ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2019年06月28日 (金)

過去最も遅い梅雨入りに

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
九州北部もようやく梅雨入りし、雨の季節がやってきましたね。

20190628-o1.jpg

今年の梅雨入りは、平年より21日遅く、過去最も遅い梅雨入りです。
福岡県では5月から雨の少ない状態が続いており、
家庭に送る水の出を抑える「減圧給水」が行われている地域もありますが、
今後の予想を見てみると、ずらりと雨マークが並んでいます。

20190628-o2.jpg

遅れていた穀物の成長を助け、草木を潤す恵みの雨になって欲しいものです。

20190628-o3.jpg

さらに先の予報を見てみると、
九州北部の7月の降水量は平年並みか多くなる見通しです。
そして、九州北部の梅雨明けは、平年だと7月19日ごろですが、
今年はエルニーニョ現象が発生している影響で、
平年よりも遅くなるかもしれません。

少雨から一転し、今後は雨が降りやすくなってきます。
改めて、大雨への備えを確認しておきましょう。

20190628-o4.jpg

まずは、側溝や排水溝、雨どいなどを掃除して、
水はけをよくしておきましょう。
まだ、防災用品の準備や確認、
避難場所や経路の確認をしておくことも大切です。

九州北部もいよいよ梅雨の時期に入りました。
備えはしっかりとしておきましょう。

2019年06月20日 (木)

今年の梅雨入りは?

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
暑い日が続いていますね。
道端に咲いているあじさいも、あまり元気がないように感じます。
恵みの雨が待ち遠しいですが、この先もしばらくまとまった雨は期待できなさそうです。

まずは、全国の梅雨入りの状況を見ていきましょう。

190620-1.jpg

九州北部や中国、四国、近畿の西日本を除いて、すでに広い範囲で梅雨入りをしています。
先週土曜日には東北北部も梅雨入りしましたが、
東北北部が九州北部よりも先に梅雨入りをするのは、平成9年以来22年ぶりのことです。

190620-2.jpg

九州北部の梅雨入りの記録を見てみると、過去最も遅かったのが、昭和42年の『6月22日』です。
今年はこの記録を更新する可能性も出てきています。

梅雨入りが遅れている原因の一つは、上空を流れる偏西風にあります。

190620-3.jpg

去年のこの時期は九州付近を停滞していた梅雨前線が、今年はまだ日本の南の海上に停滞しています。
これは上空の偏西風が南に蛇行していて、それに伴って前線も南に下がっているためです。

では、梅雨入りしないということはあるのでしょうか?

190620-4.jpg

調べてみると、各地の気象台が「梅雨入り」の発表を始めた昭和26年以降、
九州北部では毎年梅雨入りをしているようです。
ただ、全国的にみると過去1度だけ梅雨入りの発表がなかったケースがありました。
昭和38年の四国と近畿です。この年は梅雨入りがはっきりせず、特定ができませんでした。

今年の九州北部はどうなりそうか、この先の予報を見てみましょう。

190620-5.jpg

21日(金)の夜から22日(土)の朝にかけては、前線の影響を受けて雨が降る見込みです。
ただ、雨量も少なく、週明けにかけて一旦晴れるということで、
このタイミングで梅雨入りする可能性は低いと思われます。

今週中に梅雨入りをしなかった場合、次に可能性があるのは来週の26日(水)以降です。
まとまった雨となる見込みで、今のところ、このタイミングで梅雨入りする可能性が高いと思われます。
このままいくと、過去最も遅い梅雨入りが遅かった昭和42年6月22日の記録を更新するかもしれませんが、
実は昭和42年は、記録的な豪雨があった年でした。

190620-6.jpg

梅雨入りが遅れた昭和42年は7月7日から9日にかけて、
梅雨前線と台風から変わった熱帯低気圧の影響を受けて大雨となり、
特に長崎県佐世保市や広島県呉市などで2日間で300ミリを超える雨が降りました。

