ふるさと探訪は北九州の歴史遺産、自然遺産を紹介するミニ番組です。
各地域の宝、文化にスポットを当てて地域文化の更なる発展を応援します。また貴重なふるさとの宝をNHKの映像記録として保存し、未来へと繋げていきます。

番組タイトルロゴは
福岡県立青豊高校書道部の皆さんにご協力頂きました。
ご協力感謝いたします。

平成21年9月

ふるさと一覧タイトル
飯塚・嘉麻地区
嘉穂劇場 飯塚
嘉穂劇場
嘉穂劇場は炭鉱で栄えていた筑豊地域の炭鉱夫やその家族の娯楽施設として昭和6年に建てられました。過去約50軒あった劇場は炭鉱産業の縮小に伴い少しずつ減少し、現在はこの嘉穂劇場のみになっています。平成18年には国の登録有形文化財に登録されました。

平成15年の九州北部豪雨により小屋全体が深刻な水害を受けましたが、多くの人々からの支援により復旧を遂げています。劇場内には一部浸水の爪痕が残っています。

芝居の場面転換に使う人力の回り舞台が見どころの1つです。ほとんどの劇場で操作が電動化されているこの機構ですが、ここでは舞台下(奈落)で12人の人が手で押して動かします。現在も実際に使われています。
中の様子

中の様子

浸水の爪痕

浸水の爪痕

奈落の回り舞台

人力の回り舞台

制作者からひとこと
初めて訪れたときに、レトロな雰囲気と人力の回り舞台の迫力に驚きました。
過去、火事や洪水、台風により壊滅的な被害を受けた嘉穂劇場ですが、その度に多くの人からの支援を受けて復旧し、人々に愛されていることが分かります。
劇場内には嘉穂劇場の歴史や昔の小道具などの展示物があり年中楽しむことができます。
皆さまも是非行かれてはいかがでしょうか。

■ロケ地■
飯塚市
一覧のページへ戻る ページの先頭へ戻る
ふるさと探訪とっぷへふるさと一覧
ふるさと探訪とっぷへふるさと一覧