ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2020年7月

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
長い梅雨に青空が恋しくなる日々です。
梅雨明けはいつ?と悩み続けていましたが、早ければ明日にも発表がありそうです。嬉しい!

20200729-1.jpg

今回はこれまでの雨と気温を振り返るとともに、
この先やってくる夏の暑さについて見ていきたいと思います。

まずは、これまでの雨の状況から見ていきましょう。
今日も不安定な空模様が続き、雨の降っている所があります。
今年は梅雨の期間が長いということで雨量もかなり多くなりました。

20200729-2.jpg

こちらは、梅雨入りした6月11日からの八幡西区の雨量をまとめたものです。
何度か大雨のピークがあり、そのうち令和2年7月豪雨の際、
八幡西区では特に7月6日~7日にかけて雨量が多くなりました。
この2日間で降った雨は約250ミリと、平年の7月1か月分の8割以上となりました。

その後も断続的に雨が強まり、昨日までの総雨量は908.5ミリと、
平年の同じ時期の約1.8倍となっています。

20200729-3.jpg

その一方で、気温は平年を下回った日が多くなりました。
上のグラフは、同じ期間の八幡西区の気温を振り返ったものです。

緑のラインは平年の気温を表していて、6月は暑い日も多くなりましたが、
7月は青色の表示で平年を下回る日が続いています。
今年の7月で昨日までに真夏日となったのは、まだ4日間しかありません。

例年に比べて涼しい日が多い印象ですが、梅雨明け後は一転して暑くなる見込みです。
向こう一週間の天気と気温を見ていきましょう。

20200729-4.png

この先はずらりと晴れマークが並んでいて、強い日差しが照り付けそうです。
夕立のようなにわか雨の可能性は残りますが、基本的には晴天傾向が続くでしょう。
ということで、早ければあすにも梅雨明けの発表がありそうです。
また、気温は連日33℃前後まで上がる予想となっています。

20200729-5.jpg

九州北部には高温に関する気象情報が発表されていて、
7月30日以降は、最高気温が35℃以上の猛暑日になる所もあるでしょう。

20200729-6.jpg

さらに、1か月予報から8月中旬にかけての気温傾向も見ていくと、
8月8日~21日は平年並みか高い予想となっていて、一層暑さが厳しくなりそうです。

これから1年で最も暑い時期となってきますから、熱中症に十分注意をしてください。
また急に暑くなる梅雨明け直後は、毎年熱中症が多く発生する傾向にあります。

20200729-7.jpg

熱中症対策のポイントを改めて確認しておきましょう。

まずは、こまめな水分・塩分補給です。喉が渇いていなくても、1日あたり1.2Lを目安にこまめに水を飲み、
汗をかいたときには塩分も忘れず取るようにしてください。
また、通気性や吸水性の良い涼しい服装を選んだり、帽子や日傘などで直射日光を避けることも有効です。
そして、室内での熱中症対策も重要となってきます。

20200729-8.jpg

部屋の温度は28℃以下が目安、暑い日は無理せずエアコンを使用してください。
その際は部屋の換気が必要となりますので、窓を開けたり扇風機や換気扇を併用するなどして、
部屋の空気を入れ換えると良さそうです。
それから、家で過ごす場合でも、こまめな水分補給は忘れないでください。

今年はマスクの着用により、熱中症のリスクが一層高まるおそれがあります。
人との距離が十分に取れる際には適宜マスクを外すなど、
体調管理には十分注意をしてお過ごしください。

みなさーん!
『きたきゅーラジオ』で、「祭りの思い出」を大募集中で~す!

20200729-h1.jpg

早いもので7月も終わろうとしています。
ことしは、新型コロナウイルスの影響で、各地の祭りも中止や延期に。

北九州放送局のある小倉北区では、
例年なら、小倉祇園太鼓の響きを全身で浴びるものですが、
(比喩表現ではなく、近くを通るとビリビリと音圧を体に感じるのです)
そうしたこともなく、蝉の声だけが聞こえる静かな夏・・・。
なんとも寂しい!!

