2019年02月15日 (金)

2/15放送「ごごナマ」レシピ

ボルサリーノ関の「まごころ旬ごはん」

白菜の丸ごとしょうが焼き

切って、焼いて、蒸すだけの簡単レシピ。白菜が主役の一品です。

<材料>2人分
白菜 1/4個(500g)
豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 150g
酒 大さじ2
サラダ油 適量

【たれ】
ポン酢しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうが(すりおろす) 大さじ1

<つくり方>
① 白菜を縦に2等分する。
② 白菜の葉の間に豚バラ肉をはさむ。
③ フライパンにサラダ油をひき、軽く焼き色がつくまで両面を強火で焼く。
④ 酒をふりかけ、ふたをして弱火で10分間ほど蒸し焼きにする。
⑤ 【たれ】の調味料を合わせて④に入れ、たれをからめながら焼く。
⑥ 器に盛り、根元の芯の部分を切る。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:30 | 固定リンク


  
2019年02月09日 (土)

親子で挑め!"習い事"新時代

きわめびと おおた としまささんのワンポイント
大切なことは、習い事で“何を学ぶのか”


18167-pool.jpg習い事で、わが子を応援したい。でも、いろんな悩みがありますよね。「何を選べばいいのか、わからない」「経済的に負担が大きい」「送り迎えが大変」「辞めどきが、わからない」など。
そこで、今回のきわめびと、育児・教育ジャーナリストのおおた としまささんに、子どもの習い事に迷わない極意を伝授してもらいました。

18167-kiwamebito.jpg

 

◆極意「家庭の事情に合わせて選ぼう」

おおたさんは、習い事を選ぶときに指標となる「5つのポイント」をあげてくれました。これらを吟味して、それぞれの家庭に合った習い事を選びましょう。

18167sihyou.jpg①本気度:プロを目指すのか?それとも、経験を積ませる程度なのか?それによって、入会させる教室やチームのレベルが変わる。
②お金:どの程度まで習い事に費用をかけられるかを吟味。
③時間の拘束:送り迎えに時間がかかる、また、振り替えができない、など融通がきかない習い事は親の拘束時間が長くなり、大変に。特に、共働きの家庭などは慎重に吟味。
④指導者の経歴:プロ級のレベルを求めるのか、地域のボランティアなどそれほど高いレベルを求めないのか、目標の高さによって、選択。高いレベルを求めるなら、指導者の経歴や指導方法など、事前のリサーチを綿密に。
⑤子どもの性格:気が強い子どもならば、大人数の教室やチーム、厳しく競い合う競技なども大丈夫。おとなしい性格の子どもならば、少人数の教室やチーム、あまり競争を求められないものにするなど配慮。

◆極意「自分の時代とは違うと心得よ」

2020年度から教育改革が本格的に始まり、教育方針が大きく変わります。その流れに対応した習い事が生まれています。どのように教育方針が変わるのかチェックして、その上で、子どもは何を学ぶとよいのか、親子で考えることが必要になるかもしれません。

18167-kyouikukaikaku.jpg

おおたさんは言います。「習い事によって得られるスキルそのものよりも、何かに夢中になって、達成感を味わって、時には挫折も味わいながら、それを乗り越えていく体験を積んでいくことが大事」

習い事の新時代。親子で一緒に挑んでいきましょう!

 

 

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


  
2019年02月02日 (土)

知って安心!相続の"新ルール"

きわめびと 今村仁さんのワンポイント

“新ルール”は、もめない相続のための最後の“とりで”

18166-souzoku-hanasiai.jpg相続の法律が、およそ40年ぶりの改正となります。(2019年1月から順次)なかでも、これまで、もめ事になるケースが多かった、「家」と「いわゆる“嫁”の介護」にまつわる問題に、新しいルールが新設されます。

 18166-kiwamebito.jpg今回のきわめびとは、税理士として、数々の相続問題を解決してきた今村 仁(いまむら・ひとし)さん。相続の“新しいルール”をわかりやすく解説してくれました。

改正のポイントは2つ。

①「特別寄与料」を請求できる

②「配偶者居住権」の新設

 

