北九州発地域ドラマ「GO!GO!フィルムタウン」| NHK北九州放送局

こんにちは。ドラマスタッフです。

今日は、先日実施した『美術下見』と『美術発注』について紹介します。

『美術下見』というのは、ドラマのロケ候補地を監督やカメラマン、
美術スタッフで回って、役者さんが演じた際に背景にどんな風景や建物が映るのか、
ドラマの展開において必要なものを確認する作業のことです。
総勢10名のスタッフで、4月4日と5日に、合計16か所も回りました。

20170414_a01.jpg

20170414_a02.jpg

20170414_a03.jpg

それをもとにして、12日には『美術発注』というドラマで使用する
大道具(セット)や小道具(ソファー・テーブルなど家具から小物まで)、
出演者の衣装を決めて、発注する作業を行いました。
この作業には監督、助監督(美術担当)、デザイナー、衣装、メイクなどの担当者が参加して、
台本を見ながら1シーンごとに話し合って決めていきます。
とても地道な作業ですが、おもしろいドラマにするには、とても大切な仕事です!