2017年11月

秋を楽しむ!


こんにちは、お久しぶりです♪

坪尾です!

最近、各地で紅葉が見頃を迎えていますね。

tsuboo20171124-1.jpg

色づいた木々をみてうっとりする、そんな毎日です。

といえども暦上はもう冬です。

ぐん、と冷え込む冬の朝。

外に出るのが億劫(おっくう)になりますよね。わかります。

みなさんは体調崩されていませんでしょうか。

 

 過ぎ去りつつある秋に思いをはせ

今年の秋の思い出を少し。

 

10月31日はハロウィーン。

最近は仮装して街を歩く若者が増えているようで。

ハロウィーンのニュースをお伝えするのに少しでも臨場感が出れば

 

ということで!!

【続きを読む】

投稿者:坪尾 明音 | 投稿時間:11:30 | カテゴリ:坪尾 明音 | 固定リンク
コメント(2)

セント・マーチンと最近-和田光太郎のひこーき日記070便


“カリブ海のセント・マーチン島”。
先日発売されたNHKステラ「全国アナウンサー名鑑」。
“一度は行ってみたいところは?”という設問に対する私の回答です。

これだけだとただ南国のリゾートのように感じますが、
実はここ、世界の航空ファンにとってまさに一度は行ってみたいところ。
地形の関係上、大型のジェット機がビーチすれすれに着陸することで有名な場所なのです。

これをいま、ちょっと後悔しています。
というのも、この名鑑のアンケートの回答は9月。
その直後に現地をハリケーンが襲い、ビーチにも大きな被害が出てしまったというのです。
現状を伝える写真を見ると、やはり心が痛みます。
行ってみたい思いに変わりはありませんが、
ますは島の人の暮らしから、早期の復旧・復興が進むことを願っています。


さて、すっかりご無沙汰してしまったこのブログ。
書いている時間もないほど、仕事も遊びも充実していました!
(本当ですが、まあ、言い訳ですね…)。

【続きを読む】

投稿者:和田 光太郎 | 投稿時間:17:00 | カテゴリ:和田 光太郎 | 固定リンク

銀山ボーイズ、全国へ!!


布団から出るのが辛くて仕方がない季節がやってきましたね。

九州育ちの私は寒いと行動がスローモーション並みに遅くなります。

いっそ冬眠してしまいたい欲望に駆られる。

(といっても、福岡は日本海側なので意外と寒いんですが、笑)

 

前置きはこれくらいにして、ここでナゾナゾです。

夏は涼しくて冬は暖かく、私がこの前取材した場所はど~こだ!?

 

設問が悪い!特に後半!と言われそうですが(笑)

 

正解は、兵庫県朝来市の生野銀山です。

気温はいつも13度!冬は暖かく感じられる場所です。

 

そんな銀山に、新たなアイドルが誕生した話題、

先日ニュースKOBE発でご紹介しました。

その名も、銀山ボーイズ

tarumi20171121-1.jpg

 

【続きを読む】

投稿者:垂水 千佳 | 投稿時間:15:00 | カテゴリ:垂水 千佳 | 固定リンク
コメント(1)

1本でもにんじん!20杯でも・・・


気がつけば11月。

周りでも季節の花々があちらこちらに咲いています。

katayama20171110-1.jpg

 

キンモクセイは、色だけではなく、

香りでも季節を感じさせてくれます。

katayama20171110-2.jpg

 

別の日に通りかかったところ、雨で散っていましたが

それはそれで、はっとするような鮮やかさが目を引きました。

 

女子っぽい始まりになりましたが、

すみません、片山です。

 

【続きを読む】

投稿者:片山 智彦 | 投稿時間:17:25 | カテゴリ:片山 智彦 | 固定リンク

大河ドラマ「おんな城主 直虎」 奥山六左衛門見参!!


大河ドラマ「おんな城主 直虎」、ご覧になっていますか!?

私は「春日局」から毎作欠かさず見ている大河ドラママニアなので、

当然毎週食い入るように見ています。

(あ、年がバレる!笑)

 

で、実は。

神戸出身の俳優が出演していること、皆さんご存知でしょうか!?

 

この方です!

tarumi20171106-1.jpg

奥山六左衛門を演じる田中美央さん。

武芸はからきしダメだけど、民には心から慕われる奥山六左衛門。

癒やし系の戦国武将ですよね。

 

お願いしたら、六左衛門といえばこの表情!という困り顔をしてくださって。

tarumi20171106-2.jpg

 

田中さんも六左衛門のキャラそのままに、本当にいい人の代名詞のような方でした!

 

11月7日(火)ニュースKOBE発(午後6:30~7:00)で

田中美央さんのインタビューをご紹介します。

(※事件事故により内容が変更になることがあります。)

 

宝塚北高校の演劇科で学んだ思い出。

43歳にして初めてつかんだ初めてのテレビドラマ。

現場はいったいどうだったのか。

 

も~あと1時間でも2時間でも聞いていたいような楽しい話盛りだくさんです!

ぜひご覧ください!!

tarumi20171106-3.jpg

投稿者:垂水 千佳 | 投稿時間:13:40 | カテゴリ:垂水 千佳 | 固定リンク

いくつになっても「同級生」


11月になったのを機にブログデビューの広坂です。

 

何について書こうかといろいろ考えたのですが、やはり自分はスポーツアナウンサーとして長く仕事をしてきたので、第1号はスポーツの話かなと思います。しかも来年は夏の高校野球が100回を迎え、甲子園球場のある兵庫県に住んでいるとなればやっぱり高校野球ですね。

よろしくお付き合いください。

 

高校野球の魅力はその「熱さ」だと思いますが、感じる熱さの質が自分と球児との年齢差でだんだん変わってくるように思います。

 

 小学生の頃、高校球児は「かっこいいお兄さん(当時はおじさんに見える人もいましたが)」としてのあこがれの対象。それが中学、高校になると年の変わらない選手、あるいは同級生が必死になってプレーする姿に感動し、20代、30代になると自分が兄貴になった目線になり、40代、50代になると今度は親目線になって、少々涙もろくなってきます。そんな中でも最も熱いのはやはり高校時代に同学年の選手を見ていた時だと思います。

 

【続きを読む】

投稿者:広坂 安伸 | 投稿時間:15:30 | カテゴリ:広坂 安伸 | 固定リンク

ページの一番上へ▲