「子育て」のお悩み

2018年01月20日 (土)

料理のお悩み 何でも答えますスペシャル

きわめびと コウケンテツさんと高木ゑみさんのワンポイント ちょっとしたコツでお悩み解決

17131-kiwamebito2s.jpg今さら聞けない料理のお悩みって、ありますよね。今回は、料理研究家のコウケンテツさんと、番組3回目の登場、料理家・高木ゑみ(たかぎ・えみ)さんに、そんな料理の悩みをドンドン解決してもらいました。



17131-nitouryuu.jpg【お悩み①】「チャーハンがパラパラにならない!」
 パラパラにする最大のポイントは短時間・高火力で調理すること。
 そのために、2本の木べらを使って、卵とごはんを素早くかき混ぜましょう。ごはんが卵でコーティングされ、パラパラになります。
 最後に、1分ほど蒸らせば、さらに、ふわふわの食感も加わります。
  
●「二刀流 パラふわチャーハン」レシピ
<材料> 2人分
ごはん(温かいもの) 300g
卵          2コ
チャーシュー     50g
ねぎ         1/4本
青ねぎ        2~3本
サラダ油       大さじ2
しょうゆ       大さじ1/2
塩・粗びき黒こしょう 各適宜

<作り方>
①早く火が通るように、具材は小さく切る。ねぎ・青ねぎは、それぞれ小口切り。チャーシューは1cm角に切る。
②サラダ油をあたため、溶き卵を流し入れる。すぐに温かいごはんを卵の上にのせる。(温かいごはんの方が、早く炒められる)
 2本の木べらを使って卵でごはんを包むように手早くからめる。(木べらが2本あると手早くできる)
③具材を加えて混ぜ合わせ、塩、コショウ、しょう油で味付けし、フライパンをあおって全体をしっかり混ぜ合わせる。
④火を止めておわんに炒めたチャーハンを入れたら、盛り付け用のお皿をおわんに乗せてひっくり返す。この状態で30秒~1分間蒸らす。
⑤おわんを取って、完成。お好みで紅しょうがをそえる。


17131-ebi.jpg【お悩み②】「エビフライがまっすぐにならない!」
 エビの腹に包丁で切れ込みを入れる方法がありますが、それだけでは不十分。
 さらに、腹側を下にしてまな板に置き、「プチッ」と音がするまで、全体を押し付けましょう。
 あとは衣をつけて揚げれば、まっすぐなエビフライができあがります。


17131-onigiri.jpg【お悩み③】「おにぎりがキレイに握れない!」
 おにぎりがキレイにみえる最大のポイントは、大きさをそろえること。
 器にラップをしき、ごはんをすりきりで入れれば、簡単に毎回同じ大きさのおにぎりが握れます。
 ラップで包んだごはんを、下の手で手のひらと指で厚さを決め、上の手をごはんに添えて角を整えます。
 仕上げの形は、机の面で最終調整しましょう。
 すると大きさがそろい、キレイな形の三角おにぎりができあがり。ラップをはがして、塩を上からふれば完成。



17131-yudetamago.jpg【お悩み④】「ゆで卵がキレイにむけない!」
  卵をゆでた後、殻全体にヒビを入れ、氷水に入れます。
  そのまま、氷水の中で殻をむきましょう。
  殻と白身の間に水が入り込むので、キレイにむくことができます。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー


RSS

page top