ハレピョンブログ~NHK北九州だより~

2017年12月18日

各市町村の防災に詳しい方に、
チェックポイントを教えてもらう「ココもチェック!」。
今回は、八幡西区です。

171218-8.jpg

八幡西区の防災担当、中尾武司(なかお・たけし)さんが教えてくださいました!

171218-9.jpg

八幡西区の災害リスクからチェック。

171218-10.jpg

遠賀川のほか、南部を流れる笹尾川や黒川、
区を縦断するように流れる金山川があります。
これが洪水などのリスクをもっています。
特に、遠賀川が氾濫した場合・・・

171218-11.jpg

木屋瀬地区、楠橋地区、香月地区が、かなり広範囲に浸水する想定がされています。
しかも、深いところでは5m以上の浸水想定も。

もう1つの災害リスクが・・・

171218-12.jpg

福知山断層。地図に黄色いテープでおおよその位置が示されています。

この断層の地震では、震度6弱、マグニチュード7クラスの揺れになるといいます。

171218-13.jpg

さらに、洞海湾周辺では津波や高潮の被害

171218-14.jpg

また、山間部では、土砂災害に注意する必要もあります。

テレビではご紹介できませんでしたが、中尾さんが教えてくれたのが、さらにもう1つ。
住宅街の「古い石垣」にもリスクが・・・!?

中尾さんによると、八幡西区の折尾地区でとれた
「折尾砂岩」でできた石垣などが、高度経済成長期に多く作られました。
それが古くなったり、崩れやすくなっていたりして、
住宅に被害をもたらす可能性があるというのです。
事実、ことし7月の大雨では、こうした石垣が崩れて、
住宅が半壊する被害があったそうです。
ぜひ、古い石垣などは定期的にチェックして、もし亀裂や膨らみなどがある場合には、
早めに補修をしてほしい、とのことです!

では、どんな対策を・・・?

171218-15.jpg

配布しているハザードマップを見て、自分が住んでいる場所のリスクを確認しましょう。

171218-16.jpg

いつどこに避難するのかも確認を!

171218-17.jpg

八幡西区では、来年1月20日に防災訓練を実施します。
今回は、大規模災害に備えて、
住民による避難所の開設や運営の訓練をするそうです。
中尾さんは、こうした訓練に参加したり、見学したりして、
地域の防災力を高めてほしいと話していました。

「ココもチェック!」、次はあなたの街かも!? 次回も見てくださいね!

今月のきたきゅー防災チェックは、
“年末年始に取り組みたい災害への備え”をご紹介しました。

171218-1.jpg

まず、年末のテーマは・・・

171218-2.jpg

年内の汚れを落とそうという大掃除に合わせて、防災用品の確認をしましょう!
たとえば、懐中電灯やラジオの電池は切れていませんか?
たとえば、非常食の賞味期限は切れていませんか?
そもそも、どこに置いたっけ・・・? ということもあるかもしれませんね。

賞味期限が近くなった非常食があれば、ぜひ食べてみてください。
作り方や味を確認しておくことも、立派な備えです。

171218-3.jpg

続いて、年始のテーマは、

171218-4.jpg

実は、年始は、ある防災の体験ができる、ベストタイミングなんです!
それは、「災害用伝言ダイヤル」。
災害が発生して、大勢が電話をかけて通じにくい
輻輳(ふくそう)という状態になったとき、電話でメッセージを録音して、
家族などと安否を確認する方法です。

仕組みを簡単に表すと、こちら↓
顔のよく似たお兄さんが、Aさんの安否を知りたがっていますね・・・

171218-5.jpg

連絡を取りたいAさんは、局番なしの「171」に電話します。
すると、音声ガイダンスが流れるので、それに従うだけ!
ガイドに従って、自身の携帯電話や自宅の電話の番号を入力したら、
30秒で伝言を録音できます。

Aさんの家族も、「171」に電話をかけて、音声ガイドに従うだけ。
Aさんが登録する番号を入力したら、録音された伝言が再生されます。

この伝言ダイヤル、体験利用ができるのです。

171218-6.jpg

ぜひ、一度かけてみて、どんなものか使ってみてください。
NTTが提供する「災害用伝言ダイヤル171」のほか、携帯電話各社が提供するものや、
インターネットでメッセージを書き込む「伝言板」もあります。
同じように体験利用日が設定されているので、
いろいろな方法を試してみましょう。

そしてポイントが!
災害用伝言ダイヤルの普及啓発にあたっている、
NTTフィールドテクノ北九州営業所 瀬戸啓太(せと・けいた)さんに
教えていただきました。

171218-7.jpg

伝言メッセージの録音・再生時には、「電話番号」を入力します。
これがカギの役割を果たす訳ですね。
録音できるメッセージの件数には限りがありますが、
1つの番号で家族全員が伝言を録音することもできます。
この番号を、家族でしっかり共有しておきましょう!

さらに、伝言の録音時間は30秒。
落ち着いて話すと、意外と時間はあります。
瀬戸さんは、「誰のメッセージか名前を言うこと、避難場所や、
ケガの有無など、状況を具体的に話すのが大切」と話していました。

家族や親戚で集まることの多い年末年始、ぜひみんなで防災のことも話し合ってみましょう!