ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2020年10月28日

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
先日、秋バラやコスモスを見に行ってきました!

20201028-1.jpg

バラの甘い香りに癒されます。
秋のバラは、色が鮮やかで香りが濃いのが特徴なんだそうです。

20201028-2.jpg

可憐なコスモスも素敵ですよね。背丈ほどあり、秋風に揺れていました。

20201028-3.jpg

長い距離を旅する蝶、アサギマダラも穏やかな陽気に羽休めです。

さて、綺麗に色付いているのは花々だけではありません。
こちらは英彦山の山頂付近の様子です。

20201028-4.jpg

標高およそ1200メートルの南岳では、紅葉が見頃を迎えています。
写真を下さった早田さんによると、例年と比べ、色付きのスピードが速いそうです。
さらに、紅葉は山頂から山の中腹に下りてきています。

20201028-5.jpg

こちらは廣瀬アナ撮影、おとといのブログに載っている、
お子さんとの山登りの際に撮った写真を頂きました。秋ですなぁ。

標高700メートル付近の奉幣殿の鳥居の側や、参道では色付きが始まっているそうで、
これからは、山裾にかけて紅葉が広がっていきそうです。

20201028-6.jpg

また、市街地でも色付きが始まっています。
こちらは小倉北区の小倉城・勝山公園の様子です。
全体的に見るとまだ青葉も多いですが、日当たりの良い所では葉が色付いています。

20201028-7.jpg

平野部で紅葉が見頃になるには、あと1か月ほどかかりそうですが、
英彦山では山頂で今が見頃、中腹からふもとにかけても、次第に見頃に入りそうです。
秋晴れが続いていますから、紅葉狩りに出かけるのも良いかも知れません。

20201028-8.png

ただ、秋晴れ続きということは、空気の乾燥が進んでいるという事でもあります。
この秋、湿度は20%から30%台まで下がった日もあり、火災も発生しました。

先週20日(火)は、小倉南区の平尾台で山火事が発生、山林の約20ヘクタールが焼けてしまいました。
この日は県内の湿度が20%台まで下がり、北九州市には強風注意報も出ていました。
火災が発生しやすく、また燃え広がりやすい状況だったと考えられます。

20201028-9.jpg

こちらは、去年の北九州市の月別の火災発生件数をまとめたものです。
春も火災は多いですが、秋から冬にかけても火災の発生件数は増加傾向にあり、
12月は1年で最も多い36件となっています。

主な出火原因はたばこやコンロなど、ちょっとした不注意による火事も多いそうです。
コンロを離れる際は火を消す、寝たばこは絶対にやめるなど、
火の取り扱いには十分注意をするようにしてください。