ふるさと探訪は北九州の歴史遺産、自然遺産を紹介するミニ番組です。
各地域の宝、文化にスポットを当てて地域文化の更なる発展を応援します。また貴重なふるさとの宝をNHKの映像記録として保存し、未来へと繋げていきます。

番組タイトルロゴは
福岡県立青豊高校書道部の皆さんにご協力頂きました。
ご協力感謝いたします。

平成21年9月

ふるさと一覧タイトル
田川・行橋地区
本庄の大楠 築上郡築上町
本庄の大楠
樹高 約25m、胸高周囲 約21m 全国第5位の巨木。
現存するクスノキの中では3番目の大きさを誇ります。

大楠神社の古文書によると、景行天皇が九州平定のため行宮を造営した際に戦勝を祈願してこのクスノキを植えたと言われ、推定樹齢は1900年。
明治34年に火災の被害に遭い、幹の大半を焼失したが奇跡的に蘇り、今も青々とした枝葉を広げています。
本庄の大楠は『寿命長久の霊験あらたか』と庶民信仰も集めています。
大楠表

大楠表

大楠裏

大楠裏

制作者からひとこと
地区のシンボルとして堂々と空に向かって枝葉を伸ばす姿は迫力があります。
幹を1周すると、空洞や切り落とした枝の後など様々な大楠の表情を見ることができ、歴史を感じます。

私も、大楠に向き合うとリフレッシュすることができました。

■所在地■
築上郡築上町本庄1641-1

地図はこちらからご覧になれます(リンク先:動画で見るニッポン「みちしる」)
一覧のページへ戻る ページの先頭へ戻る
ふるさと探訪とっぷへふるさと一覧
ふるさと探訪とっぷへふるさと一覧