田の金足農業、「カナノウ旋風」でしたね。

初任地が秋田だったので、気持ちが入りました。

 

katayama20190726_2.jpg

 

(かつて実況した金足農業のエースと甲子園で再会)

 

見慣れたユニフォームの選手たちが、

甲子園で次々と強豪に勝っていく姿は

本当に、観客席で震えていました。

 

各地で、甲子園で、そしてその後のワールドカップまで、

どんな試合が繰り広げられるのか。

楽しみな季節です。

 

放送のお知らせです。

第101回全国高校野球選手権大会 兵庫大会

【準決勝:FM】

7月27日(土) 午前9:50~午後4:00(中断あり)

※雨天順延の場合あり

▼第1試合:神戸国際大付-育英

解説…竹中円さん・アナウンサー…片山智彦

▼第2試合:高砂-明石商

解説…足達尚人さん・アナウンサー…田中崇裕 

【決勝:総合テレビ】

7月28日(日) 午後1:05~午後4:10

※雨天順延の場合あり

▼解説・・・清水稔さん・アナウンサー・・・広坂安伸 

 

2日ともほっともっとフィールド神戸から中継します。

お楽しみに。

 

投稿者:片山 智彦 | 投稿時間:16:00

ページの一番上へ▲