①「特別寄与料」を請求できる

例えば、介護していた義理の父親が亡くなっても、法律上、いわゆる“嫁”は相続する権利がありません。
しかし、今年の7月からは「特別寄与料」として、嫁は介護の貢献分を金銭で相続人に請求することができるようになります。

もし、介護のために、年間100万円の収入があった仕事を2年間休職した場合、200万円を請求できるだけの貢献をしたと数字を引き出すことができます。

この権利を有効に使うために、役立つことがあります。それは、介護の実績を残すこと。

・介護日誌を記して、関係者に読んでもらう

・介護業者とのメール、紙おむつ・交通費などのレシートを残しておいて、提示する

 

②「配偶者居住権」の新設

例えば、配偶者(夫や妻)が亡くなって相続が発生したとき、子どもが法定相続にこだわった結果、遺産を現金にする必要があり、自宅を売却することになるケースが多くありました。

そこで、来年の4月からは、「配偶者居住権」を使うことで、自宅に住み続けることができるようになります。

子どもたちには、法定相続の金額に見合う家の「所有権」を与えられますが、親が自宅に住み続ける以上、売ることは難しくなります。

この権利を使うためにやっておくべきことがあります。

・遺言書に、自分が死んだ後も、配偶者(夫や妻)が住み続けることを書いてもらう

・遺産分割協議で、他の相続人に、自宅に住み続けることを認めてもらう

これらのいずれかをやっておくことで、配偶者居住権を使いやすくなります。

 

きわめびとの今村さんは、言います。

「「特別寄与料」の請求も、「配偶者居住権」も、その権利を使うのは、最後の“とりで”。そうならないために、譲る気持ちも持ち合わせて、もめない相続にすること。そして、生前に自分の死後に遺産をどうしたいか、しっかりと伝えておくことが大事。」

もめることなく、安心できる相続にするために、日頃からの親子のコミュニケーションを大切にしたいですね。




投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


  
2019年01月26日 (土)

アンコール放送 健康・美ボディーを手に入れよう!たるみ解消エクササイズ

きわめびと 中村格子さんのワンポイント
たるみ解消には「抗重力筋」を鍛えよう!

18155-kiwamebito.jpg年をとると、いつの間にか、体のあちこちについてしまう「たるみ」。
太るとつくと思いがちな「たるみ」ですが、実は、その原因は、筋肉の衰えなんです。
だから、痩せている人でも油断は禁物。しかも、そのまま放っておくと、筋肉がますます衰えて、歩く、立つが難しくなり、将来、寝たきりになるリスクも高まるのです。そこで、きわめびと・整形外科医の中村格子(なかむら・かくこ)さんが、「たるみ解消エクササイズ」を伝授!正しい姿勢を維持する「抗重力筋(こうじゅうりょくきん)」に注目し、無理なく、短期間でたるみを解消する方法を教えてくれます。

「抗重力筋」は、文字通り、重力にあらがい、体を支えることで、正しい姿勢を保つ筋肉。これが衰えると、体を支えきれなくなり、姿勢が崩れ、たるみがつきやすくなります。
だから、たるみをなくすには、「抗重力筋」を鍛えるのが一番の近道。「抗重力筋」をダイレクトに効率よく鍛える“きわめびと流エクササイズ”で「おなか」「お尻」「二の腕」の3大たるみを解消しましょう!

【おなかのたるみ解消エクササイズ】

■ツンツン背伸び

tsuntsun2.jpgおなかと背中にある抗重力筋の「腹斜筋(ふくしゃきん)」「腹横筋(ふくおうきん)」「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)」「広背筋(こうはいきん)」に効果!

<やり方>
①かかとをつけて立つ
②おなかを引っ込める
③お尻に力を入れてつま先立ち
④両手を上にあげてツンと背伸び
⑤息を吐きながら上半身を横に倒す
⑥息を吸いながら元に戻す
※左右10回ずつが目安

 

■太もも・かかとアップ

tsuntsun4.jpg

脚の付け根の「腸腰筋(ちょうようきん)」に効果!

