2016年08月04日 (木)第98回全国高校野球選手権大会 実況を担当します


市立尼崎と明石商業の決勝の余韻さめやらぬ中、甲子園での実況を担当することになりました。

4年ぶり10大会目の夏の甲子園実況です。

 

初めて甲子園の試合を生で見たのが1974年夏の準々決勝。8歳の時でした。

3塁側の銀傘の下から、ウトウトしながらも見た東海大相模の原辰徳さんと

鹿児島実業のエース定岡さんの対決を今でも思い出します。

実況デビューは1996年。アトランタオリンピックの年でしたので、もう20年になります。

 

最近で印象に残っているのが2010年夏。 

私は決勝のラジオの実況担当でしたので準決勝をじっくり見ました。

そこで行われた試合が  報徳学園5-6興南(沖縄)

一時は報徳が4回まで5-0とリードしていたのを興南がひっくり返したのです。

報徳にとっては残念でしたが、共に力の限りを尽くした試合でまさに「死闘」。

今でも高校野球好きの仲間と話をしてあの試合を振り返ることがあります。

 

今年も7月の兵庫大会をじっくり取材しました。

見ていると、監督が選手たちにかける言葉が試合の流れを大きく変えることがあります。

指導者は普段からどのタイミングでどんな口調で何を言うべきか模索しています。

アナウンサーの仕事も、状況にふさわしい言葉を的確に発することが出来るかが勝負。

甲子園の一球一球に集中し、高まる気持ちの中から出てくる新鮮な言葉を大切に伝えたいと思います。

 

 <担当を予定している試合>

 ■  第 9 日 第2試合 ラジオ

 ■  第11日 第2試合 テレビ

 ■  第13日 第2試合 ラジオ(準決勝)

 

=============

 大阪放送局に異動した小野塚アナウンサーが担当する予定の試合もお伝えします。

 ■ 第 1 日 第3試合 ラジオ

 ■ 第 5 日 第1試合 テレビ

 ■ 第 8 日 第2試合 テレビ

 ■ 第13日 第1試合 ラジオ(準決勝)

準決勝のラジオ実況は小野塚→田代のリレーでお送りする予定です。

投稿者:田代 純 | 投稿時間:16:30

ページの一番上へ▲