2017年02月18日 (土)

利休におまかせ!リビング改造大作戦

きわめびと 茶人 千利休/松村宗亮(まつむら・そうりょう)さん

81kiwamebito1.jpg今回のきわめびとは、茶人・千利休。茶道の基礎を作り上げた人物です。争いが絶えない戦国時代、織田信長や豊臣秀吉につかえ、「茶室」を活用しながらスムーズな外交や密談にも貢献したといいます。今回はそんな茶室に秘められた極意が飛び出します!利休に代わって極意を教えてくれるのは、茶人・松村宗亮さん。これまで50か国以上、5千人に茶室の魅力を伝えてきました。

お悩み 会話が弾む リビングルームにしたい!

 
081onayami1.jpgお悩みさんは、埼玉県にお住まいの幸子さん(37)。夫と3歳の娘、2歳の息子の4人家族。35年のマイホームのローン返済に向け、夫婦共に働いています。忙しい日々を送る中、せめて夫婦が一緒にいられる夕食時は楽しく会話がしたい!と願っているものの、夫の仕事の愚痴のせいで、会話が弾まずケンカばかり。そこで、今回は気分一新、茶室に隠された「会話を生む極意」によって、部屋の“模様替え”に取り組みます。果たして、きわめびとは夫婦の悩みを解決することができるのでしょうか?

きわめびとの極意①
引き算で作る“ゆとり”が会話を生む

081gokuidenju1.jpg081otto1.jpg「会話のきっかけ作り」のため、写真やキャラクターグッズなど部屋のそこら中に「モノ」を飾っていた幸子さん。きわめびとは、そうした部屋にあふれた「モノ」が会話を生む役割を全く果たしていないことに目を付けます。「モノ」が多すぎるとかえって何を見せたいのかわからなくなるため、飾りたいものを「ひとつに絞る」ことで、心にゆとりが生まれ会話につながると言います。
 そこで、部屋中に飾っていた「写真」をひとつに絞り、テーブルを床の間に見立て写真を飾ってみると、これまでには見られなかった夫の興味をひき、会話のきっかけを作り出すことに成功しました。

きわめびとの極意②
100円ショップやホームセンターのお手軽グッズで
自宅がお茶室に大変身!

★テーブルや壁を「床の間」

【テーブルの場合】
81tokonoma1.jpg81tokonoma2.jpg黒い和紙をテーブルに敷き、写真や絵など、一番見せたいものだけをチョイスし、お好みの場所に置いて「掛け軸」にみたてる。上から透明のテーブルシートを敷いて完成。子どもの成長にあわせて写真を替えていくと、会話のきっかけが生まれやすくなる。

【壁の場合】

81masukingtape1.jpgmasukingtape2.jpgお好みのマスキングテープで「囲い」を作り、写真や絵などを飾る。
「囲う」ことで視線が集まり、そこが特別な空間に!

 

★気持ちを切り替えるための「仕切り」作り
 
【ブラインド】
目線をさえぎることで、他の空間との「仕切り」を作り出す
81blind1.jpg81blind2.jpg
【ユニット畳】

一面にカーペットが敷かれた床にユニット畳を敷くだけで、そこが特別空間に!
tatami1.jpgtatami3.jpg                           Before                                                                                     After

★和紙で心安らぐ光の演出を!

照明器具にお好みのカラー和紙を巻き付るだけで、優しい光を生み出せる

81washi-shoumei1.jpg81washi-shoumei2.jpg

 注意:白熱灯は火災につながりますので使用は避けてください。

 

おすすめ!簡単に作れる「和紙ランプシェード」の作り方

ranp-shade2.jpg①和紙を水でぬらして、細かくちぎり、風船の周りにはり付ける
 (このとき、「水のり」を使って和紙をはり付けると、より固まりやすくなります)

 

 

 

ranp-shade3.jpg

②1~2日ほど置いて和紙を乾かしたら、針で風船を割って取り出す

 

 

 

 

ranp-shade4.jpg③中に電球を入れて出来上がり
(和紙は熱によって燃えることもあるので、長時間の使用は控えてください。特に白熱灯など発熱しやすい電球の使用は避けてください。)

 

 

一柳アナの収録こぼれ話

居心地の良い空間

81studio1.jpgめでたしめでたし!いや~ホッとしました。
まさか、番組ロケが愚痴の原因になっていたとは思いもせず…
幸子さん、夫の淳さん、すみませんでした!!

さすがに初めてロケのVTRを観せてもらった時は、
今回は、すっきり解決!とまではいかなくても
少し明るい気持ちを取り戻してもらえれば…(きわめびと、ごめんなさい!)
と思ってしまいましたが、きわめびと・松村さんの笑顔とお茶になごまされ、
お悩みさんご夫婦の固まっていた心も徐々にほぐれ…
予算20000円余りのリビング大改造で、お見事!楽しい会話が戻りました!
お金をかけなくても、アイデア次第で改造は可能なんですね。
家族会議をして、あーでもない、こーでもない…
そんな時間を持つのも楽しいかもしれませんね!

今回は改めて居心地の良い空間が持つ力を感じました。
体を休めるだけでなく心が休まる家。大切ですね。

その他、「コミュニケーション」のお悩みはこちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:50


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー


RSS

page top