2017年12月15日 (金)灯りの向こうに


知らない間にたくさんの人がブログを更新。

ちょっと驚いている片山です。

とはいえ、おじさんの私生活見せられても困るよなと、

正直なところ安心しております。

 

そんなブログを見るとみんな公私とも充実しているようで。

「リア充」ってやつですかね。

坪尾さん、ハロウィーン!?

垂水片山組がこれやったらお化け屋敷だから。

(注:垂水さんに懇願の上、許可を得て記しております)

堀井さんはひとりでルミナリエ!?

いやいや、誘ってくれればことしもカンパイしますよ。

 

そんなことを知ってか知らずか

先日、アナウンスのメンバーが参加する、

芋煮会に誘ってもらえました。

‘芋煮会’という言葉になじみのない方もいるかもしれませんが、

簡単に言えば、バーベキューの鍋バージョン、

外でいただく鍋です。

katyama20171215-1.jpg

こう言う場になるとキャラが出ますね。

手際よく準備を進める岩佐さん。

豪快にコップいっぱいの砂糖を鍋に投入する住谷さん。

ワイン片手にそれを優しく見守る広坂さん。

去年まで芋煮会の本場にいたからと、

ふだん出せない存在感を示そうとする片山。

そして、取材を終えて途中参戦、

ドリンク片手に一気に場を支配した垂水さん。

賑やかに頂いてきました。

katyama20171215-2.jpg 

翌日、余韻に浸りながら出勤。

するとみんなに言われました。

「住谷さんが砂糖ぜんぶ入れた時、顔が固まっていましたね」

一番見られていたのは私でした。

 

甘い芋煮のほろ苦い思い出となりました。

 

ルミナリエの季節ですね。

初めて足を運びました。

華やかな中にも厳かな雰囲気がありました。

 katyama20171215-3.jpg

間もなく阪神・淡路大震災から23年です。

当時私は中学生。

兵庫に住む伯父を案じながら、

テレビが映す信じがたい風景に呆然とした記憶があります。

katyama20171215-4.jpg

時間という意味では、震災からの距離はまた離れますが、

ルミナリエが、この灯りが、

震災に寄り添う、心の距離を近づける機会になればと思います。

投稿者:片山 智彦 | 投稿時間:15:00

コメント

初めてコメントします!
芋煮会、こっちにもあるんですね〜さすがわがふるさと山形☆☆
山形大好きな片山アナも面目躍如ですねっ!

投稿日時:2017年12月16日 11:22 | おきたまごっち☆

※現在新規コメントは受け付けておりません

ページの一番上へ▲