というわけで。
今月の『きたきゅーラジオ』は「音で楽しむ 夏の祭り」と題しまして、
少しだけですが、太鼓や鉦、喧噪など、祭りの音に耳を傾けつつ、
地元の皆さんの祭りへの思いをうかがおうと思っております。
「小倉祇園太鼓」、「飯塚山笠」、行橋市の「今井祇園行事」についてご紹介します。

番組では、みなさんの「祭りの思い出」もご紹介したいと思います!
心に残る、あの時の、あの祭り。 
今年中止になってしまった祭りへの熱い思い・・・。
ぜひぜひ、お寄せください!

「祭りの思い出」投稿はこちらから

2020073129-h3.jpg

oshiete.png

気象予報士の森本まりあです。
セミの元気な声が聞こえるようになりましたね。
最近はじめてクマゼミを見つけて、綺麗な透明の羽に見とれてしまいました。

ちなみに、福岡管区気象台ではミンミンゼミとヒグラシの初鳴きを観測しています。
既に夏の便りも届いていて、梅雨明けが待ち遠しいです。
今回は梅雨明けの時季も含め、この先の天気傾向についてお伝えしていきます。

20200722-1.jpg

まずは梅雨明けの状況ですが、今日までに梅雨明けしているのは沖縄と奄美のみです。
沖縄は6月12日で平年より11日早い梅雨明け、
奄美では7月20日で平年より21日遅く、1951年の統計開始以来最も遅い梅雨明けとなりました。

20200722-2.jpg

その他の梅雨明けしていない地域は、平年日を載せています。
平年日は、九州や四国で7月14日~19日頃、中国・近畿・東海・関東甲信は21日頃です。

例年だと、ちょうど今の時季に梅雨明けラッシュとなるのですが、
今年はなかなか梅雨明けが見通せない状況が続いています。

20200722-3.png

天気図を見ると、日本付近には今日も梅雨前線が停滞している状況です。
前線を北へと押し上げてくれる太平洋高気圧の張り出しが弱く、
少なくとも週末にかけては前線が停滞を続けるでしょう。

20200722-4.png

また、上空に寒気を伴った低気圧が近づく、24日(金)~25日(土)頃は雨が強まるおそれも出ています。
梅雨前線の活動が活発になる影響で、発達した雨雲が九州に掛かる見込みです。

気象庁が発表している早期注意情報では、
24日(金)~25日(土)にかけて、九州の広い範囲で、
警報級の大雨となる可能性が示されていて、再びの大雨に警戒が必要です。
まだ少し先の予測でブレもありますから、こまめに最新情報を確認するようにしてください。

20200722-5.png

その後も、来週前半にかけては雨が降りやすくなりそうですが、
来週後半には段々と晴れる日が増えてくる見込みです。

7月30日以降は晴れマークも増えてきて、8月にかけて太平洋高気圧が勢力を強めるでしょう。
この頃には梅雨明けの発表もありそうです。

最近蒸し暑い日が増えてきましたが、梅雨明けと共に暑さはさらに厳しくなってきます。
今のうちに体を暑さに慣らしておくなど、猛暑に備えましょう。

20200715-1.jpg

九州各地で続く記録的な豪雨、
今回はこれまでの雨の状況と今後の見通しをお伝えします。

20200715-2.jpg

まずは、北九州・筑豊地方でこれまでに降った雨の量です。
降り始めの7月3日から断続的に雨が強まり、昨日までの総雨量はかなり多くなっています。

英彦山で1037.5ミリを観測しているほか、
添田町で777ミリ、行橋でも519ミリの大雨となっています。
北九州・筑豊地方では、統計がある全ての地点で7月1か月分の雨量を超え、
特に英彦山や添田町では平年の2倍以上と記録的な大雨となっています。