190620-7.jpg

背後に山地がある都市部で大雨となったことで土砂崩れが多発し、
死者・行方不明者は369名と甚大な被害が出ています。

今は水不足の状態が続いていますが、過去にはこのような事例もあります。
今年の7月の降水量は、平年並みか多いという予想も出ていますから、
油断をせず、雨への備えをしておいた方が良さそうです。

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
今週は青空が広がり、過ごしやすい陽気の日が続きましたね。

190614-1.jpg

今年は九州北部の梅雨入りが遅れていて、6月に入っても少雨の傾向が続いています。
現在、家庭などに送る水の量を抑える「減圧給水」が行われている行橋市では、
5月1日から6月10日までの総雨量が67.5ミリと平年の3割程度となっています。
今後も節水を心掛けたいですね。

さて、先月から運用が始まった5段階の「警戒レベル」
どのようなものかご存知でしょうか?

190614-2.jpg
5段階の警戒レベルと防災気象情報|気象庁ホームページより

大雨の際に発表される気象警報や避難勧告などの情報が
5段階の警戒レベルに分けられ、
住民が取るべき避難行動が記されています。
去年の西日本豪雨では気象警報や避難勧告など
多くの防災情報が発表されましたが、
必ずしも住民の避難に結び付いていない実態が浮き彫りとなりました。

190614-3.jpg

こちらは西日本豪雨の際に、北九州市内で避難指示や
避難勧告が出された地区に住む
合わせて19万6755人のうち、実際に避難所に避難した人の割合です。
避難率は低く、背景の一つには
「避難のタイミングがわからなかった」というのもあるようです。
そこで国は、危険度や住民が取るべき行動を端的に伝えるため、
防災情報を5段階の警戒レベルに分けることにしました。

190614-4.jpg

各段階ごとに見ていきましょう。
まずレベル1は最新情報に注意、レベル2は避難方法を確認する段階です。
レベル3は自治体から避難準備の情報が出され、高齢者や体の不自由な人、
小さなお子さんがいるご家庭では避難を始める段階です。
レベル4は自治体から避難指示や避難勧告が出され、
対象地域の全員が避難する段階となります。
そして、最も危険なレベル5の段階では、
すでに災害が発生している可能性が高く、
この時に避難を始めても手遅れになる可能性があります。

190614-5.jpg
内閣府「警戒レベルに関するチラシ」(表面)|内閣府ホームページより

皆さんにまず覚えておいて欲しいのは、「警戒レベル4で全員避難」ということです。
また、この警戒レベルは必ずしも1、2…と順番に出されるわけではありません。
日ごろから自宅周辺の危険な場所を確認したり、
市区町村からのハザードマップを見て避難場所を調べるなどして、
いざという時にすぐに避難できるようにしておくことが大切です。
自分自身や大切な人を守るためにも、日ごろから準備をなさってください。



oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
もう6月、あじさいの季節ですね。私の家の近くに咲いているあじさいも、綺麗に色づき始めました。
皆さんは今年あじさいを見ましたか?

さて、今回の「暮らしと天気」では、スタジオを飛び出し、
県内有数のあじさいの名所、若松区の高塔山公園を訪ねてきました!

190606-1.jpg

最初に目に入ったのは、大振りで丸みを帯びた「西洋アジサイ」です。
私が写真を撮った場所は、日当たりが良く色づきが進んでいましたが、全体的にみると3分から4分咲きだそう。

190606-2.jpg

ただ、高塔山公園に咲いているあじさいは、一般的な「西洋アジサイ」だけではありません。
全部で150種類、合わせて7万株あまりのあじさいが植えられていますから、今が満開という花もあります。
上の写真ではご紹介しきれないほど、たくさんの種類のあじさいが咲き誇っていました。

そこで、今が満開となっている「山アジサイ」をいくつかご紹介します。
まずはこちらの「紅」という品種。咲き始めは白い色ですが、日に当たると花びらが赤く色づいていきます。

190606-3.jpg

真っ赤に染まった姿がこちら!

