ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2019年6月28日

こんにちは\(^〇^)/!アナウンサーの藤重です。
やっと九州北部が梅雨入りしました!!
じめじめしますね~。蒸し暑い。

190628-1.jpg

せめて除湿をするとすっきりするのでしょうが、
ことばを扱う職業柄、のどのことを考えると乾燥は大敵。
家では加湿器を使っています。
のどをとるか。快適な生活環境をとるか。悩ましいです…。

さて、6月26日(水)、九州工業大学戸畑キャンパスで、
英語にまつわるセミナーの司会を担当しました!!

190628-2.jpg

「パックンマックンの英語にThank you!」です。
九工大の創立110周年を記念したセミナーで、
日本人とアメリカ人のお笑い芸人、パックンマックンが、
ユーモアを交えて英語を身近に感じるコツを教えてくれました。

2人が言っていたのは、「英語は実はしゃべれるんだ!」ということ。

190628-3.jpg

英語を交えたコントでは、会場全体が笑いに包まれました。
また、英語をしゃべってみるゲームでは、見事に学生が短文を完成!
会場全体が、「実は英語は十分しゃべれるし、理解できている」と認識しました。

私も、せっかく英語ということばを知っているのに、聞いたり、話したり、
十分に使っていないことのもったいなさに気づかされました。

190628-4.jpg

これから、外国語に、もっと意識して触れていきたいと思います。


一方で、外国人が相手でなくても、「ことば」は、
うまく発することができないと、日常生活に支障が出ることがあります。

中には、ことばの発達が遅れ、思っていることをうまく話せず、
ストレスからかんしゃくなどを起こしてしまう「発達障害」の子どももいます。
いま、小中学生の15人に1人にその可能性があるといわれています。

190628-5.jpg

こうした子どもたちに、絵の描かれたカードなどを使って、
ことばの発し方の訓練を行うのが、言語聴覚士です。
筑豊地域で、発達障害の子どもに向き合いながら、社会に対しても、
もっと発達障害について知ってほしいと団体を立ち上げた言語聴覚士の方に
先日、インタビューを行いました。

「ニュースブリッジ北九州」で、7月1日(月)放送予定です。

NHK北九州のツイッターでもお知らせします、
ぜひご覧ください!

https://twitter.com/nhk_kitakyu

 

2019年06月28日 (金)

過去最も遅い梅雨入りに

oshiete.png

こんにちは。気象予報士の森本まりあです。
九州北部もようやく梅雨入りし、雨の季節がやってきましたね。

20190628-o1.jpg

今年の梅雨入りは、平年より21日遅く、過去最も遅い梅雨入りです。
福岡県では5月から雨の少ない状態が続いており、
家庭に送る水の出を抑える「減圧給水」が行われている地域もありますが、
今後の予想を見てみると、ずらりと雨マークが並んでいます。

20190628-o2.jpg

遅れていた穀物の成長を助け、草木を潤す恵みの雨になって欲しいものです。

20190628-o3.jpg

さらに先の予報を見てみると、
九州北部の7月の降水量は平年並みか多くなる見通しです。
そして、九州北部の梅雨明けは、平年だと7月19日ごろですが、
今年はエルニーニョ現象が発生している影響で、
平年よりも遅くなるかもしれません。

少雨から一転し、今後は雨が降りやすくなってきます。
改めて、大雨への備えを確認しておきましょう。

20190628-o4.jpg

まずは、側溝や排水溝、雨どいなどを掃除して、
水はけをよくしておきましょう。
まだ、防災用品の準備や確認、
避難場所や経路の確認をしておくことも大切です。

九州北部もいよいよ梅雨の時期に入りました。
備えはしっかりとしておきましょう。