2019年2月

2019年02月23日 (土)

簡単!おいしい!"だし生活"のススメ

きわめびと 梅津有希子さんのワンポイント
“だし生活”で、食生活を楽しく、豊かに!

18168-osuimono.jpg料理に欠かせない「だし」。昆布やかつお節など、天然の素材から引き出される、深いうまみ。だしを上手にとれれば、お吸い物や煮物など、料理が一層おいしくなりますよね。

しかし、だしを一からとるのは、手間がかかり、ちょっと面倒…。

18168-kiwamebito.jpgそこで、手軽に本格的なだしのとり方を伝授してくれるのが、今回のきわめびと、“だし愛好家”の梅津有希子(うめつ・ゆきこ)さん。もともと料理が苦手でしたが、母の作った年越しそばの「だし」のおいしさに魅せられ、だし生活をスタート。そして、時間をかけず、簡単にだしを楽しむ方法を編みだし、だしの魅力を伝える著書も出す“だしの達人”に!今回は、きわめびと直伝の「簡単で本格的なだしをとる方法」を紹介します。

 

<だしのとり方>

◆たったの2分!かつおだしのとり方

18168-katsuo-yuwososogu.jpgきわめびとが、かつおだしをとるときに使うのが、なんと「コーヒードリッパー」。
フィルターに、かつお節 約5gを入れ、熱湯約150mℓをかけるだけで、1人(~2人)分の香り豊かなかつおだしをとることができます。この方法であれば、かつお節をこす手間も省けるのでお手軽です。

もっとたくさんだしをとりたいときには、大型のドリッパー(市販)を使えばOK。1ℓほど、だしがとれます(7~12人分ほど)。

 

◆つけておくだけ!昆布だしのとり方

18168-konbudashi.jpg昆布は、水につけておくだけ。麦茶ポットに、水1ℓと昆布20gを入れて、冷蔵庫に1~2晩入れると、昆布だしのできあがり。

1週間は、保存可能。ただ、ぬめりが気になる人は、2日ほどたったら、先に昆布を取り出しましょう。

◆合わせだしの作り方

かつおだし:1、昆布だし:1の割合で、混ぜ合わせれば、できあがり。

 

<だしを使ったアレンジ・レシピ>

かつお節や昆布から出るうまみは、その他の食材のもつうまみと組み合わせると、うまみが倍増。和食だけでなく、イタリアン、フレンチ、中華料理など、さまざまな料理にアレンジできます。

(例)

♪だしで炊いたおむすび

〈材料〉(2合分)
米・・・2合
合わせだし・・・400cc
塩・・・小さじ1

〈作り方〉
塩を加えた合わせだしに米を30分ほど浸水させておく。
通常通りに炊いてふんわりとにぎる。

 

♪かつおだしを使った「だしフレンチトースト」

18168-dashi-furenchitost.jpgかつおだしに含まれるイノシン酸と卵やチーズなどのグルタミン酸が合わさって、うまみアップ!

 〈材料〉(パン4枚分)
食パン・・・4枚
卵・・・4個
かつおだし・・・200cc
しょうゆ、みりん・・・各小さじ2
バター・・・適量

〈作り方〉
卵、だし、しょうゆ、みりんを混ぜて卵液を作り、食パンを浸す。
フライパンにバターを熱し、両面をこんがりと焼く。

 

♪かつおだしを使った「和風だしカレー」

18168-dashi-karry.jpgかつおだしに含まれるイノシン酸とたまねぎなどのグルタミン酸が合わさって、うまみアップ!

 〈材料〉(4人分)
米・・・2合
カレールウ・・・4人分
鶏もも肉・・・大1枚
マイタケ・・・1パック
濃いめのかつおだし・・・ルウのパッケージに表示されている水の分量
たまねぎ・・・1個
サラダ油・・・適量

〈作り方〉
フライパンでサラダ油を熱し、一口大に切った鶏もも肉、たまねぎとまいたけを炒める。
かつおだしとカレールウを加え、とろみがついたらできあがり。

 

♪昆布だしを使った「昆布だしインスタントラーメン」

18168-konbudashi-ramen.jpg昆布だしに含まれるグルタミン酸と鶏がらのイノシン酸が合わさって、うみまみアップ!

〈材料〉(1人分)
チキンラーメン・・・1袋
卵・・・1個
昆布だし・・・450cc

〈作り方〉
鍋で昆布だしをあたため、沸騰したらチキンラーメンを加え1分煮込み、卵を割り入れる。

 

きわめびとの極意を実践して、あなたも“だしの達人”に!だしを手軽に取り入れて、食生活を豊かに楽しみましょう!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


2019年02月23日 (土)

"だし生活"のススメ~だしアレンジ・レシピ大公開!

