ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2020年10月 7日

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
現在、台風14号が日本の南海上を北上しています。
今回は14号の進路や特徴などをお伝えします。

20201007-1.png

まずは、雲の様子です。
きょう正午現在、沖縄の南で渦を巻いているのが台風14号に伴う雲で、
台風の北側には秋雨前線に伴う雲が連なっています。
前線の影響で太平洋側の地域では午後から雨が降り出す見込みで、雨が長く続くでしょう。

20201007-2.png

一方、台風14号の予想進路を見ていくと、
あす(木)にかけては強い勢力で沖縄の大東島地方に接近する予想となっています。
大東島地方は今夜から風が強まり、あすは西寄りの暴風が吹き、大しけとなるでしょう。

さらに、9日(金)以降は次第に進路を東寄りに変える予想となっていて、
西日本に近づく恐れが出ています。
ただ、11日(日)~12日(月)の予報円の直径は1000キロ前後と、
台風がどこにいくのか、まだ進路が定まっていない状況です。

予報円が大きいと台風が大きくなると誤解されることもあるのですが、
予報円が示しているのは、台風の中心が70%の確率で入る範囲です。
円が大きいほど進路の不確実性は高く、最新の情報に注意が必要です。

20201007-3.jpg

また、今回の台風14号ですが、
秋台風としては珍しいくらいの遅い速度で進んでいきそうです。

上図は一般的な秋台風の進路を模式図にして表したものです。
秋の台風は、通常、太平洋高気圧の縁を回るようにして進んだ後、
上空の偏西風に流され、速度を上げて進みます。

平年だと偏西風は、この時期本州付近を流れていますが、
今回は更に北、北海道付近を流れている見通しです。
このため台風の動きが遅く、
台風本体が近づく前から雨が降る太平洋側などで、影響が長引く恐れも出ています。

20201007-4.png

北九州周辺では、あすも風や波の影響を受けるでしょう。
沿岸部を中心に最大風速15m/sが予想され、波は外海で3mの見込みです。

その後、9日(金)~10日(土)にかけては、
台風の進路によって荒れた天気となる恐れもあり、最新の情報に注意が必要です。

20201007-5.jpg

また、台風14号は10月に入って1個目の台風となりますが、
10月はまだまだ台風シーズンです。

これまでの発生状況を含めて見ていくと、
8月9月とほぼ平年並みのペースで台風が発生していて、10月の平均は3~4個です。
そのうち1~2個は日本に接近しており、まだまだ注意が必要です。

台風14号を含め、今後の台風の情報にも十分お気をつけください。