ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2020年04月30日 (木)

初夏の陽気へ 季節の花々も

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
日ごとに太陽が力強さを増し、日向を歩くと汗ばむ陽気になってきました。
ピンク色だった桜も、若葉色の葉桜に変わり、季節は初夏へと移り変わっています。

20200430-1.jpg

そよぐ風も清々しくて心地よいこの時期は、1年で最も快適な気候ともいわれています。
この先は天気が周期的に変わる見通しですが、晴れる日は過ごしやすい陽気となるでしょう。

さて、季節の花は、桜から藤やチューリップなど、色の濃い花々に移り変わっています。
公園や道路脇では、北九州市の花でもあるツツジが咲いていました。

20200430-2.jpg

赤や白、鮮やかなピンクなど色の変化に富んでおり、4~5月にかけて花を咲かせます。
種類も様々ですが、よく見られるヤマツツジの花は、
最低気温が8℃以上になると開花すると言われていて、
今年も各地で開花が観測されています。

20200430-3.jpg

また、チューリップの花も、気温と開花には深い関係があります。
チューリップは概ね10℃以下では花を閉じ、15℃くらいで開き始め、
20℃以上では花を大きく開くと言われています。
朝晩と日中との気温差が大きいこの時期は、
お昼と夜とで違った姿のチューリップを楽しめるかも知れません。

このチューリップの開花と気温の関係は、NHK for Schoolのサイトでも見る事ができます。
https://www2.nhk.or.jp/school/movie/clip.cgi?das_id=D0005400810_00000

20200430-4.jpg

こちらのウェブサイトでは、子供たちの家庭学習を応援するコンテンツがたくさん紹介されており、
短い動画で、様々な科目を気軽に勉強することができます。
気象に関するコンテンツも充実していて、個人的にもおすすめです。

私は連休中は、このサイトを見ながら英語を勉強しなおそうかなと思っています。
皆様も、素敵なおうち時間をお過ごしください。

 
>>NHK for School