2018年01月27日 (土)

今からできる!空き巣対策(アンコール放送)

きわめびと 梅本正行さんのワンポイント “5分間を耐えるべし”

17122-kiwamebito.jpg空き巣などの侵入窃盗は、12分に1件のペースで発生しています。

防犯対策に携わって50年、8千件以上の侵入窃盗の被害現場を検証してきた今回のきわめびと、梅本正行(うめもと・まさゆき)さんは、もし空き巣に狙われた場合、大切な極意は“5分間を耐えるべし”と言います。実際に、侵入窃盗犯を対象に行った調査では、5分以内に侵入できなければ、約7割が「犯行をあきらめる」という報告もあります。

<今からできる“5分間を耐えられる空き巣対策”>
●フェンス(塀)には、基礎部分との間に隙間がありますが、犯人が足をかけて乗り越えにくくするために、隙間を狭くすると侵入されにくくなります。
●窓の下に置いてあるエアコンの室外機は、空き巣にとって格好の足場になります。簡単に侵入させないために、エアコンの室外機や物置、脚立などを窓の下に不用意に置かないようにしましょう。
●窓ガラスに、防犯フィルムを貼れば、工具で窓を割ろうとしても、攻撃に耐えられやすくなります。
●頑丈そうに見える窓の格子も、ドライバー1本で簡単に外せてしまうことがあります。多くのビスで固定された防犯効果の高い格子に替えることで、侵入に時間をかけさせることができ、防犯効果があります。

いつ忍び込んでくるかもしれない空き巣。自分ができる対策を行い、日頃から心構えをしておくようにしましょう。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー


RSS

page top