20200715-3.jpg

また、九州全域で見ても総雨量が1000ミリを超えた地点がいくつかありました。
大分県椿ヶ鼻で1350ミリ、鹿児島県鹿屋で1156ミリなど、九州南部・北部ともに大雨となりました。

20200715-4.jpg

気象庁は、今回の大雨の名称を「令和2年7月豪雨」と定めています。
気象庁が名称を定めるのは、顕著な災害をもたらした自然現象についてで、
防災機関等による応急・復旧活動の円滑化を図るとともに、
後世に経験や教訓を伝承することを目的としています。


これまでは豪雨が収束してから名前が付けられることが多かったのですが、
今回はこうした豪雨災害がどこでも起こりうるおそれがあるとして、
警戒を促す意味でも早期に命名されました。

20200715-5.jpg

さて、一連の大雨をもたらしている梅雨前線ですが、15日午前9時現在は奄美付近に停滞しています。
明日にかけても九州の南に停滞する見込みですが、17日(金)以降はゆっくりと北上するでしょう。

20200715-6.png

県内の雨の降り出しは、今の所17日(金)の夜からで、
前線が通過していく週末は雨の強まる所もありそうです。
筑豊地方や京築を中心に、これまでの雨で地盤の緩んでいる所もあり、土砂災害に十分注意が必要です。

ただ、週末の雨の後は、晴れ間が戻る見込みです。
梅雨明けのカギとなる太平洋高気圧が強まる予想となっているからです。

20200715-7.png

上の図のオレンジ色で塗ってある部分は、夏の太平洋高気圧を表しています。
この高気圧が勢力を強め、前線を北に押し上げると梅雨明けとなってきます。

週末以降は、この高気圧が勢力を強める予想となっていて、
このタイミングで前線が九州を通過していく見込みです。
週明け20日(月)になると、九州は広く夏の高気圧に覆われるでしょう。

まだ先の予測ということで、高気圧の勢力が弱まる可能性があるものの、
今の段階では、前線は週明けに北へ抜けて、九州北部で梅雨明けとなる可能性があります。

雨に注意が必要なのは、いったん週末まで、
そのあとは次第に夏の日差しと暑さが戻ってきそうです。
梅雨明けが待ち遠しいです。

2020年07月14日 (火)

"友好都市"大連がいま熱い

みなさんこんにちは!
アナウンサーの藤重博貴です。

新型コロナウイルスに豪雨と、気の抜けない日々が続いていますね。
先日乗車したタクシーの運転手さんも
「世の中どうなるんだろうか」と不安そうな様子でした。

先行きがなかなか見えませんが、
目の前の日々を大切に生きていった先に、何か光を感じられるようになると信じています。

コロナ禍では、古くからの友人や家族など、
これまでのつながりにずいぶん助けられたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

人との距離が求められたり、外出もためらわれたりと、
なかなか新たな関係を築いていくのが難しかった中、
これまで培ってきた信頼関係の強さが発揮される動きが、
オンライン飲み会など様々な点で見られたと思います。

こうした信頼関係をもとにした動きは、人同士だけでなく、自治体間にも生まれています。

200714-1.jpg

それが、北九州市と、中国東北部、遼東(りょうとう)半島の最南端に位置する、大連市との関係です。

戦前、門司港から最も多くの便数が出ていたのが大連航路でした。

200714-2.jpg

門司港にある「旧大連航路上屋」(1929年完成)は、
当時の旅客ターミナルとして有名ですよね。

こうした歴史的な縁もあり、
1979年、大連市にとって初の国際友好都市として北九州市が名乗りを上げ、
以来、北九州市とは41年にわたる友好都市の歴史を築いてきました。

北九州市内にはほかにも大連とのゆかりを感じられるものがあります。

200714-3.jpg

例えば門司港にある「大連友好記念館」は、

200714-4.jpgのサムネイル画像

ロシア帝国が1902年に大連市に建築した鉄道汽船会社の建物を、
そっくり複製し建築されたものです。現地で見ましたが、本当にそっくりでした…!