きわめびと 梅津有希子さん考案の「だし」を使ったアレンジ・レシピを紹介します。

■だししゃぶ

〈材料〉(2人分)
豚ロース・・・500g
長ネギ・・・2本
水菜・・・1束
(鍋つゆ)
合わせだし・・・1リットル
薄口しょうゆ・・・大さじ1
酒・・・50cc
塩・・・小さじ1

〈作り方〉
鍋に鍋つゆを入れて火にかけ、沸騰させる。豚肉とネギ、水菜をだしにくぐらせていただく。
だしはかつお濃いめがおすすめ。豚のうまみが溶け込んだつゆで、締めはラーメンやうどん、雑炊が美味。

■つけそば

〈材料〉(2人分)
豚バラ肉・・・150g
お好みのきのこ・・・1/2パック
そば・・・2束
温泉卵・・・2個
かつおだし(濃いめ)・・・200cc
昆布だし・・・200cc
しょうゆ・・・大さじ3
みりん・・・大さじ2

〈作り方〉
フライパンにごま油を熱し、豚バラ肉ときのこを炒める。
だし汁、しょうゆ、みりんを加えて一煮立ちさせる。
そばをゆでたら冷水で締め、つけ汁に温泉卵を入れる。

■だしむすび

〈材料〉(2合分)
米・・・2合
合わせだし・・・400cc
塩・・・小さじ1

〈作り方〉
塩を加えた合わせだしに米を30分ほど浸水させておく。
通常通りに炊いてふんわりとにぎる。

■だしフレンチトースト

〈材料〉(パン4枚分)
食パン・・・4枚
卵・・・4個
かつおだし・・・200cc
しょうゆ、みりん・・・各小さじ2
バター・・・適量

〈作り方〉
卵、だし、しょうゆ、みりんを混ぜて卵液を作り、食パンを浸す。
フライパンにバターを熱し、両面をこんがりと焼く。

■昆布だしのチキンラーメン

〈材料〉(1人分)
チキンラーメン・・・1袋
卵・・・1個
昆布だし・・・450cc

〈作り方〉
鍋で昆布だしをあたため、沸騰したらチキンラーメンを加え1分煮込み、卵を割り入れる。

■チキンとマイタケのだしカレー

〈材料〉(4人分)
米・・・2合
カレールウ・・・4人分
鶏もも肉・・・大1枚
マイタケ・・・1パック
濃いめのかつおだし・・・ルウのパッケージに表示されている水の分量
たまねぎ・・・1個
サラダ油・・・適量

〈作り方〉
フライパンでサラダ油を熱し、一口大に切った鶏もも肉、たまねぎとまいたけを炒める。
かつおだしとカレールウを加え、とろみがついたらできあがり。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


2019年02月22日 (金)

2/22放送 「ごごナマ」レシピ

ボルサリーノ関の「まごころ旬ごはん」

「肉巻き豆腐の角煮風」

<材料>2人分
・木綿豆腐  1/2丁(200g)
・豚バラ肉(薄切り)150g
・酒  大さじ1
・しょうが(すりおろす) 小さじ1
・かたくり粉  適量
・青ねぎ(斜め薄切り) 適量
・サラダ油  適量

【たれ】
・水  100ml
・酒  100ml
・しょうゆ  大さじ2
・砂糖  大さじ2
・みりん  大さじ1
・顆粒(かりゅう)チキンスープの素(もと)  小さじ1/2

<つくり方>
① 豚バラ肉を酒とすりおろしたしょうがにつけて10分間ほどおく。
② 木綿豆腐をペーパータオルで包み、耐熱皿にのせて電子レンジ(600W)に2分30秒間かけて水きりをする。
  ペーパータオルをかえて、もう一度電子レンジ(600W)に2分30秒間かける。
  粗熱がとれたら、食べやすい大きさに切る。 
  ※500Wなら3分・700Wなら2分10秒
③ 豚バラ肉に木綿豆腐をのせ、全体に巻きつけたあと、かたくり粉をまぶす。
④ サラダ油をひいたフライパンに③の巻き終わりを下にして並べる。
  余分な油をペーパータオルでふき取りながら、表面がカリッとするまで焼く。
⑤ 【たれ】の調味料を合わせて④に入れ、10分間ほど煮詰める。
⑥ 器に盛り、斜め薄切りにした青ねぎをのせる。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:12:30 | カテゴリ: | 固定リンク


2019年02月16日 (土)

アンコール放送 おやこで備えよう! 防災リュック作り

きわめびと 柳原志保さんのワンポイント 

「防災リュック」作りは、修学旅行やキャンプをイメージ!