190606-4.jpg

とても鮮やかで綺麗ですよね。大きさは7~8センチほどで、とても小ぶりなあじさいです。

続いてはこちら、「舞妓」です。

190606-5.jpg

舞妓さんのかんざしの飾りに似ているので、その名がついたと言われています。
こちらも5センチから8センチほどと小さく、とても可愛らしいあじさいです。

最後はこちら、「黄冠」です。

190606-6.jpg

青い花と黄色の葉っぱのコントラストがとても美しいあじさいです。

こうした山アジサイ30種類、およそ1000株が、今ちょうど見頃を迎えています。
今年は気温が高かった影響で、例年より早い開花となっているそうです。

190606-7.jpg

気象台が発表している九州各地のあじさいの開花日を見てみましょう。
宮崎では、まだ開花の発表がありませんが、
その他、鹿児島を除いては、いずれも平年より早い開花となっています。
実は、気象台はあじさいの花のある部分を見て、開花の判断を行っているんです。

190606-8.jpg

それが、花の中心あたりに咲いている「真花(しんか)」です。
そのうちの一つに赤丸を付けてみました。気象台では、この真花が2~3輪咲くと開花を発表します。
一見すると花のように見える部分は、「装飾花」と呼ばれるもので、
花びらではなく「がく」の部分にあたります。

190606-9.jpg

今年は、この小さな「真花」を探しながら、あじさいを楽しんでみてください。

2019年05月30日 (木)

ホタルを見に行こう!

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
皆さんはホタルを見たことがありますか?
私は野生のホタルを見たことがないのですが、
北九州市では約70河川でホタルが見られるということで、この週末見に行く計画を立てています!

さて、今年のホタルの飛翔状況は、各地で平年よりも早く飛び始めているようです。

190530-1.jpg

福岡では平年より12日早く、下関では4日早い観測です。
北九州市でも、平野部では今が見頃のピークを迎えています。

190530-2.jpg

山間部では平野より少し遅く、6月中旬ごろまで見られるということで、
今がまさにホタルシーズンと言えそうです。
そんなホタルを見るのにおすすめの鑑賞条件は・・・

190530-3.jpg

まず、ホタルが一番活発に飛ぶのは、日没後から1時間程度、
北九州では午後8時から9時ごろです。
また、ホタルは風が弱くムシムシとした天気を好みますから、
風が弱い、蒸し暑い、という気象条件が良いとされています。
さらに、月明かりが少ないほど光がきれいに見られるのですが、
今年はこの条件もよく満たしています。

190530-4.jpg

こちらは、月の満ち欠けを表したカレンダーです。
6月3日は新月で、ちょうど見頃の期間に、月明かりの影響が少なくなりそうです。
絶好のホタル日和ということで、おすすめスポットをまとめました。

190530-5.jpg

今が見頃となっている平地では、黒川や小熊野川、大川などがおすすめです。
黒川では、すでに1,500匹を超えるホタルが飛んでいます。
また、少し山間部にある合馬川や田代川では、6月中旬ごろまでホタルが楽しめます。
皆さんも、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

部活動に打ち込む若者たちの姿をご紹介する「本気×部活」のコーナー。
本日、24日(金)は豊前市の福岡県立青豊(せいほう)高校

190524-2-5.jpg

ダンス部ポン部門の皆さんをご紹介します。
とっても元気で笑顔が素敵な皆さんです!!
写真をお願いしたらこの笑顔!!可愛いですよね~!!

可愛いだけでないんです。青豊高校ダンス部ポン部門は、
去年、全国大会2連覇を果たした強豪校。
今回はポンダンスの魅力と強さの秘密をお伝えします!!

190524-2-4.jpg

ポン部門!?ポンってなに??初めて聞いたわ~という方。
ポン部門とは、ポンポンを使ったダンスのことです。

青豊高校のダンスの魅力は、表現力と動きの一体感。

190524-2-1.jpg

そして強さの秘密、それは基礎練習にありました。
実は、ペットボトルを使った練習を行っているんです。
わたしも練習に参加させていただきました。

190524-2-2.jpg

「どうして、こんなにきれいに足があがるのぉ!?き、きつい!!」

190524-2-6.jpg

彼女たちを指導するのが、顧問で体育教師の亀田栄里佳さんです。
「わたしたち顧問が見ていないところでも
しっかり練習できる自主性のある生徒を育ててきました。
部員が、きつい練習を頑張れているのは周りの人のおかげで
ダンスができているという感謝の気持ちがあるからだと思います。」
と話してくださいました。

華麗なダンスですが、1曲踊るだけでかなりの体力を消費します。
そんな中、毎回、全力、かつ笑顔で踊る皆さんを見ていると感動で思わず涙が・・。
取材後、カメラマンも「心が清くなった・・」と話していました。
一生懸命頑張るって素晴らしいですね!!

