ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
九州北部も梅雨明けし、強い日差しが照り付けています。
じりじりと暑く、立っているだけで汗をかいてきます。

20190726-1.jpg

今年の九州北部の梅雨明けは7月24日です。
平年より5日遅く、昨年より15日遅い梅雨明けとなりました。

20190726-2.jpg

今年は梅雨の期間が1か月程度と比較的短くなりました。
というのも、梅雨入りが6月26日と過去最も遅くなったからです。

北九州では梅雨入りしてからも、
まとまった雨が降らない状況が続いていましたが、
7月18日~21日にかけては、
梅雨前線や台風からの湿った空気の影響で大雨となりました。
この期間に200ミリを超える雨が降ったということで、
各地の梅雨の総雨量は以下のようになっています。

梅雨の期間の総雨量(平年比)
▼八幡西区 302.5ミリ(92%) ▼行橋市   404.0ミリ(113%)
▼飯塚市  435.5ミリ(122%)    ▼添田町   483.0ミリ(129%)

この雨で、北九州・筑豊地方のダムの貯水率も回復しています。
23日現在、貯水率は80%を上回っている所が多く、
先月27日には貯水率が10%を割り込んでいた
油木ダムでも50%くらいに回復しています。

 20190726-3.jpg

ただ、油木ダムを水源としている行橋市や苅田町では、
梅雨明け後、雨があまり降らなくなることを見込んで、
家庭に送る水の量を抑える「減圧給水」を続けています。
引き続き、節水を心掛けた方がよさそうです。

そして、もう一つ気をつけて頂きたいのが熱中症です。
梅雨明けとともに、本格的な夏の暑さがやってきます。

 20190726-4.jpg

23日は二十四節気の一つ「大暑」で、これから「立秋」にかけて
一年で最も暑さが厳しくなるとされています。
今年はまさに暦通りの暑さとなりそうです。

20190726-5.jpg

この先、最高気温は32度から33度が予想されています。
さらに最低気温も25度以上の熱帯夜の日が多く、体に堪える暑さとなりそうです。
熱中症には今まで以上に注意をするようにしてください。

 20190726-6.jpgのサムネイル画像

北九州市では、22日までの1週間で6人の方が熱中症で救急搬送されています。
中には屋内で熱中症になったり、夜間に搬送されたりした方もいらっしゃいます。
風がなく蒸し暑い日は、夜間でも注意が必要です。

 20190726-7.jpg

また、熱中症は、梅雨明けなど急に暑くなった時に多く発生する傾向があります。
これは体が暑さに慣れていないためです。
これからは今まで以上に日差しが強く、気温も高くなっていく予想です。
ですから、朝晩の比較的涼しい時間帯に、ウォーキングなどの軽い運動をして、
少しずつ体を暑さに慣らしていく必要があります。

20190726-8.jpg

その他の熱中症対策のポイントです。
1つ目は、まずは、のどが渇く前に、こまめな水分・塩分補給を心掛けること。
2つ目は、通気性や吸湿性に優れた、締め付けのない涼しい服装を選ぶようにすること。
3つ目は、日陰を選んで歩いたり、帽子や日傘を使うなど、直射日光を避けること。
4つ目は、室内でも油断をしないことです。
特に高齢者は温度や湿度に対する感覚が弱くなるため、
暑さを感じにくくなりやすいと言われています。
部屋に温度計を置いて、部屋の室温が28度を超えないよう
心掛けることも効果的だと思います。

熱中症に十分注意をして、夏の暑さを乗りきっていきましょう!