18150-kiwamebito2.jpg災害への備えは、できていますか?いざという時の事前の備えは大切。特に、小さな子どもがいる家族では、より細かな準備が必要です。

今回は、避難する時の備えになる「防災リュック」作りに、おやこで挑戦します。

教えてくれるきわめびとは、東日本大震災と熊本地震、2つの震災を経験した“ママ”防災士の柳原志保(やなぎはら・しほ)さん。2人の子どもを抱え、避難所生活を余儀なくされました。その経験から、おやこで備える防災の必要性を伝えています。

防災リュック作りは難しいことではありません。「修学旅行」や「キャンプ」をイメージすれば、家にあるもので、誰でも簡単に作れます。

18150-ryukku-kazoku.jpg「防災リュック」は、親と子ども、1人1個持つのが基本。何を詰めるかは、修学旅行やキャンプで持っていくものをイメージしましょう。

<修学旅行>

18150-shuugakuryoko.jpg*持ち物は、修学旅行のしおりなどにある持ち物リストが参考になります。

18150-shuugaku-kigae.jpg*着替えは、1泊2日の分量が目安。

18150-shuugaku-eisei.jpg*マスクなどの衛生用品は、避難所などでの感染症の予防になります。

18150-shuugaku-hikkiyougu.jpg*筆記用具は、避難したときに、情報の共有にも役立ちます。

 

◆きわめびとが教えてくれる役立つ知恵

*被災地で物品を購入する際、おつりがない場合が多いので、現金は、小銭や千円札を多めに用意しておきましょう。
*きわめびとの避難所生活の経験から、女性が用意しておくとよいものが、ブラジャー付きキャミソール。ブラジャーだと、周囲の人の視線が気になって外しにくくなります。でも、ブラジャー付きキャミソールだと自宅で過ごすようにリラックスできます。また、生理用品は、避難所では支給されない場合が多いので、1週間分、ショーツも合わせて用意しておくと安心です。

 

<キャンプ>

18150-camp.jpg*キャンプをイメージして、水道・電気・ガスの使えないときに必要となるものを準備しましょう。ライフラインがストップすれば、同じような状況になるからです。

18150-camp-suidou.jpg*水がないときを想定して、お皿やコップは紙でできたものを。さらに、ラップでお皿を包めば、洗わずに何度も使えます。

18150-camp-denki.jpg18150-camp-gas.jpg*新聞紙とライターがあれば、火をおこすこともできます。

 

◆きわめびとが教えてくれる役立つ知恵

*水が使えない場合、ウエットティッシュに加えて、おしりふきが役に立ちます。おしりふきは、アルコール成分が入っていないものが多いので、肌に優しく体全体をふくものとしても使えます。


<“ほっとする”アイテムをプラス!>

避難しているときは、いろんな不安があります。その気持ちを和らげてくれる、「ほっとする」ものをプラスしましょう。

18150-hotto-omocha.jpg特に、子どもは不安になりがち。ふだん遊んでいるゲームやおもちゃなど、ほっとできるものがあると心が和みます。


さらに、ぜひ子どもが持っていると安心なものが、「パーソナル・カード」。

18150-personal-card.jpgカードには子どもの名前、生年月日、血液型といった情報とともに、家族の住所や連絡先を書きます。
これがあれば、もし子どもが親と離れて被災しても、近くにいる大人に連絡をとってもらえます。

そして、家族の写真と子どもへのメッセージを添えれば、不安で心細い子どもに、離れたところからでも励ます気持ちを伝えることができます。

いつ起きるかわからない災害。でも、おやこで一緒に備えておけば、いざというとき安心です。

家にあるもので簡単にできる「防災リュック」、ぜひ作ってみてくださいね。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


2019年02月15日 (金)

2/15放送「ごごナマ」レシピ

ボルサリーノ関の「まごころ旬ごはん」

白菜の丸ごとしょうが焼き

切って、焼いて、蒸すだけの簡単レシピ。白菜が主役の一品です。

<材料>2人分
白菜 1/4個(500g)
豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 150g
酒 大さじ2
サラダ油 適量

【たれ】
ポン酢しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうが(すりおろす) 大さじ1

<つくり方>
① 白菜を縦に2等分する。
② 白菜の葉の間に豚バラ肉をはさむ。
③ フライパンにサラダ油をひき、軽く焼き色がつくまで両面を強火で焼く。
④ 酒をふりかけ、ふたをして弱火で10分間ほど蒸し焼きにする。
⑤ 【たれ】の調味料を合わせて④に入れ、たれをからめながら焼く。
⑥ 器に盛り、根元の芯の部分を切る。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:30 | カテゴリ: | 固定リンク


2019年02月09日 (土)

親子で挑め!"習い事"新時代

きわめびと おおた としまささんのワンポイント
大切なことは、習い事で“何を学ぶのか”


