ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2019年05月16日 (木)

5月は紫外線に注意!

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
日差しの強い日が多くなってきましたね。皆さんは紫外線対策されていますか?
私は日焼け止めに日傘にコスメに、色々使って日焼けしないよう気を付けています。
というのも、5月は7月8月に次いで紫外線が強い時期だからです。

190516-1.jpg

グラフは、福岡の月別の紫外線量を表したものですが、
5月はすでに強い紫外線が降り注いでいることが分かります。

190516-2.jpg

さらに時間別に見てみると、正午を挟む数時間が最も強くなっています。
夏になると、この時間帯に1日の約60%の紫外線が降り注いでいるんです。

水曜日は強い日差しが照り付け、北九州市でも28度近くまで気温が上がりましたが、
紫外線の量はどのくらいなのか、測定してきました!

190516-3.jpg

手に持っているのは、紫外線チェッカーです。
紫外線の強さを測ることができるもので、
紫外線の数値と、それがどれくらいの強さかを教えてくれます。

190516-4.jpg

さっそく、日向と日陰で測ってみました。
すると、日向では「7.9」(写真左側)と強い値に、
日陰では「2.3」(写真右側)と弱い値になりました。
意外なのは、日陰でも紫外線が届いているということです。

190516-5.jpg

実は、紫外線というのは、太陽から直接届く「直接光」のほかに、
「散乱光」と呼ばれる、空気分子などに散乱されて届く光があります。
日陰にいても、この散乱光は届き、
環境省によると、紫外線量は、日陰でも日向のおよそ半分はあるそうです。

190516-6.jpg

紫外線対策をまとめました。
まずは、紫外線の強い正午前後を避けて外出すること。
日傘や帽子、衣服、そしてサングラスなどを使って、
紫外線を直接浴びないようにすることも有効です。
そして、日焼け止めは2~3時間おきに、こまめに塗り直すのがおススメです。

また、私が使っていたような紫外線チェッカーは市販されているもので、
キーホルダーのように鞄につけるタイプのものもあるようです。
普段から紫外線量を気にしてみるのも良いかもしれません。

新緑が気持ち良い5月ですが、うっかり日焼けをしないよう、
ぜひ対策をしてお出かけください。