200714-5.jpg

ちなみに私は大学時代に中国語や中国文学を専攻し、
留学やインターンシップを現地で行うなど、中国にはゆかりがあります。

プライベートで大連を訪れた際も、たまたま入った海鮮料理屋の店員さんに
「北九州から来た」と言うと、
「北九州は友好都市として大連では有名だよ!よくテレビでも情報が取り上げられている」と言われ、
市井の方にもここまでのなじみがあるのかと驚きました。

コロナ危機に際し、この大連とのつながりの強さが発揮される場面が見られています。

例えば政府間では、中国で感染が拡大していた2月、
北九州市から大連市へとマスクや防護服などを寄贈。
そして、日本で感染が拡大した3月には、
大連市からお返しとしてマスクが提供されたことは記憶に新しいかと思います。

さらに、新型コロナの影響で需要が低迷した民間企業も、
新たな販路として大連に進出する動きが相次いでいるんです!

▼大連における北九州ブランドの強みとは?
▼どんな商品がいま大連で求められているのか?
▼大連進出のための秘策は?などなど、

詳しくは、
きょう14日(火)の「NHKジャーナル」(午後10時~、ラジオ第1)でお伝えします。
https://www4.nhk.or.jp/nhkjournal/
「らじる★らじる」でも聞けるほか、
一週間は聞き逃し配信もありますし、「読むらじる。」でも掲載予定です。

今回、時間の都合で残念ながら放送ではご紹介できない企業も含め、
様々な方にお話を伺いました。
大連進出の良いきっかけになったと前向きにとらえている方が多かったです。

北九州市としても、大連での有力な取引先の紹介や、商談会の開催など、
様々な面で協力を惜しまないということでした。

コロナ危機をきっかけに、今後大連でのビジネスがどのように深まっていくのか、注目です。
ぜひお聴きください!!

九州では先週末から雨が降り続き、記録的な大雨となりました。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被災された全ての方に、心よりお見舞いを申し上げます。

200709-1.jpg

今回の大雨の原因となったのが停滞を続けた梅雨前線です。
前線は多少南北に動いたものの、4日(土)から7日(火)にかけて九州付近に停滞しました。
前線に向かって暖かく湿った空気の流れ込みが続き、雨雲が組織的に発達しました。

200709-2.jpg

こちらは、6日(月)午後3時半の雨雲の様子です。
長崎県南部から佐賀県、福岡県南部にかけて線状降水帯が発生しました。
線状降水帯というのは、次々と発生・発達する積乱雲が線状に連なったもので、
数時間にわたって同じような場所に大雨をもたらすおそれがあります。
この時も、佐賀県や長崎県で猛烈な雨が降り、相次いで「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

200709-3.jpg

「記録的短時間大雨情報」とは、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測、
あるいは解析したときに出される情報です。
この情報が発表された際には、どこで災害発生の危険度が高まっているか確認する必要があります。

200709-4.jpg

気象庁のホームページでは、雨の予測や土砂災害や浸水・洪水の危険度を確認することができます。
パソコンやスマートフォンなどで検索をして頂き、
お住まいの地域周辺の雨の様子や危険度分布を確認してみてください。

【気象庁HPのリンク一覧】
雨の様子:https://www.jma.go.jp/jp/highresorad/index.html
土砂災害:https://www.jma.go.jp/jp/doshamesh/index.html
浸水害:https://www.jma.go.jp/jp/suigaimesh/inund.html
洪水害:https://www.jma.go.jp/jp/suigaimesh/flood.html

さて、8日(水)はいったん小康状態となった雨ですが、9日(木)以降、再び強まりそうです。
すでに雨量はかなり多くなっています。

200709-5.jpg

北九州・筑豊地方でこれまでに降った雨の量です。
英彦山で567ミリを観測している他、添田町で464.5ミリ、行橋で304ミリの大雨となっています。
すでに平年の7月一か月分の雨量を超えている所もあります。

