ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2020年01月16日 (木)

小正月の行事や習わし

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
新成人の皆様、おめでとうございます!
先週末に成人式を迎えたところも多く、
街で華やかな晴れ着姿の方を見かけました。
これからの人生が幸多き日々でありますよう、心からお祈りいたします。

さて、今回のブログのテーマは「小正月」です。
 
200116-5.jpg

小正月は旧暦の1月15日、日本の古代のお正月にあたります。
今では1月15日、あるいは1月14~16日の3日間をさすこともあります。

この小正月には、様々な行事が行われますが、
その一つが「どんど焼き」です。
 
200116-2.jpg

こちらは、15日に北九州市の篠崎八幡神社で行われたどんど焼きの様子です。
どんど焼きでは、門松や正月飾りなどを持ち寄って燃やし、
焼き上がる炎や煙で、正月にお迎えした年神様を天高くお見送りします。
 
200116-3.jpg

また、どんど焼きの火にあたることで1年間の無病息災を願い、
この火で焼いたものを食べると風邪をひかないとも言われています。

このどんど焼きは、私の地元である関東でも行われていて、
私にとっても身近な行事です。
一方で、九州に来て初めて知る行事もありました。
それが「もぐら打ち」です。
 
200116-4.jpg

こちらは、14日に桂川町の土居二区で行われた、もぐら打ちの様子です。
早朝、地域の家々をまわり、竹の先端にわらを巻き付けた棒で地面を叩きます。
地面のもぐらを追い出し、五穀豊穣や家内安全などを願う行事です。

200116-5.jpg

他にも、小正月には1年の健康を願って小豆粥を食べたり、
五穀豊穣を願って餅花を飾る習わしがあります。
小豆粥は、小豆の赤色が魔よけの色とされているそうです。

こういった様々な行事が行われる小正月、
日本の伝統が後世まで長く伝われば良いなと思います。
暮らしと天気のコーナーやブログでも時々紹介していきますので、
ぜひ楽しみにしていてください。