ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2019年8月22日

2019年08月22日 (木)

空を見上げてみませんか?

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
毎日空を見上げていると、雲や空の色彩や繊細な形の変化に感動することがあります。
皆さんにも、お気に入りの空があるかも知れません。

190822-1.jpg

今回は、そんな空を彩る雲についてご紹介します。
雲の名前や、どんな天気になるかがわかると、空を見るのがもっと楽しくなると思いますよ。
さっそく雲の種類から見てみましょう。

190822-2.jpg

雲は発生する高さと形によって、国際的に決められた10種類に分類することができます。
それが「十種雲形」です。
まず、発生する高さによって、「上層」「中層」「下層」の雲に、
さらに形によって、横に広がる「層状雲」と縦に発達するような「塊状の雲」に分けることができます。

190822-3.jpg

写真で見てみますと、巻積雲は魚のうろこのように見えることから、
「うろこ雲」や「いわし雲」と呼ぶことがあります。
高積雲はひつじのように見えることから、「ひつじ雲」と呼ぶことがあります。

190822-4.jpg

また、夏によく見られる「わた雲」と呼ばれる積雲は、成長すると・・

190822-5.jpg

「入道雲」や「雷雲」と呼ばれる、積乱雲に発達します。
10分から30分くらいの短い時間で、これだけ成長することもあります。
積乱雲は急な雨や雷雨といった天気の急変をもたらす雲です。

190822-6.jpg

積乱雲は下から見ると黒い雲ですので、
真っ黒な雲が近づいてきたり、雷の音が聞こえてきたり、
急に冷たい風が吹いたりしてきたときは、天気が急変するサインです。
夕立は、数十分でやむことが多いので、建物の中に移動するなどして、
やむのを待つのが良いかもしれません。

続いて、秋によく見られる雲、巻積雲や巻雲もご紹介します。

190822-7.jpg

「うろこ雲」や「いわし雲」は秋の季語にもなっていて、秋の代表的な雲です。
また、刷毛でサッと掃いたような巻雲「すじ雲」も秋の空を彩っています。

夏から秋に移り変わる今の季節は、
もくもくとした夏の雲と、すーっと伸ばしたような秋の雲が一緒に見られることがあります。

190822-8.jpg

このような空を「行合の空(ゆきあいのそら)」と表現します。
「行合」とは、夏と秋など隣り合わせの2つの季節にまたがることを言います。
風情を感じる素敵な空ですよね。

さて、最後に豆知識です。皆様、雲の数え方はいくつ思い浮かびますか?

190822-9.jpg

実は、雲の数え方は10個以上あると言われています。

190822-10.jpg

分かりやすいものをご紹介すると、
飛行機雲ははっきりと長く伸びている場合は「本」で数えることもありますが、
途切れていたり、薄く消えかかっていたりする時は「筋」で数えます。
他にも、細長いものや筋状のものを数える「条」を使うこともあります。

190822-11.jpg

そして、夏によく見られる入道雲は「座」で数えます。
「座」という数え方は、座っている大仏様を数える時に使いますが、
大きな入道雲を大仏様に見立てて「座」で数えるようになったと言われています。

また、雲一つない青空のことを、
「一抹の雲もない空」「一塵の曇りもなく晴れ渡った空」などと表現することもあります。

刻々と変わる空を彩る様々な雲は、その姿かたちによって、様々な数え方ができます。
ぜひ空を見上げて、季節の移ろいを感じて、お気に入りの空を見つけてみてください。