マジか?! 北九州が映画の街?
マジか?! そんな街がドラマに?
マジか?! BSプレミアム10月放送予定!

NHK北九州放送局が初めて制作する地域ドラマ。

舞台は北九州市。
製鉄などで発展してきた街の最近の顔は、あちこちでロケが行われる「映画の街」。
映画づくりをバックアップするのは、北九州市役所のフィルム・コミッション。
初の女性職員は、失敗しながらも、協力的な市民に助けられ、なんとか仕事をこなす日々。

そんな彼女が独り立ちして、担当することになったのは、大ファンの恋愛映画の巨匠監督。
しかし、彼は、かつてとは全然変わっていて・・・。
さらに今回の撮影にある決意が。
そして、女性職員にも今回の仕事にある思いがあり・・・。

ロケが進むなか、監督が急きょ考えたエンディング。
おおあわての準備にフィルム・コミッションと市民の力が結集!
はたして、映画を撮り終えることはできるのか? 
コメディーで、心温まるストーリーです。

  • 放送予定
    2017年10月
    BSプレミアム(全国放送)59分
  • ロケ予定
    2017年5月
    北九州市内各地
  • 第1弾エキストラ募集

キャスト

  • 土村芳(つちむら かほ)〈フィルム・コミッション職員役〉
    1990年岩手県生まれ。
    京都造形芸術大学に在学の2012年に「カミハテ商店」で映画デビュー。
    「彌勒 MIROKU」(林海象監督)にて映画初主演をはたす。NHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」の主要キャスト・田坂(村田)君枝役で注目を集める。
    4月からは民放連続ドラマの出演も。今作がドラマ初主演となる。

    【コメント】
    初めてのテレビドラマ主演のお話をいただけて、とても光栄に思っています。北九州発のドラマということで、私は初めて行く土地ではありますが、数多くの映像作品のロケ地として人気の北九州で撮影させていただけることが今からとても楽しみです。物語も、映画製作を通して、人が成長していくお話なので、深いつながりを感じています。少しでもたくさんの方の心に届くよう頑張りたいと思います。
  • 藤本隆宏(ふじもと たかひろ)〈映画監督役〉
    1970年 福岡県北九州市生まれ。
    競泳選手として、ソウル・バルセロナ五輪に出場。1995年に劇団四季に入団、「ヴェニスの商人」で初舞台。退団後も舞台で活躍。NHKでは、2009年にスペシャルドラマ「坂の上の雲」出演が話題に。その後、「ガラスの家」、連続テレビ小説「花子とアン」、大河ドラマ「平清盛」「真田丸」など。
    4月からはミュージカル「アニー」に出演も。

    【コメント】
    北九州市で生まれ、幼少の頃を過ごしたこの街。昔は父の勤めていた製鉄所や、工場や煙突のイメージしかありませんでしたが、今や、レトロな街、文化の街、自然の美しい緑の街として生まれ変わっています。そして、忘れてはならないのは映画の街!そんな故郷での作品に出演できること、幸せで、楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします。

脚本家

  • 池谷雅夫(いけたに まさお)
    1975年 東京都生まれ。
    NHKでは、東京・八王子発の地域ドラマ「東京ウエストサイド物語」や特集ドラマ「お葬式で会いましょう」(文化庁芸術祭参加作品)などを担当。

    【コメント】
    北九州の街のバラエティに富んだ風景と、さまざまなロケを可能にしてきました“映画の街”の市民の熱い思いを描いて、笑って、泣ける作品にしたいと思います。

詳しい情報が決まり次第、
順次お知らせします。

Twitterでも情報発信中!
▲ ページの先頭へ