<やり方>
①椅子に浅く座り、背筋を伸ばす
②両手を腰に当て、おなかを引き込む
③太ももから持ち上げるイメージで、かかとを上げる
※10回が目安


【お尻のたるみ解消エクササイズ

■ツンツン脚そらし

tsuntsun5.jpgお尻にある「大臀筋(だいでんきん)」に効果!

<やり方>
①まっすぐ立ち、右脚を後ろに1歩引く
②右脚のかかとを上げ、ひざを外に向ける
③おしりの筋肉に力をこめる
④同様に左脚でも行う
※左右10回ずつが目安


【二の腕のたるみ解消エクササイズ

■後ろ手ツンツン伸ばし

tsuntsun6.jpg二の腕にある「上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)」に効果!

<やり方>
①両足をそろえて立ち、両手を軽く腰に当てる
②肩甲骨を中央に引き寄せる
③肘を伸ばして、指先を後ろにツンと伸ばす
※10回が目安

■後ろ手ドアノブ回し

tsuntsun7.jpg後ろ手ツンツン伸ばしの上級者編!同じく「上腕三頭筋」に効果!

<やり方>
 「後ろ手ツンツン体操」の肘を伸ばした状態から、ドアノブを回すイメージで腕を肩からねじる
※外回し、内まわしを10回ずつが目安

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


  
2019年01月19日 (土)

アンコール放送 おやこで備えよう! 防災リュック作り

編成の都合上、アンコール放送「おやこで備えよう!防災リュック作り」は休止となりました。今後の放送については、未定です。放送を楽しみにされていた皆様、誠に申し訳ありません。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


  
2019年01月18日 (金)

1/18放送 「ごごナマ」レシピ

ボルサリーノ関の「まごころ旬ごはん」

和風マーボー大根

豆腐の代わりに大根を使ったマーボー料理です。

<材料>2人分
・大根  300g
・豚ひき肉  150g
・ミニトマト  6個
・ねぎ(みじん切り)  10㎝
・にんにく・しょうが(みじん切り)  各1かけ
・豆板醤(トーバンジャン)  小さじ1/2
・細ねぎ(小口切り)  適量
・ごま油  適量

【スープ】
・水  180ml
・酒・しょうゆ  各大さじ1
・顆粒(かりゅう)チキンスープの素(もと)(中国風)  小さじ1
・オイスターソース  小さじ1
・赤みそ  小さじ1

【水溶きかたくり粉】
・かたくり粉  大さじ1
・水  大さじ2

<つくり方>
① 大根の皮をむいて1.5㎝角に切る。ねぎ・にんにく・しょうがはみじん切り、細ねぎは小口切りにする。ミニトマトはヘタを取って縦半分に切る。
② 切った大根を耐熱容器に入れ、水大さじ1(分量外)をかけてラップをしたあと、電子レンジ(600W)に6分間かける。
  ※500Wは7分10秒、700Wは5分10秒
③ フライパンにごま油をひき、ねぎ・にんにく・しょうがを入れて炒め、香りが出たら豆板醤を加える。
④ 豚ひき肉を加えて炒め、肉の色が変わったら②を加える。
⑤ ④に【スープ】の材料をすべて加える。ひと煮立ちしたら水溶きかたくり粉でとろみをつけ、ミニトマトを加える。器に盛り、細ねぎを散らす。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:13:30 | 固定リンク


  
2019年01月12日 (土)

ぐっすり眠って スッキリ起きる!新常識の睡眠術

きわめびと白濱龍太郎さんのワンポイント
「深睡眠」を上手にとって、毎日を元気に過ごそう!

