ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

こんにちは。ドラマスタッフです。
先日お知らせしたとおり、
10月18日(水)よる10時からの放送が決定した、
「GO!GO!フィルムタウン」。

本日28日発売の「NHKウィークリーステラ」に、
ドラマロケ現場レポートが掲載されています。
記事では土村芳さん演じる節子が、
「映画に出演する市民エキストラを1000人集める」ドラマ最大の見せ場を特集。
5月末に多くの市民が参加しておこなわれた大規模ロケの様子や、
ロケに参加したエキストラの皆さんの声などをリポートしています。

170628-01.jpg

10月の放送に向けて、
これからいろんなところでドラマのPRをしていきますので、楽しみにしてくださいね。

2017年06月27日 (火)

ドラマの音楽が完成!

ドラマの制作作業もいよいよ終盤。
6月24日に、音楽録音が行われました。
ドラマのシーンを盛り上げるのにかかせない音楽。とても重要です。

170627-01.jpg

今回、音楽をお願いしたのは、荻野清子さん。
NHKのドラマをはじめとして、数々の舞台、映画の音楽を手がけられています。
特に、三谷幸喜監督の映画「ザ・マジックアワー」「ステキな金縛り」「清須会議」では、
日本アカデミー優秀音楽賞を受賞。
コメディタッチの「GO!GO!フィルムタウン」をつくるにあたり、
これ以上の方はいません。
事前に打合せをして、イメージをふくらませてもらうため、
ロケの現場にも来ていただきました。


170627-02.jpg

今回の楽器の編成は、ピアノ、フルート、トランペット、ギター、
チューバ、パーカッションなど。ピアノは、荻野さん自ら弾きます。


170627-03.jpg

チューバの古本大志さん。
なんと北九州市にほど近い田川市の出身です。
演奏は、一緒に行いますが、それぞれがブースに入っているので、
音を別々に録音することができます。


170627-04.jpg

パーカッション担当の萱谷亮一さん。並んだ楽器の数々。
今回、演奏してもらったのは、スネアドラム・ティンパニ・シンバル・
トライアングル・ウィンドチャイムなどなど13種類!


170627-05.jpg

ピアノの演奏がないときは、荻野さんが各演奏者に指示を出しながら、
録音していきます。
録音したあとに、それぞれの楽器の音のバランスを、
曲ごとに調整していき、音楽の完成です。


170627-06.jpg

小学校時代、数年間、北九州市に住んでいたという荻野さん。
今回のオール北九州ロケのドラマに縁を感じ、強い思い入れをもって、
音楽制作にあたっていただきました!
ステキな音楽がドラマを彩ってくれます!お楽しみに。

こんにちは。ドラマスタッフです。
先月、オール北九州ロケが行われ、無事撮影が終了した「GO!GO!フィルムタウン」。
先月27日(土)の「市民エキストラロケ」の撮影には、たくさんの皆さまにお集まりいただき、
本当にありがとうございました!

170626-1.jpg

ついに、「GO!GO!フィルムタウン」の放送日が決定しました!
ぜひ、皆さんご覧ください!

放送日
2017年10月18日(水)午後10:00
【NHK BSプレミアム】にて放送!

170626-2.jpg

【出   演】 土村 芳、藤本 隆宏、朝倉 あき、光石 研 ほか
【脚    本】 池谷 雅夫
【音   楽】 荻野 清子
【制作統括】 後藤 秀樹 (NHK北九州放送局)
【演   出】 佐原 裕貴 (NHK福岡放送局)
【撮影期間】 2017年5月16日(火)~29日(月)
【撮影場所】 北九州市全7区

放送日に向けて、今後も広報活動を続けていきます。

こんにちは。ドラマスタッフです。
5月にロケが終了し、現在は編集作業を進めています。
先週は『ECS』という作業を行いました。

『ECS』って何なのでしょうか?
今日はその作業についてご紹介しますね。

もともと『ECS』は、Electronics edit Control Systemという
NHKで開発した編集システムのことです。
そのシステムを使って、編集中の映像データの画質補正をしたり、
スーパー(文字などの情報)を入れていきます。