担当した木原ディレクター

190524-2-7.jpg

「彼女たちの頑張りを、ぜひ放送でご覧くださいね!!」

 


◆木原ディレクターより◆

しなやかな身のこなし、芯の強さ、いつも絶やさない笑顔。
そんな部員の皆さん、県立高校で部活の時間も限られているなか、
全国2連覇とトップにのぼりつめたのは、地道な陰の努力があったから。
自宅でも自主練をしたり、普段の立ち居振る舞いも心がけているそうです。
栄光は、やはり、努力の総量なんですね。
部員の皆さんのキラキラした姿がとてもまぶしかったです。
3連覇目指されている皆さんを全力応援しています!


oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
最近は暑い日が続いていますが、皆さんは体調を崩されていませんか?
熱中症などに十分気を付けてお過ごしください。

21日(火)は、二十四節気の一つ「小満(しょうまん)」でした。
草木が成長して生い茂ってくる頃で、
西日本では「梅雨のはしり」が現れる頃でもあります。

190524-1.jpg

梅雨のはしりとは、5月中旬~下旬頃の梅雨のような
ぐずついた天気のことを言います。
18日(土)~20日(月)が、まさにそのようなお天気でしたね。
毎年ではありませんが、梅雨入り前の雨で「迎え梅雨」、
この時期に咲く卯の花を腐らせてしまうような長雨では
「卯の花腐し(うのはなくたし)」という表現もします。

190524-2.jpg

梅雨のはしりの後は、いよいよ「梅雨入り」となりますが、
九州北部の梅雨入りは、平年では6月5日頃です。
では、今年の6月7月の降水量がどう予想されているのか見てみましょう。

190524-3.jpg

今年は前線の北上が遅く、6月の降水量は平年並みか少ない予想です。
一方、7月になると、前線が北上してきて、九州付近で活動を強める見込みです。
このため、7月は降水量が平年並みか多くなる見通しです。
去年は西日本豪雨がありましたが、今年も梅雨末期の大雨には油断ができません。

190524-4.jpg

晴れの天気が続いている今のうちに、やっておきたいことを確認しましょう。
まず大雨への備えとして、側溝や排水溝、雨どいなど
を掃除して水はけをよくしておくことが大切です。
防災情報の準備や確認、そして避難場所や経路の確認もしておきましょう。

190524-5.jpg

また、生活面ではカビ対策のために、部屋の中にしっかりと風を通しておきましょう。
シンク下など湿気のたまりやすい場所を掃除しておくことも、カビへの対策となります。
また、布団やカーテンなど厚手のものを干す機会も少なくなりますから、
今のうちに洗濯をしておくのも良さそうです。

梅雨入り前の日差しを有効に使って、梅雨の時期も快適にお過ごしください。

2019年05月16日 (木)

5月は紫外線に注意!

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
日差しの強い日が多くなってきましたね。皆さんは紫外線対策されていますか?
私は日焼け止めに日傘にコスメに、色々使って日焼けしないよう気を付けています。
というのも、5月は7月8月に次いで紫外線が強い時期だからです。

190516-1.jpg

グラフは、福岡の月別の紫外線量を表したものですが、
5月はすでに強い紫外線が降り注いでいることが分かります。

190516-2.jpg

さらに時間別に見てみると、正午を挟む数時間が最も強くなっています。
夏になると、この時間帯に1日の約60%の紫外線が降り注いでいるんです。

水曜日は強い日差しが照り付け、北九州市でも28度近くまで気温が上がりましたが、
紫外線の量はどのくらいなのか、測定してきました!