18159-kiwamebito.jpg十分な時間寝ても翌日だるさが残る、なかなか眠れずイライラ…。厚生労働省の調査では、日本の成人の2人に1人が、睡眠に何らかの悩みを抱えているとされます。ちまたでは睡眠に関する知識や対策があふれかえり、何を信じたらいいのか、混乱してしまいますよね。

そこで、今回は、学会の最新研究をもとに、“本当の睡眠”の正体を解き明かし、睡眠の新しい常識と対策を伝授!教えてくれるのは、睡眠に悩む1万人をこえる人たちを診察してきた、睡眠専門医の白濱龍太郎(しらはま・りゅうたろう)さん。白濱さんは、満足がいく睡眠をとるために欠かせないのが、「深睡眠」という最も深い眠りだといいます。この「深睡眠」をとることで、脳や体の疲れを取り除くことができるのです。さらに、この「深睡眠」は、眠りの前半にとれ、後半ではとりにくいことがわかってきました。

18159-shinsuimin-gurafu.jpgそこで、この「深睡眠」を取りやすくするためには、まず寝つきを良くすることが大切です。今回は、きわめびとが、寝る前、たった3分でできる『ぐっすりストレッチ』を教えてくれました。寝付きをよくするには、脳や消化管など体の内部の体温である「深部体温」を調整することが必要です。最近の研究では、深部体温が下がっていく時に眠気がでてきて、そのタイミングで寝ることができれば、「深睡眠」をとりやすくなることが分かってきました。

 

『ぐっすりストレッチ』

①就寝の90分前、お風呂でシャワーを首に当てながら(湯船につかりながらでもOK)、首をゆっくりともみほぐす。(深部体温があがる)1分ほど。

18159-kubi.jpg

 

②寝る直前、肩甲骨を意識しながら、腕を回す。(深部体温が上がる)。これも、1分ほど。


18159-kenkoukotsu.jpg

 

③布団に入ったら、深呼吸をしながら、足首を曲げのばし。(深部体温が下がる)これも、1分ほど。

18159-nemuru.jpg18159-ashi.jpgいずれも1分間ほどずつ、ゆっくり行いましょう。
①②で深部体温があがり、その後③で深部体温が下がる。その下降線の間が寝つきがよくなり、「深睡眠」に入りやすいとされます。

「深睡眠」を上手にとって、毎日を元気に過ごしましょう!

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


  
2019年01月05日 (土)

おいしい!健康! 発酵ライフのすすめ

きわめびと 小倉ヒラクさんのワンポイント

発酵食品は  “神様がもたらした奇跡”


18163-hakkou-maruchi.jpgみそ、しょうゆ、ヨーグルト、納豆など、毎日の食事に欠かせない発酵食品が、いま改めて注目されています。納豆の市場規模は、昨年、過去最大になり、甘酒の売り上げも、この3年で3倍に!女性誌では、発酵食品の健康や美肌効果が特集され、みそやこうじなどを家庭で手作りする人も増えています。

背景には、自然災害がつづいたことで、保存がきく発酵食品の需要が高まったり、おいしくて、体にいいという発酵食品の効果が見直されていることがあげられます。でも、何を食べれば体にいいの?自分で作る方法は?・・という声も。

 

18163-kiwamebito.jpgそこで、今回は、デザイナーのかたわら、発酵の研究や普及を行なっている、“発酵デザイナー”の小倉ヒラクさんをきわめびとに招き、発酵食品の魅力を伝えてもらいます。


<初めの一歩は “塩こうじ”>

18163-siokouji.jpg発酵食品を作るとなると「難しい」「面倒」と思いがち。そんな人におすすめするのが、肉が柔らかくなったり、うまみが増すと大人気の万能調味料 、“塩こうじ”。
作り方は簡単。材料を混ぜ合わせて、暖かい場所に置いておくだけ。べっ甲色になって、少し甘酸っぱい匂いがしてきたら完成。冷蔵庫に入れておけば、半年ほどは保存できます。
 
◆一般的な塩こうじの作り方◆
【材料】 塩…50g こうじ…100g 水…200g (割合 塩:1 こうじ:2 水:4)
【作り方】
1)材料をよく混ぜる
2)保存容器に移し、1日1回かき混ぜながら常温で発酵させる
  ※発酵期間は、冬は10~14日間、夏は7日間

 

<分解パワーで“うまみ”“栄養”アップ>

18163-bunnkai-norumaru.jpg

〇「うまみ」:こうじが持つ酵素で分解されることで、「甘み」と「うまみ」が生まれます。

〇「栄養」:分解によって、腸に吸収されやすくなるとともに、健康をサポートする物質が生み出されます。

18163-nattou-paneru.jpg18163-amazake-paneru.jpg

 