170621-1_2.jpg

画質補正の作業には、映像の明るさや色味をドラマ全体で合わせたり、
フィルムで撮影されたような質感に変えたり、主人公の心の動きを色で
表現したりなど多岐にわたります。
“GO!GO!フィルムタウン”に限らず、映画やドラマでは
必ずと言っていいほど行われています。

170621-2_2.jpg

4日間かけて『ECS』作業を行い、撮影してきた映像の意図に合わせた
色や明るさに修正をしていきました。
場面ごとにみたり、一連で通してみたりして、シーンごとのつながりはどうか、
カットごとの違和感はないか、など試行錯誤して完成させました。
雰囲気を感じさせる映像を作ることは大変重要なことです。
ぜひ映像にも着目してみてください!
170621-3_2.jpg

今後は編集された映像データに、音楽や効果音、ナレーション入れなど、
音声を調整する『MA(Multi Audio)』という作業が行われていきます。
10月の放送までまだまだ作業は続きます。

アナウンサーの戸部です。

盛況が続く大相撲。その中、6月6日、行橋市で、
元大関・琴風(ことかぜ)の尾車(おぐるま)親方の講演会が開かれました。

170613-1.jpg

【続きを読む】

2017年06月09日 (金)

ごきげんよう!

アナウンサーの原口です。
この度の異動で、東京へ赴任することとなりました。

振りかえってみれば、北九州放送局での4年間は、
「ニュースブリッジ北九州」とともにありました。

いつも番組を見てくださった皆さま、
インタビューコーナー「トークブリッジ」にご出演いただいた皆さま、
週末ナビなどのコーナーに情報をご提供くださった皆さま、
そして、夜の宴でお世話になった皆さま(笑)、
本当にありがとうございました。

【続きを読む】

27日(土)晴天に恵まれ、
北九州発地域ドラマ「GO!GO!フィルムタウン」の撮影が、
北九州市小倉北区の公園で行われ、
多くの市民エキストラの皆さんにご参加いただき、
撮影を盛り上げていただきました。

はじめに、A~Fの6グループに分かれて受付。きょうの説明を聞きます。
エキストラ誘導係やケータリング係などは、
ふだん、NHK北九州放送局で働いている職員・スタッフ約50人が担当、
視聴者の皆さんと、直接ふれあうことができました。

 170529_5.jpg

土村芳さん演じる、フィルムコミッションの職員が、
ドラマの中で、「映画に参加する市民エキストラを1000人急遽集めたというシーン」を撮影し、
多くの市民エキストラの皆さんが、撮影スタッフの指示を受けながら
およそ半日かけて撮影にのぞみました。

170529_6.jpg

途中、休憩では、1000個のあんパン・メロンパンや飲み物を準備。

170529_7.jpg

170529_8.jpg

暑い中、楽しそうに、元気に参加してくださった市民エキストラの皆さん
本当にありがとうございました。

どんな素敵なシーンになったかは、10月のBSプレミアムの放送をお楽しみに!

北九州発地域ドラマ「GO!GO!フィルムタウン」に出演する土村芳さんらが、
25日(木)に北九州市の北橋市長を表敬訪問しました。

北九州市役所を訪れたのは、
主役で北九州市のフィルムコミッションの職員を演じる土村芳さんと、
誘致した映画の監督役の藤本隆弘さん、
それに、若手女優を演じる朝倉あきさんの3人です。

170529_1.jpg

北橋市長は、「オール北九州ロケだと聞いています。
いい風景やおいしい食べ物を全国に発信してください」と歓迎しました。

170529_2.jpg

北九州市での撮影の感想を土村さんは、「エキストラの皆さんが、
暑さなどで大変なのにいきいきと楽しく撮影に参加してくださっている。」と話し、
藤本さんも「ここまで撮影に協力してくださる街の方は、いままで経験したことがない。
映画の街が浸透しているからだと思う、ありがたいです。」と語っていました。