200709-6.jpg

この影響で、土砂災害の危険度はかなり高くなっています。
こちらは土の中の水分量を表した図で、色の濃い所ほど警戒が必要なエリアです。

8日(水)日中から9日(木)朝にかけて、雨が止んでいる所が多いにも関わらず、
筑後地方から筑豊地方、そして京築にかけて赤色の表示で、土の中の水分量はかなり多い状況が続いています。

ここに更に雨が降ると、これまで災害が起こらなかったような場所でも、被害が出る可能性があります。

200709-7.jpg

きょう9日(木)夕方からは、再び激しい雨の降る所がある見込みです。
大雨は少なくとも11日(土)頃まで続く予想となっていて、11日(土)朝までの48時間予想雨量は、
北九州地方で200~300ミリ、筑豊地方で300~400ミリとなっています。

その後も雨が続く予想となっていて、総雨量はかなり多くなりそうです。
今回、大雨が長期化するおそれが出ています。

ハザードマップを見て自分の住んでいる場所の災害リスクを知り、
もし自治体から避難に関する情報が出た際にはすみやかに安全な場所に移動をするようにしてください。
命を守るため、最善の行動をお願いします。

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
きょう7月1日は【半夏生(はんげしょう)】です。
この頃に降る雨は半夏雨と呼ばれ、大雨になることが多いと言われています。
九州では先週から断続的に雨が強まっていて、大雨になったところもありました。
梅雨の末期は豪雨による災害が起こりやすい時季でもあります。

20200701-1.jpg

おととしの西日本豪雨や平成29年の九州北部豪雨、
そして平成24年の九州北部豪雨の、いずれもが7月に発生しています。
梅雨前線の活動が活発になり、記録的大雨となった事例です。

20200701-2.jpg

また、八幡の月別の降水量を見ると、
7月は平年で300ミリ近くと1年で最も多くなっていることが分かります。
今年7月の降水量もほぼ平年並みと予想されていていますから、
例年通り大雨への警戒が必要です。

20200701-3.png

この先7月上旬にかけて雨の降りやすい状態が続く見込みで、梅雨前線の活動も活発になりそうです。
あさって3日(金)は、前線の活動の程度によっては大雨となるおそれがあります。
局地的には激しい雨が降るかもしれません。
その【激しい雨】や【非常に激しい雨】が、どのような降り方をするのかイメージできますか?

20200701-4.jpg

気象庁では1時間に降る雨の量によって、用語を使い分けています。
1時間に10~20ミリの雨が降る時【やや強い雨】、20~30ミリは【強い雨】です。
特に気を付けて欲しいのは、30ミリ以上の【激しい雨】より雨量が多くなる時です。
【非常に激しい雨】は滝のように降る雨、
そして【猛烈な雨】は息苦しくなるような圧迫感だったり、恐怖を感じるような雨となってきます。
どのような状況になるおそれがあるか見ていきましょう。

20200701-5.jpg

まず【激しい雨】が降る時は、道路が川のようになったり、
車でスピードを出して運転している時に、ブレーキが効かなくなってしまうおそれがあります。

20200701-6.jpg

さらに、【非常に激しい雨】や【猛烈な雨】が降ると、
水しぶきであたり一面が白っぽくなり、車の運転は危険な状況です。
また、こうした雨が降ると、
土砂災害や河川の増水・氾濫などの災害が起こる危険性も高くなります。

災害が起こるおそれがある場合、
気象台からは早期注意情報など様々な情報が発表されます。
また状況によっては大雨・洪水警報や土砂災害警戒情報なども発表されるようになります。
もしこうした情報が出た場合どうすればよいのか、
避難の行動をまとめたものが5段階の警戒レベルです。

20200701-7.jpg

大切なのはレベル5を待たず、レベル4までに全員が避難するということです。
自宅周辺の危険な場所を確認したり、ハザードマップを見たりして、
いざという時の避難場所などを改めて確認するようにしてください。