2018年06月28日 (木)100回目の夏が


暑くなってきました。

体調はおかわりないでしょうか。

 

先週の地震で被害にあわれたみなさん、

心からお見舞いいたします。

ありきたりな言葉ではありますが、

少しでも早く、元通りの暮らしが戻ることを祈ってやみません。

私たちも、放送を通して、今後もお力になれるよう、

心を込めてお伝えしていきます。

 

夏の高校野球の県大会が各地で始まろうとしています。

20180628blog_1.jpg

兵庫大会は来月7日の開幕。

100回の記念大会となることしは

東兵庫代表と西兵庫代表の2校が甲子園に出場します。

喜びも、楽しみも倍増といったところでしょうか。

 

20180628blog_2.jpg

大会に合わせて、神戸放送局では特別番組を放送します。

甲子園の歴史を彩ってきた兵庫県の方々をご紹介するものです。

ご紹介するのは、

●鹿多証道(しかた しょうどう)さん

加古川市の住職。

約300試合、甲子園大会の審判員を務めました。

●山内佑利子(やまうち ゆりこ)さん

1997年から始まった、開会式の高校生司会者第1号です。

●羽地靖隆(はねじ やすたか)さん

市尼崎吹奏楽部総監督。

吹奏楽による沖縄代表校の友情応援を続けています。

●岡尾理亜(おかお りえ)さん

1998年の第80回大会で市西宮の生徒として

松坂投手のいた横浜高のプラカードを担当しました。

●安井浩二さん(やすい こうじ)さん

1977年、東洋大姫路の4番打者として優勝。

決勝戦では大会史上唯一となるサヨナラ本塁打を打ちました。

 

20180628blog_3.jpg

広坂アナウンサーと制作をしました。

ナレーションは住谷キャスターです。

放送は来月2日から随時、

複数回にわたり放送していく予定です。

 

甲子園のある街ならではの物語、ぜひお楽しみください。

投稿者:片山 智彦 | 投稿時間:13:00

コメント

先日発生した大阪北部地震、兵庫県でもケガをされた方がいらっしゃったのですね。被害に遭われた皆さまには1日も早く元通りの生活を送る事ができるよう、県外から祈っております。

投稿日時:2018年06月29日 12:50 | はるか

※現在新規コメントは受け付けておりません

ページの一番上へ▲