2019年7月26日

101回目の・・・


ドラマの話ではありません。

高校野球です。

 

私事ではありますが、むかーしむかし、

高校最後の試合のこと。

最初の打席に3塁打を放ったものの、そこで舞い上がってしまい、

監督からのスクイズのサインを見落とし、

結果、簡単な内野ゴロを相手チームに献上。

先制のチャンスを逃した、つらい記憶が未だに残っています。

 

「え?」

という見事なバントを一塁線に転がした後の後輩の顔。

おそるおそる「・・・いま、サイン出てた?」と

確認したときの三塁ベースコーチャーのうなずく顔。

もはや私だけ聞こえなくなっていたのか、静まる応援。

目に、耳に、焼き付いて離れません。

入学前の代から含めて4年連続で同じ甲子園出場校に敗退。

母校以上にその学校の校歌が歌えてしまいます。

鴻鵠棲みし 青葉城 あぁ 松島や・・・

【続きを読む】

投稿者:片山 智彦 | 投稿時間:16:00 | カテゴリ:片山 智彦 | 固定リンク

ページの一番上へ▲