ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2020年1月30日

2020年01月30日 (木)

季節外れの長雨に

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
このところ、ずっと雨が続いていますね。まるで梅雨のようだという声も聞こえてきます。

200130-1.jpg

1月22日からの1週間の天気を振り返ってみると、この1週間はずっと雨で、
29日(水) 30日(木)も雨を観測しています。
また、雨量が多くなっているのも特徴の一つです。

200130-2.jpg

こちらは1月の平年の降水量と、今年の1月(28日まで)の降水量を比較したものです。
今年は各地とも平年を上回っており、特に行橋では平年の2倍以上の雨が降っています。
季節外れの長雨となっていますが、原因は停滞を続けた前線にありそうです。

200130-3.jpg

この冬は偏西風が北へ蛇行している影響で、強い寒気がなかなか本州付近に降りてこない状況が続いています。
一方で、南からは暖かい空気が流れ込みやすく、西日本ではかなりの暖冬です。
前線というのは、冷たい空気と暖かい空気の境目にできるものですから、
今回は西日本付近に前線が長く停滞する状態が続きました。

3月中旬から4月頃、菜の花が咲く頃に「菜種梅雨」と呼ばれる長雨になることがありますが、
今年は気温の様子から見ても、その「菜種梅雨」が早くやってきたと言えそうです。

また、季節を先取りしているのは長雨だけではありません。

200130-4.jpg

福岡管区気象台は、先週、うめとたんぽぽの開花を発表しました。
うめは1月20日で平年より13日早い開花、
たんぽぽは1月21日で平年より41日も早い開花となりました。
たんぽぽは昭和28年の統計開始以来、最も早い開花となります。
やはり暖冬の影響で、気温がかなり高くなっていることが関係していると言えそうです。 

200130-5.jpg

この先も、基本的には暖冬傾向が続く見通しです。
平年だと2月上旬は日中も1桁の気温が続きますが、今年は11度前後の予想となっています。
晴れ間が戻り、寒さは緩んでくるでしょう。

200130-6.jpg

高温傾向はしばらく続く見通しで、2月下旬にかけても気温の高い状態は続きそうです。
また、低気圧や前線の影響を受けやすく、降水量も平年より多くなる予想が出ています。
この冬は、暖冬の影響が大きくなるかもしれません。