2015年10月10日 (土)

マニュアル人間を卒業したい 後編

きわめびと 戸高雅史さん

020-kiwamebito.jpg

電気もガスも無い厳しい自然環境のもと、自らの知恵や工夫で困難な状況を乗り切り、臨機応変さや生きる力を養う「冒険教育」。その先駆けとして知られる冒険家の戸高雅史さん。前編では2泊3日の冒険キャンプで健二さんの本来の感情をよみがえらせたかに見えましたが、あえなく失敗。そして最後に戸高さんが授ける極意とは ?

  

お悩み 

020-onayami.jpg

「マニュアルに頼り過ぎ、仕事も婚活も上手くいかない!」とお悩みを寄せてくれたのは、北海道で薬剤師として働く健二さん。いつしかマニュアルに縛られすぎ、自分の感情すらもわからなくなってしまいました。前編では「大滝への飛び込み」で自分の感情を素直に表現するも、夜にはまた感情をふさぎ込んでしまった健二さん。果たして、マニュアルに頼ることなく、自分を取り戻すことができるのでしょうか?

 

きわめびとの目のつけどころ
「心の傷」

020-menotsukedokoro.jpg

健二さんが感情を表に出さなくなったのは社会人になって間もなく、仕事でうまくいかない事があり、自信を無くしてしまってから。一方、きわめびと・戸高さんも探検部の主将を務めていた学生時代、事故で部員を亡くしてから、山に登る喜びや楽しさを感じられなくなっていったと言います。二人に共通する「心の傷」。感情を呼び戻すための戸高さんの極意とは?

 

きわめびとの極意
「沸き起こる一瞬の感情に素直であれ」

020-gokui-1.jpg

仕事の失敗から自信を持てなくなり、マニュアルに的確な答えを求めるようになっていった健二さん。そこで戸高さんが冒険キャンプの最後にいざなったのは一瞬一瞬の判断が重要な「沢登り」。自分が感じたことや思ったことをふさぎ込んでしまう健二さんに、その場で感じたままのアクションを起こし、成功する喜びを体感させようと試みます。見事、登り切った健二さんは、自らの感情に素直な言動をするように!

020-gokui-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

一柳アナの収録こぼれ話

心の殻を破って!

020-ichiyanagi.jpg 健二さん、収録の最後に「マニュアルとかに頼らなくても大丈夫な気がしました!」と私たちに言ってくれました。

思わずガッツポーズです!!
だって、婚活パーティーで「寒くないですか?」を連発していたあの健二さんがですよ!
キャンプなのに、スーツで登場した健二さんがですよ!
冒険を終えて臨んだ婚活で、ハプニングにも動じず、あれだけトークができるとは…
もはや、健二さん、実は最初から出来たんじゃないの!?と思ってしまうほどです(笑)
 
そして、5年間、毎日同じメニューだったお昼にも変化が!
「食事は胃に物を入れる感覚」でしかなかった健二さんが、
仕事で忙しいにも関わらず、旬の野菜を入れたお弁当を作るようになったなんて…
一気に女子力(?)も高まってます!
しかも、料理本(マニュアル)も見ずに作っているそうです。
失敗する事もあるそうですが、自分の感覚で作る事を楽しめているようでした。
きわめびと・戸高さんも、健二さんの劇的な成長?変化?に感動なさっていましたが、
「自分の感覚に素直に従う」という事は、自分自身の選択に自信がないとできません。
簡単なようで、なかなか難しいですが…
もう健二さんは自分の感覚に自信を持っていいという事ですよね、戸高さん!
健二さん、マニュアル人間卒業、おめでとうございます!!
 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:50


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー


RSS

page top