2016年09月10日 (土)

合気道に学ぶ争わない"チカラ"

きわめびと 心身統一合氣道会会長 藤平信一さん

kiwamebito1.jpg大学では生命のメカニズムを学んだ藤平さん。大リーガーなどのアスリートはもちろん、最近では組織の人間関係に悩む経営者など、一見、合気道とは無縁の人たちへの指導が絶えません。その理由は、合気道の鍛錬に欠かせない「心を静める」稽古法にありました。心を静め、争わない“チカラ”を育むことによって、“人に何か言われるとすぐカッとなって言い返してしまう”といったイライラが抑えられ、コミュニケーション力をアップさせることができるのです。そこで、世界24カ国3万人の弟子を持つ合気道の達人、藤平信一さんが、ケンカの絶えない女芸人トリオに伝授する極意とは!?

お悩み

onayami3.jpg今回のお悩みさんは、結成4年目の売れない女芸人トリオ「ぷらんくしょん」。ツッコミ担当の扇谷(24)とボケ担当の川口(25)、アメリカ人のラティーン(25)は2年前、所属先のプロダクションを首になり、その後も活動を続けるもケンカが絶えません。トリオの中で自分が一番面白いと思っている川口さんは、ネタの打ち合わせ中も、扇谷とラティーンの意見に聞く耳持たず。一方、2人は自分の我を押し通す川口さんに反感を抱き続けています。このままでは空中分解寸前!?「争わない武道」と言われる合気道の極意で3人の関係は修復できるのでしょうか?

きわめびとの目のつけどころ
力に力で対抗するのではなく、相手を導き動かす

aitewomichibiku1.jpgonayami4.jpg

「ぷらんくしょん」のネタ合わせを観察したきわめびとが気になったのは、「刺激に対して無条件に、無意識のに反応している」こと。相方の意見をすぐに否定する川口さんのイライラした態度でした。そこで企画したのが、2泊3日の合気道合宿。合気道の組み技の稽古を通して、力に頼らずに相手と一体になって一緒に動く感覚を覚え、争わない“チカラ”を身につけてもらうという作戦でした。スムーズに技をこなす扇谷とラティーンに対して、苦戦していたのが川口さん。自分の思い通りに動かしたいと、力づくで投げようとするあまり、目の前の相手が見えなくなっていたのです。

きわめびとの極意
 意識を下腹に下げて「心を静める」

kumiwaza1.jpg川口さんが争わない“チカラ”を身につけるためには、まず自分の“心を静める”方法を知る必要があると判断したきわめびと。そのために最も大切なのが、意識の置き所でした。心が静まっている時は私たちの意識は下腹に静まっています。それに対して怒ったとき、緊張したときなどは、意識が上がってしまいます。そういう時は心も上ずってしまうと言うのです。初日の組み技では相手を力づくで動かそうとしていた川口さん。合宿最終日に再度チャレンジします。心を静める方法をきわめびとから学んだ川口さん。相手を導き動かす、争わない“チカラ”の極意を身につけることができるのでしょうか?

*合気道は、武道家の植芝盛平(1883-1969)が始めた武道として、広く知られています。
現在では、植芝盛平に学んだ弟子などが様々な流派を設立し、合気道の普及に励んでいます。
その一つが、植芝から学んだ藤平光一(今回のきわめびと・藤平信一さんの父)が創始した「心身統一合氣道」です。

番組で紹介した「心を静めるための“姿勢”」のやり方

66-shisei-01.jpg(1) つま先立ちをして、かかとを静かにおろす。すると、体のよけいな力みが抜ける。

(2) 下腹に力を入れて、力が入らない位置を指先で触れて確認する。この場所を臍下(せいか)の一点という。

(3) 姿勢を整え、この臍下(せいか)の一点まで意識が下がれば、心を静めることができる。

66-shisei-02.jpg66-shisei-03.jpg

番組で紹介した「心を静めるための“呼吸法”」のやり方

66-kokyu-01.jpg(1) 臍下(せいか)の一点に心を静めて、息を吐く。
(2) 口は「あいうえお」の「あ」の形。 音を出さずに「ハァ~」という静かな音で吐く。
(3) 吐き終わりが近づくにつれて、息が少なくなり、静かになるのを感じ取る。

一柳アナの収録こぼれ話

導いたら動かせる

66-ichiyanagi1.jpgどんなに仲が良くても、わかりあえていると思っている人同士でも
それぞれ別の人格を持つ人間です。十人十色。
きっと、それだからおもしろい。でも、上手くいかなくて悩む…堂々巡りですね(笑)
だからこそ、対抗してはいけなくて、相手を導き、包みこんでいく
人間の器も必要になってくるんですよね。
気をつけの姿勢が、より意識をあげてしまうことや、
深呼吸をすることで、実は呼吸も気持ちも上ずってしまうとは。。。
良かれと思ってやっている事も、時と場合によっては…ということですね。
今回の極意も、決して合気道をするという事ではなく、
日常生活の中で簡単に取り入れられるものばかりです。
家庭でイライラした時、学校や職場でイライラした時…
導きながら相手を動かして、円滑な人間関係を保ちたいですね。
お悩みを寄せてくださった「ぷらんくしょん」の3人のこれからが楽しみです!

そのほか、「コミュニケーション」のお悩みはこちら

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:50


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS

page top