190516-3.jpg

手に持っているのは、紫外線チェッカーです。
紫外線の強さを測ることができるもので、
紫外線の数値と、それがどれくらいの強さかを教えてくれます。

190516-4.jpg

さっそく、日向と日陰で測ってみました。
すると、日向では「7.9」(写真左側)と強い値に、
日陰では「2.3」(写真右側)と弱い値になりました。
意外なのは、日陰でも紫外線が届いているということです。

190516-5.jpg

実は、紫外線というのは、太陽から直接届く「直接光」のほかに、
「散乱光」と呼ばれる、空気分子などに散乱されて届く光があります。
日陰にいても、この散乱光は届き、
環境省によると、紫外線量は、日陰でも日向のおよそ半分はあるそうです。

190516-6.jpg

紫外線対策をまとめました。
まずは、紫外線の強い正午前後を避けて外出すること。
日傘や帽子、衣服、そしてサングラスなどを使って、
紫外線を直接浴びないようにすることも有効です。
そして、日焼け止めは2~3時間おきに、こまめに塗り直すのがおススメです。

また、私が使っていたような紫外線チェッカーは市販されているもので、
キーホルダーのように鞄につけるタイプのものもあるようです。
普段から紫外線量を気にしてみるのも良いかもしれません。

新緑が気持ち良い5月ですが、うっかり日焼けをしないよう、
ぜひ対策をしてお出かけください。

2019年05月09日 (木)

新茶の美味しい季節

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
八十八夜も過ぎ、新茶の美味しい季節がやってきましたね!
豊前市才尾地区では、大型連休中に
一番茶の摘み取り作業が始まりました。

190509-1.jpg

豊前のお茶は香りが良く、まろやかな味が特徴ということで、
地域の特産品にもなっています。
美味しいお茶が育つには、天気や地形が大きく関係しています。

190509-2.jpg

その条件が上の3つになります。順番に見ていきましょう。

まず、ポイント①は雨量です。
農林水産省によると、お茶の栽培には適した雨量があり、
それがお茶の生育期にあたる
4月から10月までに、1,000ミリ程度だそうです。
豊前市はその期間の雨量が1,034ミリですから、
雨に恵まれた土地と言えそうです。

ポイント②が寒暖差です。
豊前市才尾地区は内陸にあるため、1日の気温差が大きく、
この寒暖差によって甘くて美味しいお茶が育つそうです。

そして、ポイント③の地形ですが、
こちらの茶畑は、山の斜面に広がっていて、
水はけが良く、日当たりも良いそうです。
こういった条件がそろっているため、
美味しいお茶が楽しめるということになります。

ところで、お茶と天気の言葉にこんなものがあるのは
ご存知でしょうか?

190509-3.jpg

これにはちゃんと理由があります。
この時期は移動性高気圧に覆われ、晴れる日が多くなります。
また、この高気圧は大陸からやってくるため、
空気が乾燥していますし、
晴れる日は放射冷却が強まるため朝冷え込むのが特徴です。

190509-4.jpg

空気が乾燥すると、のどが渇きますし、
朝、冷えていると温かいものが飲みたくなりますよね。
そのため、朝一番の温かいお茶が美味しく感じられ、
そんな日は日中も晴天で「天気がよい」ということになります。

あす10日(金)は移動性高気圧がやってきます。
朝のお茶がおいしく感じられそうですから、
新茶を楽しんでみてはいかがでしょう?

こんにちは。キャスターの中島です。
新年度、この季節ならではのすがすがしい空気にわくわくしています。

さて、先日、鹿児島に帰省しました。
わたしは幼少期、小倉南区に住んでいたことがあります。
母がそのころの写真を見せてくれました。

<幼少期の私>

190425n-1.jpg

<関門海峡が描かれた絵を前に叔母と>

満面の笑みでピース しかもW!
改めてご縁のある北九州で過ごせることを、
ありがたいなあと思いました。


北九州に帰ると視聴者の方からお便りが届いていました。

190425n-2.jpg

私の似顔絵!ありがとうございます!
新年度も明るく一生懸命お伝えしますので、
どうぞよろしくお願いいたします。