ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2020年10月29日

こんにちは!
アナウンサーの藤重博貴です。

最近めっきり冷え込んできましたね。
日中はコートを着ると暑く、夜はむしろコートなしでは歩きにくい…
寒暖差が大きいので、服装選びが難しいです。
体調を崩さないようにはどうすればいいか。。
考えると、やっぱり食事や睡眠などの基本に行きつきました。
インフルエンザと新型コロナの同時流行も懸念される秋~冬ですが、みなさんも、体調管理を万全になさってください。

さて、「ニュースブリッジ北九州」で定期的に放送している、『コロナ時代の私たち』。
新型コロナウイルスの拡大で、さまざまな形で生活が大きく変化する中、
前を向いて行こうとする人たちの姿をシリーズでお伝えしています。

20201029-1.jpg

きょうの放送では、北九州市八幡西区に住む、落水洋介さん(写真左)をご紹介します。

落水さんは、7年前、全身の筋肉が徐々に動かなくなり、
寝たきりの状態に近づいていく難病、PLS(原発性側索硬化症)を発症しました。

新型コロナウイルスの影響で、年間170回以上も取り組んできた講演会がほとんどなくなり、収入が減少するなど、苦境に直面しました。
そんな中、コロナ禍を生き抜こうと、同じく病に倒れた親友(写真右)と一緒に、新たな事業を立ち上げたんです。

新型コロナの感染拡大で、人との距離の確保が叫ばれる中ですが、
取材を通し、やはり人は人とともに、支え合いながら生きていくのだと感じました。

病気に屈せず生きるふたりの姿、ぜひご覧いただけたらと思います!
きょう29日(木)の「ニュースブリッジ北九州」(総合)、午後6時30分からです。

>>「ニュースブリッジ北九州」のページ


20201029-2.jpg

さて、30日(金)には、NHK北九州放送局が久々に開く公開収録、
NHK-FMの「まろのSP日記」が北九州市立響ホールで行われます。

「SP」とは、「SPレコード」のこと。
主に戦前に生産された貴重なレコードです。

20201029-3.jpg

左が78回転のSPレコード、右が33回転のLPレコードです。
溝の光沢の違いなど、お分かりいただけるでしょうか…
LPレコードは英語でvinyl(ビニール)と言われるように、ビニールが主な素材です。
SPレコードは昆虫の樹脂を精製し、炭素や石灰などと練り合わせて作られるもので、あまり光沢がありません。

20201029-4.jpg

このSPレコードが記録する往年のクラシックの名演奏を、蓄音機で味わう番組です。

実は、もともと趣味がレコード鑑賞で、SPレコードもレコード屋などで集めていました。
今回、なんとSPレコードの番組の司会を担当できるなんて!ご縁に感謝です。

後日、テレビ・ラジオで放送予定です。また詳細はお伝えしますね。
会場にいらっしゃる方、ぜひ一緒に素敵な名盤を楽しみましょう^^♪

>>「まろのSP日記」のページ