<日本は発酵の宝の山!>

18163-goishicha.jpg

全国には、その土地の風土や歴史から生まれた発酵食品があります。きわめびとの小倉さんは、現地に足を運び、レシピを収集するなど、地域の発酵食品を守り、伝えようとしています。

その中で、番組で紹介したのは、高知県だけで作られている「碁石茶(ごいしちゃ)」。茶葉を発酵させ、独特の味わいが楽しめます。

その他にも、小倉さんは、消えてしまった発酵食品を復活させるなどの取り組みを行っています。

小倉さんは言います。「発酵食品は、その土地の文化を表している。だから、その発酵食品が途絶えることは、その土地の文化や歴史が途絶えてしまう。だから、発酵文化を守り、伝えたい。」

“神様がもたらした奇跡”と小倉さんが表現する発酵食品。自分で作ったり、地域の発酵郷土料理を探したり、発酵ライフを楽しみながら、健康でキレイに毎日を過ごしましょう!

 

 

 

 

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


  
2018年12月22日 (土)

さらば!大掃除 片づけの習慣で毎日スッキリ!

きわめびと  小松易さんのワンポイント
片づけの習慣をつけて、毎日気持ちよく過ごそう!

18164-kiwamebito.jpg年末の大掃除。なかなか片づけられず、家の中がたくさんの物で散らかったまま、という家庭も多いのではないでしょうか。
今回のきわめびとは、オフィスや家庭で、延べ2万人近くに片づけの極意を伝えてきた、“かたづけ士”の小松易(こまつ・やすし)さん。
片づけの習慣が身につき、キレイを保てる小松さんの極意を学んで、おっくうな大掃除とおさらばしましょう!
 

<極意① 片づけの第一歩は「減らす」>

「片づけなきゃ!」と思ったら、とりあえず物をしまう、見えないところに隠す、ということをやりがち。しかし、それでは片づきません。
収納などに手を伸ばす前に、しっかり物を「減らす」ことが片づけの第一歩です。
整理の4つのステップ、「出す」「分ける」「減らす」「しまう」を実践することで、自分とって必要のない物を判断できるようになり、物を減らすことができます。
 18164-4step.jpg◆整理の4ステップ
「出す」:物をいったん全部出して、全体数を把握。片づけをしなくちゃいけない!と自分にスイッチを入れる。
「分ける」:ある期間を決め、その間、使ったか、使っていないかを思い返し、使っていない物は処分。15秒以上悩む物は保留。
「減らす」:捨てるのが基本。ただ、売ったり、寄付するなどの方法も活用し、とにかく物を手放す。
「しまう」:必要な物は、また元の場所に戻す。
 

自分には難しそうと思う人は、まず、財布で整理のトレーニングをすることから始めましょう。財布には、カードやレシートなど、たくさんの物が入っています。その中の物を、4つのステップで整理してみると、コツがつかめます。

18164-saifu.jpg

 

<極意② リバウンドは「置く」が分かれ道>

片づけてもリバウンドして、また散らかってしまうという人は、「置く」ことに無頓着で、物を放置しがち。

何か1つでも物が放置されると、それが「散らかりOKのサイン」となり、周りに物がたまっていってしまいます。

18164-chirakari.jpg
いろんな場所に置いてしまうバッグや、ついつい放置しがちな宅配便といったものにも、「定位置」を決め、そこに意識して「置く」ようにすることで、リバウンドを防ぐことができます。

18164-oku.jpg

 

<極意③ 自然と片づく習慣を身につける>
 18164-siito.jpg

キレイな状態を保つことに役立つのが、きわめびと考案の「片づけトレーニングシート」。
毎日1つだけ、これまでやりがちだった行動と逆の行動を決め、片づける訓練を3週間続けます。

例えば、バッグを放置してしまう行動をしてしまいがちであれば、バッグを定位置の棚に置く、という実践をつづけるのです。

ポイントは、1つずつ行う、簡単にできる行動にする、毎日する。1つの行動を確実にすることで、達成感や自信につながり、片づけの習慣を持続させることができます。



投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


  
2018年12月15日 (土)

焼き肉のおいしい焼き方 大全集!

