ふるさと探訪は北九州の歴史遺産、自然遺産を紹介するミニ番組です。
各地域の宝、文化にスポットを当てて地域文化の更なる発展を応援します。また貴重なふるさとの宝をNHKの映像記録として保存し、未来へと繋げていきます。

番組タイトルロゴは
福岡県立青豊高校書道部の皆さんにご協力頂きました。
ご協力感謝いたします。

平成21年9月

ふるさと一覧タイトル
田川・行橋地区
掩体壕 行橋市(えんたいごう)
掩体壕
現在の航空自衛隊築城基地北側の行橋市稲童地区に、太平洋戦争時に敵機の空襲から軍用機を守るため数多くの掩体壕が築造されました。
壁面には敵機の機銃掃射の弾痕が残っています。
この「稲童1号掩体壕」は、行橋市の文化財に指定されており今でも戦争と地域の歴史を伝え続けています。
軍用機を空襲から守る

軍用機を空襲から守る

壁面に残る弾痕

壁面に残る弾痕

制作者からひとこと
行橋市の稲童地区に現存する「掩体壕」は、太平洋戦争当時に海軍航空隊の軍事施設として、敵の空襲から軍用機を守るために造られた格納庫。戦争の傷跡を印す戦争遺跡として映像に残し、歴史を伝え続けたいと思います。

■所在地■
福岡県行橋市稲童地区
一覧のページへ戻る ページの先頭へ戻る
ふるさと探訪とっぷへふるさと一覧
ふるさと探訪とっぷへふるさと一覧