170529_3.jpg

朝倉さんは、「朝倉市にある実家に、関東から車で24時間かけて帰っていた。
いつも北九州を通っていたので子どもの頃の思い出があります」と、
なつかしそうに話されていました。

170529_4.jpg

撮影は、北九州市内で今月いっぱいまでつづきます。

2017年05月22日 (月)

「公開取材会にGO!GO!」

北九州発地域ドラマ「GO!GO!フィルムタウン」の撮影に、主演の土村芳さんにつづき、
18日(木)にはフィルム・コミッション事務局次長役の光石研さん、
19日(金)には映画監督役の藤本隆宏さんが合流しました!

19日午後には、土村さん、藤本さん、光石さんがリバーウォーク北九州での
公開取材会に出席しました。

晴天に恵まれた会場には25社34人の報道陣。
そして、およそ150人の観覧の皆さんが集まり、なかにはエキストラの方の姿も…。

170522_1.jpg

170522_2.jpg

170522_3.jpg

土村さん「エキストラの皆さんと話していると本当に北九州が好きなんだなと伝わってくるので、
その思いを込めて皆さんに届けたいと思っています」

170522_4.jpg

藤本さん「土村さんと初めて会うシーンのリハーサル中に(おっちょこちょいな役の土村さんが演技ではなく)
コーヒーをこぼすハプニングが起こるなど楽しい撮影。憧れの光石さんとも共演できて嬉しいです」

170522_5.jpg

光石さん「(地元)北九州の言葉や土の匂い、空気、すべてが助けてくれる気がして頼もしいです」

地域ドラマには方言がつきもの。
「なんしよんあんた、はよしぃ!」という方言のセリフに苦労したという土村さん。
会場では光石さんがネイティブな発音で盛り上げてくれました。
170522_6.jpg

エキストラの皆さんは、大変な撮影でも皆楽しそうに参加してくださってます。
お祭り好きで、いろいろな文化を取り入れたい北九州の気質を持ってるのでは、と話していました。


<来場の皆さんや視聴者の皆さんに向けて…>

土村さん「すべて北九州ロケで、そこに住む方々の愛を感じられる作品になると思いますので、
もっと北九州を好きになってもらえたら、うれしいです」

藤本さん「初めての北九州発ドラマで、九州、全国、世界中の方、1人でも多くの方に見ていただける
ドラマにしていきたいと思っています」

光石さん「市民の方に参加していただいて、いろんな方にご協力をいただいて作っているドラマなので
高いモチベーションが画面に出て、全国に伝わればうれしいなと思っています」

170522_7.jpg

出演の皆さんは取材会終了後、すぐに会場をあとにし、ロケ地の戸畑に向かいました。
ロケは月末までまだまだ続きます!

北九州発地域ドラマ「GO!GO!フィルムタウン」
16日(火)ついにクランクインしました!

門司港で主演の土村芳(つちむらかほ)さんを迎え、撮影がスタートしました。

170516_1.jpg

土村さんの役は市役所フィルムコミッション職員。
北九州市で行われる映画の撮影をサポートします。
この日も撮影現場を駆け回りますが、なぜか忍者の格好・・・

170517_2.jpg

170517_3.jpg

170517_4.jpg

170517_5.jpg

170517_6.jpg

170517_7.jpg

170517_9.jpg

謎の忍者集団に、外国人、そして大正時代風の衣装を着た人たち・・・
どんなシーンなのか、見てのお楽しみ!

170517_10.jpg

土村さん、出演のみなさんと・・・
「N・H・K」のメッセージ(指文字)、ありがとうございます!

この日のロケは朝から夕方まで一日かけて撮影し、無事終了しました。
ロケにご協力いただいたみなさんありがとうございました。

これから撮影は北九州市内の各地で行われます。

よろしくお願いします!