きわめびと 小関尚紀さんのワンポイント
焼き方の極意を学べば、焼き肉は驚くほど おいしくなる!

18162-yakiniku.jpgおいしそうな肉。ところが、いざ焼いて食べようとすると、バラバラになったり、黒焦げになったり…。せっかくの肉を、台なしにしてしまうことって、ありますよね。

18162-kiwamebito.jpgそこで今回は、焼き方の失敗を防ぐとともに、驚くほどおいしくなる焼き方の極意を紹介。教えてくれるきわめびとは、週に2回は焼き肉店に通い、独自の焼き方を考案。ついには、焼き肉のノウハウを伝える本まで出した、サラリーマン作家の小関尚紀(こせき・なおき)さん。

今回は、小関さんの焼き肉の極意から2つを紹介します。

①「勝負は焼く前から!」

②「肉の種類で焼き分けろ!」

 

<極意①「勝負は焼く前から!」>

まずは、失敗しない焼き方。勝負は焼く前から始まっています。

▼焼き肉を置く場所は、火の強さに注意して、焼き加減にあわせて選ぼう。

(下記は、ガスコンロの火の強弱)

18162-hinotuyosa.jpg▼肉がくっつくのを防ぐには、焼き台全体に、レモンを塗ると効果的。

18162-remon.jpgまた、肉と焼き台の間にトングを差し込んで、何度かはわせる「トングクロール」を行う。

18162-tongkuroru.jpgそして、肉の表面に「汗」のように見える水分が出てきたら、ひっくり返すタイミング。見逃さないようにしよう。

 

<極意②「肉の種類で焼き分けろ!」>

肉の種類ごとに焼き方を変えていくと、それぞれの肉のうまみが引き出され、驚くほどおいしくなります。

◆ネギタン塩:「サンド焼き」

18162-sandoyaki.jpg肉でネギを包み込み、中火エリアで、外側はしっかり焼き、内側は蒸し焼きに。こうすると、ネギを落とさず、味わえる。

 

◆並カルビ:「ごっそりまとめ焼き」

18162-karubi.jpgごっそりと肉片を並べて火を通し、その後、優しく重ねて焼いていく。こうすることで、中の肉が蒸らされ、ふっくらした食感になる。

 

◆ハラミ:「六面体焼き」

18162-harami.jpgはじめに、強火エリアに、肉を3枚ほど置き、表・裏を焼く。その後、3枚をトングで重ねてつかみ、その六面を全て焼き上げ、肉汁を包囲して、うまみを閉じ込める。最後に、再びバラして、よく焼いて仕上げる。そうすることで、歯切れもよくなり、より肉のうまみが味わえる。

 

◆ザブトン:

<焼き方①>「しゃぶしゃぶ焼き」

18162-zabuton.jpgザブトンは、霜降りの肉。しゃぶしゃぶ焼くことで、あぶらを落としながら焼く。そうすることで、余分なあぶらが落ちて、おいしくなる。

 

<焼き方②>「ローリング巻き巻き焼き」

18162-makmakiyaki.jpg薄い肉を筒状に巻き、中火エリアに置いて、こまめに転がしながら焼いていく。こうすることで、大判のお肉がバラバラにならず、また、うまみを逃がさず食べられる。

 

◆シマチョウ(ホルモン)

18162-shimachou.jpg1)皮の部分を下にして、強火で焼く(脂の部分を上に)

2)そのまま3分

3)脂の表面が白くなり、ぷっくり膨らんできたら、中火エリアに移動

4)火が付いたら放置せず、端に寄せて、鎮火

5)黒焦げになるのを防ぎながら、コロコロ転がす

6)最後に、トングでつかみ、余分なあぶらをおとす

こうすることで、黒こげにならず、脂っこくなくなり、おいしい食感が味わえる。

投稿者:スタッフ | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:過去のお悩み&きわめびと | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

バックナンバー


RSS

page top