2018年06月15日 (金)1年の重み


ちょっと遅くに仕事をしていて、

ふと目を上げると、こんな光景が広がっていました。

katayama20180614-1.jpg

アナウンスのとなりは、

番組の編成や、放送局の事業についての

仕事を受け持つグループです。

写真の4人はみんな20代。

いまは今週末、篠山で開催の「のど自慢」の準備です。

この日は、2年目のふたりが中心。

ついこの間まで新人だったのに、

いまや神戸放送局の「屋台骨」。

遠い目でおじさんは温かい眼差しを・・・

いやいや・・・

「おじさんも混ぜなさい!」

突撃です。

 

katayama20180614-2.jpg

 

カメラを向けると

katayama20180614-3.jpg

ちゃんと愛想笑いしてくれました。

ありがとう!オジサン、感激!

 

「のど自慢」前日に開かれる予選会の準備とのこと。

お名前を確認して、曲目も確認して、、、

本番の出演は20組ですが、

予選会の応募となると、今回は1122組。

そこから250組が土曜日の予選会へと出場です。

 katayama20180614-4.jpg

横浜出身、港町から港町へやってきた藤平(とうへい)さん。

そして、またもブログに登場、実は私と同郷の伊藤くん。

 

katayama20180614-5.jpg

わたしのような先輩にちょっかい(アドバイス?)を出されながら、

和気あいあい、賑(にぎ)やかに仕事をしています。

katayama20180614-6.jpg

神戸の頼れるフレッシュなメンバーが支えるのど自慢。

当日、ステージに立つ方、テレビでご覧になる方、

楽しみにしてくださいね。

 

しかし。

胸に手を当て考えます。

そんな2人に比べ、オジサンは去年から進化しただろうか。

katayama20180614-7.jpg

去年。

 

katayama20180614-8.jpg

ことし。

いやー、変わらないどころか、劣化してないか?

「屋台骨」どころか

背骨は曲がり、気骨も失っている気がします。

 

「人生できょうが一番若い」

どこかで聞いた言葉を胸に、いろいろとあらがって生きます。

 

番組のお知らせです。

▼「NHKのど自慢 兵庫県篠山市」

6月17日(日)午後0時15分~1時【総合・ラジオ第1・国際放送】

ゲスト:鳥羽一郎さん・椎名佐千子さん

 

日付は戻って・・・

▼「もういちど!ラジオ 銃に倒れど、ペンは折らせず ~ジャーナリスト 樋田毅さん~」

6月16日(土)午後4時05分~4時55分【ラジオ第1】

(先月「ラジオ深夜便」でお届けした放送を再構成して拡大放送します)

ご案内:広坂安伸 聞き手:片山智彦

ぜひ、ご覧、お聴きください。

投稿者:片山 智彦 | 投稿時間:11:30

コメント

「NHKのど自慢」、噂には聞いてますが、今回は1122組の応募から20組の本選出場とは物凄い激戦ですね。準備をされる方々は本当に大変そうですが頑張ってください!
私はなぜか最近、無性に片山アナウンサーに会いたくなったので今回ブログが更新されてとても嬉しいです♪私も最近、年齢を感じる事が増えましたが負けずに生きていきたいと思っています…

投稿日時:2018年06月15日 14:21 | はるか

若い社員の方や新人の方の延びシロってとても目に入るんですよね。
ベテランになると日々成長出来ているのか自問自答ですね。
18日の地震災害お見舞い申し上げます。
これ以上被害が大きくなりませんように。

投稿日時:2018年06月20日 01:28 | 岩崎孝子

※現在新規コメントは受け付けておりません

ページの一番上へ▲