18167-pool.jpg習い事で、わが子を応援したい。でも、いろんな悩みがありますよね。「何を選べばいいのか、わからない」「経済的に負担が大きい」「送り迎えが大変」「辞めどきが、わからない」など。
そこで、今回のきわめびと、育児・教育ジャーナリストのおおた としまささんに、子どもの習い事に迷わない極意を伝授してもらいました。

18167-kiwamebito.jpg

 

◆極意「家庭の事情に合わせて選ぼう」

おおたさんは、習い事を選ぶときに指標となる「5つのポイント」をあげてくれました。これらを吟味して、それぞれの家庭に合った習い事を選びましょう。

18167sihyou.jpg①本気度:プロを目指すのか?それとも、経験を積ませる程度なのか?それによって、入会させる教室やチームのレベルが変わる。
②お金:どの程度まで習い事に費用をかけられるかを吟味。
③時間の拘束:送り迎えに時間がかかる、また、振り替えができない、など融通がきかない習い事は親の拘束時間が長くなり、大変に。特に、共働きの家庭などは慎重に吟味。
④指導者の経歴:プロ級のレベルを求めるのか、地域のボランティアなどそれほど高いレベルを求めないのか、目標の高さによって、選択。高いレベルを求めるなら、指導者の経歴や指導方法など、事前のリサーチを綿密に。
⑤子どもの性格:気が強い子どもならば、大人数の教室やチーム、厳しく競い合う競技なども大丈夫。おとなしい性格の子どもならば、少人数の教室やチーム、あまり競争を求められないものにするなど配慮。

◆極意「自分の時代とは違うと心得よ」

2020年度から教育改革が本格的に始まり、教育方針が大きく変わります。その流れに対応した習い事が生まれています。どのように教育方針が変わるのかチェックして、その上で、子どもは何を学ぶとよいのか、親子で考えることが必要になるかもしれません。

18167-kyouikukaikaku.jpg

おおたさんは言います。「習い事によって得られるスキルそのものよりも、何かに夢中になって、達成感を味わって、時には挫折も味わいながら、それを乗り越えていく体験を積んでいくことが大事」

習い事の新時代。親子で一緒に挑んでいきましょう!

 

 

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


2019年02月02日 (土)

知って安心!相続の"新ルール"

きわめびと 今村仁さんのワンポイント

“新ルール”は、もめない相続のための最後の“とりで”

18166-souzoku-hanasiai.jpg相続の法律が、およそ40年ぶりの改正となります。(2019年1月から順次)なかでも、これまで、もめ事になるケースが多かった、「家」と「いわゆる“嫁”の介護」にまつわる問題に、新しいルールが新設されます。

 18166-kiwamebito.jpg今回のきわめびとは、税理士として、数々の相続問題を解決してきた今村 仁(いまむら・ひとし)さん。相続の“新しいルール”をわかりやすく解説してくれました。

改正のポイントは2つ。

①「特別寄与料」を請求できる

②「配偶者居住権」の新設

 

①「特別寄与料」を請求できる

例えば、介護していた義理の父親が亡くなっても、法律上、いわゆる“嫁”は相続する権利がありません。
しかし、今年の7月からは「特別寄与料」として、嫁は介護の貢献分を金銭で相続人に請求することができるようになります。

もし、介護のために、年間100万円の収入があった仕事を2年間休職した場合、200万円を請求できるだけの貢献をしたと数字を引き出すことができます。

この権利を有効に使うために、役立つことがあります。それは、介護の実績を残すこと。

・介護日誌を記して、関係者に読んでもらう

・介護業者とのメール、紙おむつ・交通費などのレシートを残しておいて、提示する

 

②「配偶者居住権」の新設

例えば、配偶者(夫や妻)が亡くなって相続が発生したとき、子どもが法定相続にこだわった結果、遺産を現金にする必要があり、自宅を売却することになるケースが多くありました。

そこで、来年の4月からは、「配偶者居住権」を使うことで、自宅に住み続けることができるようになります。

子どもたちには、法定相続の金額に見合う家の「所有権」を与えられますが、親が自宅に住み続ける以上、売ることは難しくなります。

この権利を使うためにやっておくべきことがあります。

・遺言書に、自分が死んだ後も、配偶者(夫や妻)が住み続けることを書いてもらう

・遺産分割協議で、他の相続人に、自宅に住み続けることを認めてもらう

これらのいずれかをやっておくことで、配偶者居住権を使いやすくなります。

 

きわめびとの今村さんは、言います。

「「特別寄与料」の請求も、「配偶者居住権」も、その権利を使うのは、最後の“とりで”。そうならないために、譲る気持ちも持ち合わせて、もめない相続にすること。そして、生前に自分の死後に遺産をどうしたいか、しっかりと伝えておくことが大事。」

もめることなく、安心できる相続にするために、日頃からの親子のコミュニケーションを大切にしたいですね。




投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー


RSS

page top