2017年12月

2017年12月23日 (土)

終活をサポート!エンディングノートのススメ

きわめびと 武藤頼胡さんのワンポイント  エンディングノートは“未来に向けてのノート”

17129-kiwamebito.jpg17129-note.jpgいま人生の終え方について準備する「終活」に関心が集まっています。その時役立つのが「エンディングノート」。財産、人生の振り返り、葬儀、お墓の希望などを記します。でも、死んだ後のことをどのように書けばいいのか、ましてや、親にどうすすめればいいのか、難しいですよね。
今回は、終活カウンセラー協会代表理事の武藤頼胡(むとう・よりこ)さんに、エンディングノートの書き方、親に書いてもらう方法を教えてもらいました。


17129-oyako.jpgエンディングノートに書く項目は多岐にわたります。持病、介護の希望、親戚、今までお世話になった人、銀行口座・クレジットカード・不動産などの財産、これからどこでどうやって過ごしていきたいか、葬儀やお墓の希望などなど。武藤さんは、これらの項目を、「現在」「過去」「未来」に分けて考えると書きやすくなるとすすめます。
なかでも武藤さんは、「未来」を書く大切さを強調します。過去と現在をきちんと整理することで、家族にどんなものを引き継いでもらえばいいのかがわかって安心できたり、これからの人生をどう生きるかを積極的に考えられるようになるといいます。
そして、親にエンディングノートを書くことをすすめるには、一緒になっていろんな話を深く聞いてあげることが大事です。年賀状や古いアルバムをきっかけにすると、日頃の暮らしぶりがわかったり、お世話になった人やこれまで交流があった人などを知ることができます。そして、何よりも、まずは自分のエンディングノートを書いて親に見せると、エンディングノートの大切さが伝わり、説得力をもってすすめることができますね。

年末年始、家族が集まる機会が多いこの時期、親子で思い出話をしながら、エンディングノートについて話してみるのもいいですよね。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


2017年12月16日 (土)

おいしい!栄養満点!電子レンジ料理術

きわめびと 村上祥子さんのワンポイント 電子レンジで栄養バランスのある食事をとろう!

17127-kiwamebito.jpg毎日の食事、面倒になることありますよね。そこで、ついつい簡単な麺類などですましがちですが、栄養バランスがかたよってしまいます。

そこで今回、料理界のレジェンド、75歳で現役バリバリの村上祥子(むらかみ・さちこ)さんが、簡単、おいしい、しかも、栄養満点の料理術を伝授してくれました。その秘密兵器とは、「電子レンジ」。ちょっと大きめのマグカップに具材を入れてチンするだけで、カレー、さばの味噌煮、肉じゃがなど、さまざまな家庭料理ができあがり。一人分でも大丈夫です。

おいしくて、栄養満点な電子レンジ料理術で、楽しい食生活を送りましょう!

 

<番組で紹介した料理の材料と作り方>

さばのみそ煮

17127-sabamiso.jpg【材料】1人分
さば(三枚におろしたもの)    100g
(A)
みそ    大さじ1
砂糖    大さじ1
酒    大さじ1
水    大さじ1

【作り方】
1)さばを3つに切り、皮の中央に切り目を1本入れる。
2)マグカップに(A)を入れて、なめらかになるまで混ぜたあと、たれをよくからめながら、さばを一切れずつ入れ、落としぶたの代わりにラップをのせる。
3)電子レンジ(600W)に2分間かける。
※電子レンジは、500Wでは1.2倍の時間、700Wでは0.8倍の時間で計算します。(他の料理も同様)

 

肉じゃが

17127-nikujaga.JPG【材料】1人分
牛肉(切り落とし)    100g(3~4㎝幅に切る)
じゃがいも    (小)1コ(100g)
(A)
しょうゆ    大さじ1
砂糖    大さじ1
酒    大さじ1
ごま油    小さじ1

【作り方】
1)マグカップに(A)を入れ、牛肉を加えて調味料をよくからめる。
2)食べやすい大きさに切ったじゃがいもを加えて混ぜる。
3)電子レンジ(600W)に6分間かける。


ポークカレー


17127-porkcurry.JPG【材料】1人分

豚薄切り肉    60g(3~4㎝幅に切る)
じゃがいも    1/3コ(30g)
たまねぎ    1/6コ(30g)
にんじん    3㎝分(30g)
カレーのルー    1皿分(刻む)
水    150ml

【作り方】
1)大きめのマグカップに食べやすい大きさに切った野菜と豚肉を入れて水を注ぐ。
  ※大きめのマグカップがなければ、耐熱容器でもよい。
2)豚肉をほぐすように軽く混ぜたあと、カレーのルーをのせる。
3)受け皿にのせて電子レンジ(600W)に8分間かける。
4)ルーが溶けるように軽く混ぜたあと、ご飯にかける。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


2017年12月09日 (土)

あなたにピッタリの暖房器具を見つけよう!

きわめびと 藤山哲人さんのワンポイント 暖房器具の特徴を知って、自分に合うものを選ぼう!

17126-kiwamebito.jpgたくさんの種類がある暖房器具。どれが暖かくて、どれが光熱費がかからないのか、悩みますよね。そこで、家電研究一筋のきわめびと・藤山哲人(ふじやま・てつひと)さんが、「光熱費」「快適性」「乾燥」という気になる3つのポイントについて、メリット・デメリットを徹底検証してくれました。


17125-hyo.png■気になるポイント①光熱費
 暖房器具は、熱の作り方で3タイプに分かれ、それぞれのタイプによって、光熱費が変わります。
①    燃料を「燃やす」タイプ・・・石油・ガスストーブ など
②    「電気を熱に」変えるタイプ・・・電気ストーブ、こたつ、オイルヒーター など
③    気体を圧縮したときに発生する熱を利用する「圧縮・膨張」タイプ・・・エアコン など

実は、「圧縮・膨張」が、この中で一番効率よく熱を作っていて、光熱費が最も安いんです。(※古い製造年の機種は当てはまりません)

■気になるポイント②乾燥
 暖房すると空気が乾燥するのは、ある法則があるからです。それは「温度が上がると、湿度が下がる」。
 しかし、例外があります。それが、「燃やす」タイプ。燃料が燃えるときに水蒸気が作られるので、加湿され、乾燥しにくいのです。

■気になるポイント③快適性
暖房器具の熱の伝わり方も3タイプあります。
①    直接触れてほんわか暖める「肌のぬくもり」タイプ・・・床暖房、ホットカーペット など
②    暖かい風が気持ちいい「南風」タイプ・・・エアコン、ファンヒーター など
③    赤外線で暖めてくれるギラギラ「太陽」タイプ・・・電気ストーブ、こたつ など
   
暖房器具のメリット・デメリットを理解して、あなたにピッタリの暖房器具を見つけましょう!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー


RSS

page top